ウォドム

登場作品 ∀ガンダム
形式番号 JMA-0530(MODEL U)
所属 ディアナカウンター
主なパイロット ポゥ・エイジ ディアナカウンター一般兵
主な装備 頭部メガ粒子砲、ミサイル、対空バルカン

【設定】

ディアナカウンターの主力巨大MS(MAとも)。
ビグ・ザムに似たシルエットを持ち、全高40mとシリーズ内では、量産機中で最も巨大なMS。
なおウォドムとはウォーキングドームの略称であり、その外見から、ミリシャ側からカカシとも呼ばれていた。
全身をナノスキン装甲で覆っており、ミリシャのヒップヘビーの機関砲位では全くダメージを与える事が出来ない。但し、ナノスキンのカスが蓋に詰まって粒子砲の連射が不可能になる(本編では普通に連射出来ており、これを不思議がるメカニックの台詞がある)等デメリットもある様である。
形式番号からGガンダムに登場する、ネオ・ジャパンが開発したと推測される。

【原作内での活躍】

ディアナカウンター、そして番組初期を代表する敵MSとしてパイロットのポゥ共々幾度もミリシャ、そしてロランの前に立ち塞がる。
初期はお供に小型MSウァッドを数機随行させており、その巨体がより強調されミリシャを恐怖に陥れた。
舞台が中盤月に移って以降は敵対組織がギンガナム艦隊に移行した事もあり出番は減ったが、ターンXの特殊格闘こと「ディアナがそんなに好きかアタック」で撃墜される等終盤迄戦闘シーンを彩っていった。

【パイロット説明】

ポゥ・エイジ

ディアナカウンターの地球侵攻の先陣を切った女性士官。勇ましい性格で正体不明の強力な敵MS∀ガンダムにも恐れる事無くウォドムを駆って立ち向かう。親衛隊のスモーに乗った事もある。
但し本編では勇ましさ以上にすぐ泣いてしまうイメージが強く、ある話数のサブタイトルに「奮戦!泣き虫ポゥ」と付けられる程。
彼女がミリシャの抵抗に苛立った事から放った粒子砲の威嚇射撃が∀の覚醒を促しており、文字通り物語の引き金を引いた人物ともいえる。
因みに小説版(福井版では無い)ではクーデターの失敗後、上官のフィルの子供を身籠ってしまった上彼と共に原始人紛いの生活を送っていた事もあった。

【ゲーム内での活躍】

ガンダムVS.ガンダムNEXT PLUS

Jルート6面その他でボスとして登場。ただし他のボスと違いターゲット撃破ステージではない上に、ポゥ機と共にNPCウォドムの2機が同時に出現する。
ボスらしく攻撃力が高いのは勿論、何より機動力が高くフィールドを縦横無尽に駆け抜けつつプレイヤー機を容赦なく踏み潰しに掛かる。
動きの遅いビグ・ザムに似ているからといって油断すると、高速接近された上にサッカーボールの如く蹴り飛ばされて大ダメージを被る事になるだろう。
また掴むこともでき、当然大ダメージを与えるなど接近戦も遠距離戦も強い万能機のような性能を持つ。

余談だが、ポゥは登場時の顔グラの時点ですでに涙を流しており、敗北時のボイスも泣き声なのが特徴。

GVS

NEXT PLUS以来のボス機体として復活。
NEXT PLUSのように走り回って蹴りまくる事はなくなったものの、頭部メガ粒子砲とミサイルによる正面の攻撃範囲が異常であり、こちらの行動の硬直を読んだかのような攻撃も多い。
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。