読み

  • われめ

種別

  • インフレルール

別名

解説

麻雀では毎局開始時のサイコロによって開門位置(配牌を取り始める位置)を決めるが、このとき開門位置になった人が、払うのも貰うのも2倍になるというルールである。割れポン(不定期放送の番組)で知られるルール。
このほか、サイコロがゾロ目の場合に収支を2倍ではなく4倍にするルールや、ゾロ目の場合にはドラドラ卓にもなるルールも存在する。

成分分析

  • 割れ目の91%は砂糖で出来ています。
  • 割れ目の7%は雪の結晶で出来ています。
  • 割れ目の1%は税金で出来ています。
  • 割れ目の1%は度胸で出来ています。

採用状況

  • セガのアーケードゲーム『MJ3』では、雀荘モードの中に割れ目ルールを採用している雀荘があった。
    • 『MJ4』ではVer.B現在、割れ目ルールの雀荘が存在しない。
  • 変わった実装として、同人ゲームである『東方幻想麻雀』では、紅美鈴(中国人風の妖怪)の特殊能力を使用すると自分が割れ目になる。
    • 魔力ゲージが1本以上溜まっていればいつでも発動できるのが便利である。

参照

最終更新:2010年09月21日 13:49