ライトニングマグナム


【基本データ】

●全長145mm ●全幅90mm ●全高41mm
●Item No:19612
●本体価格700円 ●1999年8月発売

【本体内容】


シャーシはVSで色はダークグリーン。
付属ギヤ比は4:1と3.5:1。
ブレイジングマックスと同型のホイール(レッド)を採用。タイヤはナックルブレイカ―と同型。
ビートマグナムの大径から再び小径に戻っていた。
「マグナムのホイールは蛍光グリーンだろ。」という方はミニ四駆PROバイソンマグナムのホイールを使ってみてはどうだろうか。
ゴムリング付き14mmプラローラー、ゴム無し16mmを装備。1999年のジャパンカップで先行販売されたキットには、ゴムリング付19㎜アルミディッシュローラー(非ボールベアリング)も付属した。
リヤステーはVS標準型。
ボディはなんと成型色がパールブルーとなり、白基調に青のマーキングの他のマグナムシリーズとは大きく印象が異なる(おそらく通常のマグナムシリーズの配色だとマックスブレイカー及びブレイジングマックスと同じ配色になってしまう為の差別化)。
デザインは何故かマグナムセイバーに先祖返りした様な形状。申し分程度にコックピット横にサスペンションが付いている。
まさかこのデザインが10年の時を超えてバイソンマグナムへの伏線になろうとは・・・
ウイングもサイクロンビートの流れを無視してVまで戻ったかのような翼端板なしの平面的デザインになっている(但しVマグナムよりはかなり大型)。

【漫画、アニメでの活躍】

爆走兄弟レッツ&ゴー!!MAX(原作)の終盤に星馬豪の新マシンとして登場。
詳しい開発経緯は不明。
特にこれと言ったギミックなどはなかった。
そもそも、最終レースとて豪樹たちの描写がメインで、ヴィクトリーズはあまり紙面に書かれなかった。

また、レツゴコンビニコミックの描き下ろしにも登場。
MSシャーシに載せ替えてのテストトライアル中だったが、豪が烈とのケンカの末 谷底に落下。その際、ライトニングマグナムも大きく破損する。
その後、修理するが破損の影響もあってかMSシャーシに対応できず、バイソンマグナムへと生まれ変わることになる。
ちなみに現実では無改造でMSシャーシに載せ替えることは出来ない。

【VIP内での評価】

別バージョンのLMブレイカーと共にそのボディ形状から「スク水」と呼ばれる。
それなりに人気がある。
2020年に廃盤になり、そこそこ値段が高騰しつつある。

【公式ページ】


【備考】

ボディ成型色はメタリックブルーだが昨今流行りの「○○メタリック(=マットメッキ・セミグロスメッキ)」のソレではない。
クリヤーブルーのLMブレイカーとは別に、エアロ後期にはボディがクリヤグレーカラー、シャーシは白VSという限定キットの「クリヤースペシャル(ITEM 94463)」が少量スポット生産された。
また最近一部のミニ四駆ステーションでは成型色をブラックに変更したボディの販売もあった。

こしたてつひろ氏のデザインではないらしい(ソース不明)。
プロトセイバー後継用のデザインを転用したマシンであるという説も(やはりソース不明)。

本品が発売された年に開催されたジャパンカップが20世紀最後となった。
それから10年以上ジャパンカップの歴史は途絶える事となった。




最終更新:2021年06月27日 14:34