ジミェルスキ

人材情報

列伝

ポーランドの軍人。
元共産党員であり、国民解放委員会設立後、息のかかった軍人として、
東部ポーランド軍の総司令官に任命される。
その後は対独抗戦で活躍し、ポーランド元帥位に任ぜられた。
熱心な共産主義者だったが、善性であり、
オスプカによる非共産系政治家に対する迫害や、強制移住などに反対していた。

台詞

雇用時

「泥臭い? 面白い、それで勝てるのならいくらでも被ってやろうじゃないか!」

退却時

「未来は社会主義に!」

ボイス

+待機時
「もう一兵卒は勘弁だ」
「犯罪者のお戻りだ、喜べよ」
「何時もの通り 絶望的な戦争を始めようか」
「憂愁郷土の念さえあれば 戦うのは必然であると思うが」
「社会主義者でない人間は きっと社会不適合者なのだろう」
+前進時
「西方を見よ」
「人民の平和の為、団結せよ」
「そうビビんなよ、死にに行こうぜ?」
「兵士の仕事は前進である 後退は内容に無い」
「どうせ砲兵の餌だ 仲良く肩組んで死にに行こうぜ」
+互角時
「砲弾に敵も味方も無い」
「人数の差で勝利は決まらない」
「戦場で思想が物を言う場面は無い」
「奴らの悪行を許すな 奴らをここから叩き出せ」
「勝利が意思に依る物であるのなら 今頃我々は世界を征服している」
+優勢時
「勝利が次の勝利を形作るのだ」
「勝っとかないと、後が怖いからな」
「奇跡などでは無い 神に手柄を取られて堪るか」
「我が国を寸土でも犯した輩を 絶対に生かして帰すな」
「奴らは生きる為に死んだのさ 生きて居たかったから死んだのさ」
+劣勢時
「革紐だけは勘弁だ」
「まったく、やってらんないな」
「これは敵前逃亡では無い 戦略的撤退である」
「社会主義と戦争は 何の関連性も無い訳であって……」
「これでこちらが地獄に向かえば 奴らも付いて来る訳だ」

基本情報

人種 スラヴ系 性別 男性
クラス ペイガニスト exp_mul 124
HP 1200 MP 150
攻撃 30 防御 30
魔力 110 魔抵抗 80
素早さ 100 技術 70
HP回復 56 MP回復 34
移動力 150 移動タイプ 魔道兵
召喚数 8 召喚レベル 70%

  • 成長率(%)
HP MP 攻撃 防御 魔力 魔抗 技術 HP復 MP復 exp_mul
6 5 5 5 12 12 10 5 5 124→126→129→133

耐性

斬撃 打撃 刺突 突撃 狙撃 神聖
-2 0 -1 -2 0 0 -2 +2 +2 +2 +2 0 0 0
幻覚 混乱 恐慌 石化 沈黙 麻痺 即死 ドレイン 吸血 魔吸 死霊 精神
0 0 0 +2 +2 0 0 0 -1 -1 -1 -1 -2 0

スキル

個人スキル

スキル名 使用可能Lv. 攻撃倍率 発動距離 射程 属性 消費MP 備考
メテオストライク 1~ 魔力×80% 600 (必殺技)「36連射」「範囲攻撃」
ファイアーウォール 20~ 魔力×60% 600 (必殺技)「12連射」「貫通」「範囲攻撃」「火傷:25%」
グブレイシアンの火の枝 1~ 魔力×100% 600 400 120 「再使用時間:2」「毒:100%」「貫通」
メテオストライク 30~ 魔力×80% 600 300 (通常攻撃)「12連射」「範囲攻撃」「貫通」

リーダースキル

スキル名 使用可能Lv. 攻撃倍率 発動距離 射程 属性 消費MP 備考
ストームブリンガー 1~ 魔力×85% 100 (必殺技:3回)「45連射」「範囲攻撃」
「吸血・魔吸・ドレイン:100%」
人民兵投入 1~ 招集技 「ランダム召喚:人民兵系×5」「召喚時停止:1」

部隊スキル

HP+15%、防御+15%、魔力+35%、魔抵抗+25%、移動力+25%、HP回復+30、召喚数+2、火耐性+2、

キャラ特徴

全般

「グブレイシアンの火の枝」は魔法の地雷のようなスキル。マップ上に小さな炎を設置し、敵が踏むと火柱が上がる。
引き撃ちにかなり向いており、以前は難しかったレベリングが容易になった。

2018/9/1版で大幅に強化され、魔力+35%の部隊スキルも手に入れた。

操作方法

敵対時対処法

シナリオ雇用

人種 スラヴ系
兵科 フリーランスホームガードジェンダーマリークラースナヤ・グヴァールヂヤ
ペイガニストマグス・シーカーウィッカンイェフーディー諜報員

勢力のマスターとして


元ネタ

ミハウ・ロラ=ジミェルスキ

  • 個としてはそこそこに優秀だが部隊スキルが微妙なので陪審にするのもあり。30まで育てば魔力放題として運用できる -- 名無しさん (2018-02-16 05:47:41)
名前:
コメント: