天帝(てんてい)

+目次

登場作品

アスタリア

結晶の大地と導きの光編
晶化現象を引き起こしている存在。普段は天帝の御座の最深部「宙の極点」にある巨大な結晶の花の中で眠りについているが、本編冒頭で徐々に目覚め始め、各地を晶化させている。
天啓天啓の石碑を意のままに操る事ができる存在であり、その為結託しているヴァンは天啓の儀式で発表される内容を知っていた。
天帝の完全な目覚めが近くなると、天帝が揺り籠としている結晶の花が開き始め、花が開き切ると完全に目覚める。天帝が完全に目覚めた時、世界の全てが晶化するとされている。

+ネタバレ
天帝の目覚めを阻止する為、スレイミクリオスタンエリーゼヴェイグティアルドガーゼロスらが天帝の御座に突入。
彼らは全員で協力して最深部「宙の極点」に辿り着き天帝の前に立ちはだかるヴァンを倒すが、その間にも天帝は目覚めていき、
スレイとミクリオ以外の突入メンバー全員が晶化。晶化した仲間に運命を託された二人は、
晶化現象に対抗できる数少ない力・神依を行い、天帝が眠る結晶の花を攻撃するが、破壊寸前にミクリオが晶化。
成す術がなくなった直後に、花が満開となり、天帝が完全に覚醒した。

追憶の楽園(エデン)編
エンテレスティアの全てを統べる者。その祈りは世界中の人々を幸福に導くとされ、神に近しい存在として人々から崇められている。


関連リンク

関連項目

類似項目