機甲整備機構ギア・アッシーズ > ヤニス・ギア・ノクランド

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

■ヤニス・ギア・ノクランド

名前 ヤニス・ギア・ノクランド
通称 放蕩男、行き倒れ男、神の御手、最高の整備士
性別
所属 GAS

■キャラクター概要

あ、どうも。修理屋です
こいつはいい整備をされてる!テウルゴスのことはどうでもいい。整備士を教えてくれ

GASの最高責任者にして最高の整備士。見た目は40代。茶髪に茶色の瞳。髪はざんばらとしていて汚れている。風呂にはいらないのかたまに臭い。普段は死んだ目をしているが、テウルギアに関しては生き生きと目を輝かせる。が、その搭乗者やレメゲトンについては興味がない。
テウルギア関連ではあまり感情を出さず置物のように静かに佇んでいる事が多い。寝ていることもある。各企業のテウルギアが気になって気になって旅に出る事が多いがよく行き倒れた姿を発見されGASの職員たちに収容される。
整備の腕は一流で普通の人間が1週間以上かけるところを3日いないで丁寧に終わらせる。他にも様々なものを修理出来るようだが興味がないのかあまりやりたがらない。
素性が一切不明であり、どのような交渉をへてテオーリアと交渉しレメゲトンの整備を行えるようにしたのかは不明である。本人も話す気がなくそれよりも情報漏洩防止の手首と首の装置が気になってしょうがない様子。GAS特有テウルゴスの扱いなので自身のテウルギアはあるようだが姿を現したことはない。

■認証レメゲトン シスカ


また迷ったの!?もう何回目よバカ
それいじったら首が飛ぶわよ?

白髪に銀色の目をし、白っぽい鹿のような角の生えた少女のレメゲトン。このような外見になったのはヤニスが興味本位でアバターを弄って元に戻せなくなったため。気にしたら負けなので気にしない。
主にテオーリアとの連絡係としてヤニスについたはずだったがあまりにもだらしないためお世話用アプリに成り下がっている。
整備中の空のテウルギアをテストとして稼働する際情報処理に秀でていた所から恐らく戦闘においてそれなりの強さを発揮するレメゲトンのようだ。