三大企業 > アレクトリス・グループ > 人物_アレクトリス > ミシェル・クラン

Michelle・Klein
名前 本名不明
通称 ミシェル・クラン
性別
所属 技仙公司との長期契約
オラクルボード -

キャラクター概要

 28歳。冴え冴えとした落ち着きのある西洋系の顔立ち……だがとことん感情と呼べるものがない。嬉しいも悲しいもプライドも好きも嫌いもない。自身へ向けられた称賛も罵倒も、等しく「そうか」という淡々とした返事で終わる。その素っ気なさに周囲からは「機械みたいだ」と言われるが、やはり「そうか」で終わる。
 戦災孤児だった過去ゆえに、自分の親を知らないまま大人になる。愛されたことがない。愛することも知らない。

 VCFの管理している教会に暮らしているが、他に住む所がないからそうしているだけであり、教義や宗教とは無縁。
 今は教会にて、アルレッキーノと、同じく戦災孤児であるオヨンチメグという7歳の少女と3人暮らし。
 現状あるものでやりくりできればそれで十分と考えているせいか、豊かさや欲とは無縁であり、そのための手段や行動もあまり行わない。
 生存以外でまともに金を使わない性分のせいか、貯金だけは潤沢にある……が本人は貯まっていることに無頓着で、そしてレメゲトンがそれを勝手に使ったことに対してもどこ吹く風。

 ただ生きるために目の前の仕事だけをこなして生きてきた。現在ではアルレッキーノの認証を受けてテウルゴスという仕事ができている。だからその仕事をしている……だけ。
 テウルゴスとしての腕前はある意味において一流だが特筆評価はされない。淡々と経験を積み上げてきた故に、基本中の基本を抑えて成熟。癖もないが特筆優れているところもない。ただ動きの一つ一つが洗練された器用貧乏。

 唯一ある趣味は煙草。本人も覚えていない頃から持っていた、自身の名前の由来でもあるライター:古いミシェルクランのMK-1301だけは手放さず、むしろそのライターのために煙草を始めた。銘柄や味へのこだわりもなく、吸えるものがあればそれでいい程度。


認証レメゲトン:アルレッキーノ・クラウン

 女性的……というより過剰なオカマ的な喋り方をする。声も野太い男性のものだが、本人にオカマという意図はない。
 しかしテウルゴスが人間である以上、今まではその気色悪さのせいで長続きする相棒がいなかったが過去のテウルゴスたちを恨むこともない。
 言ってしまえば単純にしてどこまでも突き詰めた博愛主義者。
 ……一つ恨んでいることは、自分がテウルギアという兵器の一部分として生まれてしまったこと。だが打ち明ける相手は誰一人いない。
 今のテウルゴスが最も長続きしている関係。最近の趣味は杜撰な服装だったミシェルをお洒落にすること。

 アバターは頭だけ大きくデフォルメされたピエロ。

 つい最近になって、ミシェルの貯まりに貯まっていた貯金から自分用の義体を購入。
 だが義体が元々は、人型の作業機械であるために人間らしさのない無骨なデザインをしている。顔部分にLEDディスプレイがあり、顔文字で表情を表す。

 ミシェルが暮らしていたウルムチ近郊の廃教会を、VCFに連絡を取ることで正式に教会としての機能を取り戻させて、聖書の勉強中。
 神父も修道女も兼ねて振る舞い、義体の全身をカソックで、頭部は修道女のベールですっぽりと隠している。
 戦災孤児たちが難民区へ流れる前に教会で引き取り、里親を探す日々を贈ろうとする。


テウルギア:イナンナ

型番 027人機
開発 技仙公司
頭頂高 -
武装 -

機体概要

 ごくごく普通の027人機。ミシェルが希望する武装も色もないが、エンブレムは「炎を背景にした天秤」である。


登場作品



原案:在田
監修:琴乃様