※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

ストーリー(アーケード版)

20XX年。情報化社会の恩恵が多くの人々に認知されていき、
情報技術を中心とした人々の生活は、少しずつだが変化を見せていた。
テクノロジーの進歩は目覚しく、すべての事象が科学の名の元に解析され、
多くの人間が「この世に不思議なことなど1つも無い」と思っている現代。
そんなときにでも、人々の間で囁かれる噂話に変わりはない。
ここ数年で突如騒がれ始めている1つの噂。「人を喰う影」――。

主に学生層を中心とした若者の間で囁かれる「虚ろの夜」の噂。
黒ずくめの大きな人影に取り囲まれ、周囲の灯りが失われていき、深い暗闇に飲まれていくような感覚。
影に喰われた者は魂を失う。ある者は「虚ろの夜」を永遠に彷徨い、ある者はそのまま命を落とす。
どこかで聞いた昔話だと笑うしか無いような奇怪な出来事。
魔法か呪いとでも思わないことには説明ができない。それほどの不可解な怪事件が相次いだ。

「バカらしい・・・。このご時世に魂だの神隠しだの、あるわけねーじゃんか・・・」
学友達のうわさ話を聞き流しながら帰路につく少年、ハイド。
そうやって否定をしながらも、日常の退屈を持て余し、心のどこかでそういった怪異に憧れる1人。

いつも通りの退屈な帰り道。彼のそんな思いは、唐突に突き崩される。
遠くに見えた黒い大きな人影が、急速に近づいてくる。不気味に輝く白い瞳が彼を捉えた。
突如襲いかかる不快感。揺らぐ足元。暗く濁る景色。――彼の元に「夜」がやってきた。
体中に黒い「なにか」が絡み付き、全身からすべてを吸い上げていくような感覚。
力の入らぬ四肢を為す術なく放り、その身をアスファルトに委ねようとしたとき、
彼の身体は、細い手で捕まえ上げられる。

「――まったく。どこを見て歩いてるんだ、オマエは」

暗闇の中に、聞き覚えのない女の声が微かに響く。
掴まれた腕を辿ると、そこには飾り気のない服装の小柄な少女。
もう一方の腕に携えられた無骨な大刀が、この異様な光景に拍車をかける。
飾り気のない服を纏い、少年のようにも見えるその少女は、
握られたそれを軽々と振り回し、彼の周囲の「闇」を薙ぎ払っていく。
それが、彼がその日その場で見た、最後の光景だった。

急速に薄れ行く意識の中、聞くべきことはいくつもあった。そのなかで彼は最も重要なことを口にする。
「オマエは・・・、一体何者なんだ・・・?」

「なんだ・・・まだ喋れたのか。なら丁度良い。オマエはいつまでそうしているんだ。
 生きて帰りたければ立ち上がれ。立つ気が無いなら置いていくぞ」

「ふざけるんじゃねぇ」声にならない声を上げ、
全身に力を込めるも、彼女の支え無しに立ち上がれない。
立てるだけ立派だ、そんな情けない言葉をかけられながら、2人はその場を後にする。
これが2人の出会い。物語はここを軸に揺れ動いていく――。



ストーリー(コンシューマ版)

古来より『虚ろの夜』の秩序を守る番人『夜刀』。
永遠を旅する夜刀の姫リンネは偶然立ち寄ったこの街で、
捜し求めていた運命の剣を手にした少年ハイドと出会う。
顕現を喰らう怪物『虚無』とその能力を行使する『偽誕者<インヴァース>』。
元来希であった存在が急増している原因を調べる最中、
一際強大な力を誇る新興勢力『忘却の螺旋<アムネジア>』が長、
『眩き闇<パラドクス>』のヒルダの悪しき企みを耳にする。
絶対に見過ごす事はできない――、少女は『眩き闇』の討伐を決意し一人姿を消した。
少年はその姿を案じて少女を追う。
こうして『虚ろの夜』の下、数多の偽誕者<インヴァース>達の物語が幕をあける――。
最終更新:2014年05月01日 18:27
|