※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

キャラ個別Wikiはこちら
家庭用Exe:Lateから参戦の新キャラ。
アーケード版ではVer.3.00(アップデート日2015年7月23日)より使用可能。

突進技、飛び道具、ノーゲージ無敵昇竜とスタンダートな性能の技を持つ。コンボも比較的簡単な部類に入る。
FFがハイジャンプという特殊行動となっており、立ち回りや固め、コンボなど色々な場面で組み込むことが可能。
他キャラにはない独特の動きが出来るので、是非使いこなせるようにしよう。

Exe:Late→st変更点(※ロケテ時点で確認されたもの)
  • ヴォーパル中、地上FF後に空中FFが可能に。
  • J2CにICが追加。ヒット時バウンドさせる。
  • B版アンジュが高速化
  • ヴィレ・クール(アンジュ派生)がABCで大きく差別化、C版は浮き上がり遠くの方まで飛ぶように
  • EXレーヴに飛び道具無敵が付いた。


【通常技】
系統 解説
A 5A 剣を素早く振り下ろす
2A 剣の柄で小突く。リーチは短いが発生5F、連打も可能と素直な性能。
JA 手を突き出す。判定は貧弱だが発生は優秀なので空対空・後飛び対空で使えることも
B 5B 手を前に突き出し風を放つ。
2B 下段。しゃがんだ姿勢での切り払い。発生・リーチに優れ、近距離での差し合いや固めの下段択でお世話になる。
JB 下方向に向かっての切り払い。斜め下方向に判定が広いが、斜め上辺りには判定がない。JAとの使い分けを
JBB JBヒット中にBで派生。JBから切り返すように上方向に向かって切り払う
ダッシュB 下段。一瞬飛び上がってからスライディング。持続が長く、後半ならガードされても有利となる
5C リーチのある水平切り
溜5C Ver.3.20で追加。通常版よりも横へのリーチが伸び、ヒット数が増加している
2C 下段。しゃがんだ姿勢での切り払い。2Bと似た性能で、発生が少し遅い代わりに浮かし効果がある
3C(特) 逆立ちするような姿勢で蹴り上げる対空技。頭無敵あり
JC IC対応。叩き付けるように切る。IC版は発生した瞬間にナナセが少し浮き上がり、ヒット時も浮かせ効果が付く
J2C(特) 上段からの一回転しながら切り下ろし。叩き付けダウン&ダウン時間が長く、着地後2C、3C等で拾い直しが可能
J8C(特) 少し浮かび上がりながら円を描くように周囲を切る
ダッシュC 中段。一瞬浮かび上がってから切り下ろし。不利Fが非常に小さい
投げ A+D 追撃不可。風を起こしながら相手を放り投げる

【フォースファンクション】
系統 技名 コマンド ガード判定 解説
フォースファンクション そよかぜのリベルテ B+C - 垂直ハイジャンプ。ジャンプ後は攻撃可能、レバー左右でゆっくり移動可能、本来は不可能な相手ガード時ジャンプキャンセルもこれを経由すればOK
空中でB+C - ゆっくりと滑空。地上FF後は不可、アサルトやジャンプ攻撃をキャンセルしても出せる。

【必殺技】
種別 技名 コマンド 解説
必殺技 レーヴを追いかけて 236+A or B or EX 剣を低く構えて突進。A、Bで突進距離・速度が変化。EXは派生不可の単発突進技。
下記の派生技をいくつか持つ
┣ 君とのアヴァンセ 「レーヴを追いかけて」中に6+A 剣を突き出し相手をまっすぐ吹き飛ばす。壁バン。
┣ 星空のオウレオール 「レーヴを追いかけて」中に6+B 少し飛び上がって大剣を叩き付ける中段技。中段技だが対となる下段択がなく、殆どのキャラの小パンが確定する程度に不利がある。
┗ たまにはラ・アルト 「レーヴを追いかけて」中に6+C 相手の後ろに回りこみつつ、風を起こし相手を真上に吹き飛ばす。受身不能時間が長く、補正きつめの始動でも安易にコンボにいけるレーヴがヒットしていなかった場合は攻撃判定が発生しない。すり抜け移動中は無敵あり。不利Fがそこそこあり中央なら確定技はほぼないが画面端に向かって抜けると反撃を受けるので注意。
アンジュの(いざな) 214+A or B or EX 竜巻を起こしつつ飛び上がる。A版は手前に引き寄せるように、B版は吹き飛ばしつつのジャンプ。EXは大きな竜巻を発生させつつの大ジャンプ。
┗ ヴィレ・クールを伝えたい 「アンジュの誘い」中にA or B or C アンジュで飛び上がった後に急降下しつつ攻撃。中段。入力したボタンで発生と下降角度がやや変化する。タイミング次第だが基本的にガードされると不利。
風に舞うプルマージュ 623+A or B or EX 風を纏いつつ真上に飛び上がる対空技。Aは発生まで低姿勢、Bは入力から発生直後まで無敵がある。EXは無敵・判定が強化、レバガチャとボタン連打でヒット数が増加する(最大16Hit)。いわゆる無敵昇竜だが真上に飛ぶのでスカったりカス当たりすることがしばしばある(st以降は吸い寄せ効果追加、判定強化などで信頼性が上がった)
フルールに想いを乗せて 空中で236+A or B or EX 攻撃判定のある風を放つ。Aは前方やや斜め下に、Bは真下に落ちた後地面を走る風を放つ。B版は画面端まで消滅しないので、とりあえずこれを撒いてから攻めの布石にするのがナナセの基本行動とも言える強力な技。EX版はA版の強化とも言える性能で、斜め下に地面まで届く風を放つ。発生が非常に早い。
IW 天空のアトモスフィア 41236+D ふりかぶって斜め上に飛びながら竜巻を発生させつつ斬りつける。ヒット後はロック技を発動。入力から無敵だが攻撃発生はあまり早くはない
IWE 夜明けのリュミエール (自分の体力30%以下かつVO中かEXS200%時)A+B+C+D 周囲に光の柱を発生させ、ヒットした相手を攻撃する全キャラ共通の超必殺技。ボイスに独特のクセがあり魅力性能が高い

【コンボ】
ExeLateのものを中心に紹介
略称…レーヴ(236) アンジュ(214) プルマ(623) フルール(空236)

中央~端付近

  • ~>Aレーヴ追加C>ICJC>JBB>J2C>2C>Aアンジュ>追加〆
各種通常技だけではなく、アサルト始動など補正きつめなものや、DC中段からも使えるナナセの基本コンボ。
ICJCのタイミングにややクセはあるがまずはこれを覚えよう。ICJCを失敗しても着地までに行動可能となるのでJAを重ねて誤魔化そう。

  • ~>Aレーヴ追加C>ICJC>JBB>J2C>3C>jcJC>J2C>2C>Aアンジュ>追加orEXフルール
始動時の補正が緩い場合はJ2C後もう一度エリアルで少しダメージアップ

  • ~>Aレーヴ追加C>微ダ>JC>J2C>3C>JC>J2C>2C>Aアンジュ>追加orEXフルール

  • ~>2C>5C>JB>JC>J2C>3C>FF>JB>JC>J2C>2C>Aアンジュ>追加〆
レーヴ無しのコンボ。浮かせてエリアルし〆という基本に忠実な初心者向けコンボ。

  • ~2C>5C>JBB>ICJC>Aフルール>JBB>J2C>2C>Aアンジュ>追加〆
5Bなど補正緩め始動からのダメージ重視コンボ
B風ヒット後の5B拾いや、3Cch>2A隙消しなどからも狙える

これ以降にも言えるが
  • 状況重視にする場合は最後の2Cからの部分を3C>J2C>Bフルール等に変える。その場合のダメージは200程落ちる
  • Aアンジュ前を5Cにするとキャラによってはディレイの仕方などで表裏落ちする
  • EXフルール〆だとダメージは300前後上昇する
  • Aアンジュの代わりにEXアンジュを使用するとほんの少しダメージがEXフルール〆よりは低くなるが
近い位置に相手が落ちてくるのでゲージ吐きつつ状況重視ならこちら


端付近~画面端
  • ~>Aレーヴ追加C>J8C>JC>J2C>2C(or5C)>Aアンジュ>追加orEXフルール
始動は上と一緒、ダメージも上とほぼ同様
上のコンボだと壁際近くだと安定しなくなるのでこっちに変えた方が完走しやすい
ただしこっちは中央よりだと成立しないので状況確認必須
J8CがどうしてもJ5Cに化ける場合はJ8C抜いて妥協


空対空
  • (JA>JB) or JBB or (J8C>J5C) or JC>J2C>3C>JBB>ICJC>Aフルール>着地>JA>JB>J2C>〆
JABスタートAアンジュ〆でダメージは2800前後
J8CスタートAアンジュ〆でダメージは3300前後
とにかくJ2Cで落とそう


昇竜チェインシフト
  • Bプルマ>CS>~

時間停止時、相手が自分と同等ぐらいかそれより高い位置に居る場合(相手空中ヒット時)
  • ~>J8C>J5C>J2C>3C>JBB>J2C>2C(or5C)>Aアンジュ>追加orEXフルール
ダメージは3300前後

時間停止時、明らかに相手が自分より低い場合(相手地上ヒット時)
  • ~>溜めJC>JBB>J2C>3C>JBB>J2C>2C(or5C)>Aアンジュ>追加orEXフルール
ダメージは3200前後

昇竜がカウンターヒットしてた場合最初のJ2C後に2C>レーヴ>(微ディレイ)追加Cから再度溜めJCで拾える
が、補正がキツいため割とシビア。また最後にAアンジュ〆が使えないので3C>J2C等で〆る必要がある


3C対空始動
高度やchの有無で構成が若干変わるので安定しづらい

  • 3C>ジャンプ高めでJ8C>J5C>J2C>2C(or5C)>Aアンジュ>追加orEXフルール
ダメージは2900前後

FF(B+C)使う場合
  • 3C>FF>J8C>J5C>J2C>3C>J8C>J5C>J2C>2C(or5C)>Aアンジュ>追加orEXフルール
ダメージは3200前後

FF(B+C)使う場合 / 全キャラ・ch有無対応
  • 3C>6FF>【JBB>ICJC>Aフルール】×2>JA>JC>J2C>3C>J2C>Bフルール〆
コツはICJCが低めで当たるように。初段をJBディレイBとすると割と安定する。
ディレイし過ぎはICJCが出ません。

  • 3C>jcJ8C>ICJC>ICJ2C>ディレイAフルール>JA>J8C>JBB>J2C>2C>Bアンジュ〆
st以降はICJ2Cを絡めた構成にすると3Cヒット時の状況にあまり影響されず安定する



フルールヒット拾い
  • フルールヒット>(微ダッシュ)5B>JBB>溜めJC>Aフルール>着地>JA>JB>J2C>2C(or5C)>アンジュ>追加orEXフルール
ダメージは3200
5B対空やアンジュカス当たり拾いでも同じコンボが使える


【固め】
レーヴやアンジュを絡めた暴れ潰しは悪くはないが派生行動が少ないのでバレやすく、また不利Fを背負うので攻めが途切れやすい。

擬似ジャンプキャンセルとなるFFを利用し、パッシングリンク連携からのFFキャンセル>A風・B風を撒き、
風を盾に近づいてからの再度固め直し・投げ・DC中段が単純ながらも強力な崩し手段となる。
低空アサルトからのJBB、ICJC>JBBなどの多段中段やICJCスカ2B・投げも強力なので混ぜていこう。
FF風からの固め直しが面倒と認知されれば2A>ディレイ2Cのような暴れ潰しや単純な小パン投げも通りやすくなる。
またバックダッシュも優秀で固め直しのタイミングでの昇竜やVOなどにもスカしやすいのでたまには見せていこう。


【起き攻め】
最終更新:2017年09月18日 20:01
|