※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

全キャラ共通の基本操作


操作は方向キー+ボタンで行う。

方向キーの入力(方向キーを押す方向)は数字で表す。キーボードのテンキーに対応。
7 8 9
4 5 6
1 2 3

※5はN(ニュートラル)とも表記される。

例:236+ボタンの場合、下、右下、右+ボタンと入力する。

(方向は全てキャラクターが右向きの場合。キャラクターが左向きの場合、左右反対に入力する。今後の各キャラのコマンド等などもすべて右向き及びノーマルモード表記です)

共通操作

  • レバー
前進(歩く)or後退 6倒しっぱなしor4倒しっぱなし レバー方向へ移動
しゃがみ 1or2or3) しゃがみます。1入力の場合はしゃがみガードとなります
ジャンプ 7or8or9 レバー方向へジャンプします。それぞれ、後ろ、垂直、前と3方向にジャンプできます
ダッシュ 素早く66or6+AB同時押し 前方へ素早く移動します。6方向への入力を続けることでダッシュ継続できます(一部のキャラクターを除く)
バックステップ 素早く44or4+AB 後方へ素早く移動します
ガード 1or4or7 入力し続けることで相手の攻撃に対して自動的にガードを行います。1方向はしゃがみガード、4方向は立ちガードとなります。7は空中ガードとなり、相手の飛び道具のみガードすることができます
  • 各ボタン
Aボタン 弱攻撃 弱の通常技を繰り出す
Bボタン 中攻撃 中の通常技を繰り出す
Cボタン 強攻撃 強の通常技を繰り出す
Dボタン EXSアクション レバー方向に応じて特殊な行動を行います
  • イグジスアクション
Dボタンを押し続ける コンセントレーション 自分のGRDゲージを増加させます。相手のGRDゲージを減らす効果もあります、EXSゲージがある時のみ徐々に減っていきます(0%でも使用可能)
D・D チェインシフト(CS) Dを2回素早く押す事で、ヴォーパル時GRDをEXSに変換及び直前の行動をキャンセル出来、隙を無くす効果もあります
シールド 相手の攻撃をガードする際Dボタン ガードしつつDボタンを押すことでシールド状態となります。シールド状態ではガードに成功すると、自分のGRDゲージが大きく増加するメリットがあります。但しDボタン押している間はEXSゲージを消費し続け、またシールド状態でガードを失敗した場合はGRDブレイクが発生します
6+D アサルト 通常のものよりも低いジャンプで相手に接近します。地上アサルト中は1度だけ攻撃を繰り出す事が出来ます。またジャンプ中は同軌道の空中アサルトとなり1度だけ攻撃制限は撤廃されます。また、空中アサルトはジャンプ中に素早く66 or ジャンプ中に6+ABでも使用可能です
  • その他操作共通操作
投げ 4or6+AD同時押し 相手を投げます。間合いを詰めた状態で出す必要があり、距離が離れている場合は相手をつかみ損ねるような隙ができます。ガードは不能で、レバー入力によって好きなほうに相手を投げることができます。なお投げられた際は、素早くADボタン同時押しを行うことで投げ抜けすることができます
受け身 (吹き飛ばされ中)AorBorC押しっぱなし やられ状態から体勢を立て直して復帰します。種類が多く詳しくはシステム参照
ヴェールオフ(VO) (EXSゲージ100%以上で)
ABC同時押し
能力を開放して一定時間パワーアップします。発動時には無敵時間があり、衝撃波で相手を吹き飛ばすため切り返しなどにも使えます。衝撃波の発生はボタンを押し続けることで遅らせることができます。発動中はインフィニットワース or インフィニットワースイグジストを使用可能、どちらかを使用するとパワーアップ状態は解除されます
クロスキャストヴェールオフ(CVO) (ヴォーパルかつEXSゲージ100%以上で攻撃動作中)
ABC同時押し
攻撃をキャンセルして出せるヴェールオフです。発動時の衝撃波がヒットすると相手は受け身不能状態で高く浮くためさらに追撃できます。通常のヴェールオフよりパワーアップ時間が短い代わりに、発動中はABC同時押しだけでインフィニットワースを出すことができます
フォースファンクション(FF) BC同時押し キャラクターそれぞれがもつ特殊な必殺技です(厳密には公式のコマンドリストでは特殊技扱いです)。基本的に使用時にはGRDゲージ1つを消費、FF攻撃がヒット or ガード時は消費しません。なおGRDゲージが無くても使用は可能です
ガードストラス(GSもしくはGC) (ヴォーパルもしくはEXSゲージ100%以上でガード時)214+D ガード状態から無敵の攻撃で反撃します。ヴォーパル時でない場合も、EXSゲージ100%以上なら繰り出すことが可能です。その場合、発動と引き換えにGRDブレイクが発生してしまいます。
最終更新:2017年08月18日 12:48
|