※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

キャラ個別Wikiはこちら
突如この世界に姿を現した謎の男。その身に重大な秘密を有しており、人知れず活動している。
その正体は『アカツキ電光戦記』の主人公であるアカツキ。今作におけるゲストキャラである。

主人公キャラの例により飛び道具、対空技、突進技と一通り揃っている万能タイプ。(に見せかけたクロスレンジキャラ)
但しダッシュがステップタイプなので瞬発力はあるが機動力は心もとない。それをカバーする場合はステップしながらのガード・シールドが重要になる。
そのためシューティングキャラに対しては苦労する。本作では対空攻撃が強いので撃ち落とされないようできるだけ地上戦を意識し、
時にアサルト、ガード、FF、飛び道具を駆使して接近戦に持ち込みたい。無敵技を利用し無理やり抜ける手もある。
それが難しいならシールドで適当に飛び道具をいなし、ヴォーパル状態に持ち込んでから挑むのもよい。代わりに、シールドを割られてブレイクされないよう細心の注意を払いたい。

特殊能力:2段ジャンプ(ダッシュで速度強化可能)、空中投げ(エルトナムと違い継続中の空中コンボには組み込めない)、攻勢防禦(フォースファンクション)

【通常技】
系統 ガード判定 解説
A 5A 上段 右突き。もう一度押すとやや前進しつつ左突き。ガード硬直差-1Fと今作トップクラスの性能。
どう見ても当たっていないがしゃがんでいるバティスタにもちゃんと当たる。
2A 下段 しゃがみ小パン。5A同様連打で右突き→左突きとなる。Ver.3.00以降下段技になった。
JA 中段 飛び膝蹴り。前に突き出た膝にしか判定が無い。
B 近5B 上段 Ver.3.00で追加。相手と距離が近い時に5B。相手の首元あたりを狙ったフック。
ガード時五分で各A技につながるため5A、2Aと共に近距離での固めに重宝する。
ヒット、ガード時に続けてBを押すと遠5Bにパッシングリンクし連続ヒットする。
遠5B 上段 踏み込みながらつま先を突き出すような蹴り。足の先まで判定がありアカツキの技の中ではリーチが長い。
2B 下段 中足払い。素直な性能の下段。見た目よりもリーチが長い。
6B(特) 兜割リ。下記に記載
前後JB 中段 アカツキのJBとJCは垂直ジャンプ時と前・後ろジャンプ時とで性能が異なる。長い飛び蹴り。めくり判定有
垂直JB 中段 空中にて蹴り上げで攻撃、横と上には強いが下の判定は薄い。
ダッシュB 上段 膝蹴り。ステップ移動中にB、近5Cと似たモーション。隙が小さくガードされても反撃は食らわない。
C 近5C 上段 相手との距離が近い時に5C。膝蹴り。ダウン中の相手を拾える。
近5Bと違い続けてCを押しても遠5Cにパッシングリンクしない。
遠5C 上段 上段回し蹴り。頭無敵があり、対空としても使える。見た目とは裏腹に下の方まで判定があり、小柄なキャラがしゃがんでいてもしっかり当たる。
2C 下段 足払い。ダウンを奪える。
6C(特) 顎割リ。下記に記載。
前後JC 中段 手刀で攻撃、リーチが短い叩き付け攻撃、叩き付け時地上受身とられる。
垂直JC 中段 真横に廻し蹴り。ヒット時、相手を真横に吹き飛ばし壁バウンド。距離次第で追撃可能。
J2C(特) 瓦割リ。下記に記載。
J6C(特) 頭蓋割リ。下記に記載。
ダッシュC 上段 中段回し蹴り。ヒット時壁バウンド。先端まで判定がある。ガード時不利だがA電光弾でキャンセルすると反撃を受けづらい&電光弾が持続当てになる関係でむしろ有利Fを取れる。
地上投げ A+Dor4A+D 投げ 掴んで電撃で攻撃。追撃は出来ない。打撃で固めた際に相手を崩す手段として有効。
空中投げ 空中でA+Dor4A+D 投げ 真下地面に相手を投げつける、ダウン状態の相手は追撃可能
空中やられ状態の相手も投げられるためコンボの締めにも使える。
2段ジャンプ ジャンプ中7or8or9 - 押した方向へ2段ジャンプする。

【特殊技】
系統 技名 ガード判定 解説
特殊技 兜割リ 6B 中段 電光を纏った空手チョップ。ヒット時相手ダウンし、下Bなどの攻撃でさらに追撃可能、発生直後直前辺りにCS及びEX技で空キャン可能。
発生はそれほど早くないためガードや割り込まれることもままあるが、印象よりもリーチが長いので先端当てを意識すると警戒されづらい。
顎割リ 6C 上段 大振りのアッパー。低姿勢からアッパーをくらわすため一瞬上判定が低くなり、アッパー自体も判定が大きい。相手に当てると上に吹っ飛ばし、そこからコンボにいける。
ヒット時相手が地上やられか空中やられかで性能が変化し、地上ヒットの場合は高く打ち上げるキャンセル不可技、空中ヒットの場合は打ち上げが低いが必殺技キャンセル可能となる。下のノーゲージ安定コンボはそれを利用したもの。
ガードされたらC攻撃で反撃を貰うほど隙が大きいがヒット時のリターンが大きく、ガード時はCS可能なため空振りでなければフォロー可能。
瓦割リ J2C 上段 拳に電光を集め空中から真下に急降下する正拳。それまでの慣性を無視し、一瞬浮き上がったあと真下に落下する。地上ヒット時ダウン追撃可能。空中攻撃だがしゃがみガード可能。
対空潰しとして使え、また相手の真上から打つことで相手のガード方向を惑わすことが出来る。
判定は弱く潰され易いので過信は禁物。
頭蓋割リ J6C 中段 Ver.3.20で追加。電光を纏った踵落とし。B徹甲脚3段目と同じもの。
瓦割リと違い見た目通りの中段。地上ヒット時に必ず尻もちダウンとなるためコンボに移行しやすい。
モーション元のB徹甲脚と違い判定は強くないため過信は禁物。

【ガードスラスト】
種別 コマンド 解説
ガードスラスト (ガード硬直中、ヴォーパル又はEXS100%以上時)214+D 全キャラ共通にある、切り替えし用のガードキャンセル無敵攻撃。
アカツキの場合遠5Cと同じモーションで相手を蹴り飛ばす。
尚ヴォーパル時以外は全EXSゲージ消費及びGRDブレイクの為注意!!

【フォースファンクション】
種別 技名 コマンド 解説
フォースファンクション 攻性防禦 B+C(空中可) 相手の攻撃を受け止める。受け止め成功時は無敵判定で反撃する。飛び道具の場合は(おそらくノックバック無しで)受け止めるだけで反撃はしないため、多段ヒットする飛び道具をこれで全段受け流すことも可能。立ちとしゃがみと空中版有り、立ちとしゃがみどちらも上段は防ぎ、立ちはさらに中段、しゃがみでは下段を防ぐ、
失敗したり硬直に攻撃刺されるとハイカウンター、自動反撃は必殺技以上でキャンセル可能かつコンボに組み込める。コンボ補正がきつい(Ver.3.00以降ヴォーパル時はコンボ補正が多少緩和されるようになった模様)。
発動しただけでグリッドが減る(Ver.3.00以降成功時はグリッドが減らなくなった)、攻撃を受け止められる持続時間が短い、中下段の使い分けが必要。
空中版は飛び道具くらいしか取れない(地上技や空中通常技や飛び道具以外の空中必殺技は無理)。
ビャクヤのウェブトラップをグリッド減少なし且つ少ない隙で消せるため、ビャクヤ戦では割と重宝する。


【必殺技】
種別 技名 コマンド 解説
必殺技 電光弾 236+AorBorC(空中可) A版で低速弾、B版で高速弾を撃つ。発射した瞬間にcs可能。空中版は斜め下に弾を撃ち反動で後ろに下がる。
弾は画面内に1個限りなので、地上版を撃った後に再度もう一発地上版を撃つといった事は出来ないが、地上版と空中版は別カウントなので空中版を撃つことは出来る。
EX版は4連発。最後の一発で相手を少し吹っ飛ばすが受身不能時間が凄く短い。ガードされてもアカツキが先に動けるので、主に各行動の隙消し技として使う。
アカツキ唯一の遠距離武器。A版は弾速が遅いのでこれを撃ってからステップやアサルトで距離を詰めたい。
が下手に近い間合いで撃つと相手もアサルトで飛び越えながら殴ってくるので単調にならないように。
空中版は前述の通り発射時に後退するが、リーチが短く基本的に相手に近づくのに苦労するアカツキにとって技後に間合いが離れるのは良いことではないので使い所を見極めよう。EX版についてもB徹甲脚の隙消しにはなるべく地上EX版を使いたい。
徹甲脚 214+AorBorC(空中可) 小ジャンプで前進しながら回し蹴り。A版は反確が無いくらいには硬直が少なくカウンターヒット時に尻もちダウン効果。B版は3段技になり、最終段は中段で尻もちダウン(空中の相手は叩きつけ)。
B版の2~3段目の判定がかなり強く、下手な牽制技にも打ち勝つ上に空中の相手にも引っ掛かるほど。早い段階で浮かび上がるので2A2B暴れにも強い。その上補正も緩く、EXS200%時(VO時)のB鉄甲>IW(神風)はお手軽大ダメージになるため脅威度がさらに増す。
強力な技だがガードされると不利で、シールドされると大幅不利になる。とはいえ先端当てなら反撃を受けづらく、EX電光弾でフォローすれば何の問題もなく攻め継続が可能、シールドを狙うならA鉄甲のフェイントが機能しやすく、フォローは効く。
EX版は連続で回し蹴りを決める突進技に変化。最後の蹴りが地上版だと空中受身可能の吹っ飛ばし、空中版だと垂直JCのような壁バウンドになっている。出始めから長い飛び道具無敵があるが、突進速度が遅くリーチも短い、ガードされるとCSしない限り反確なのでそういう用途にはあまり期待できない。
人間迫砲 22+AorBorC 電光を纏い飛び上がりながらの鉄拳。Aは発生が早い多段技だが無敵が無く、BとEXは強攻撃で無敵がある(ただしBは隙が大きめ)。
EX版は打ち上げた後にキックで追撃を決める威力の高い技に。
AとBはどの部分もヒットガード問わずスパキャン不可、ヒット時のみcsは可能。
EXは対空に対する緊急反撃として効果的で、電光弾をジャンプ回避された際にスーパーキャンセルで繋ぐことで完全対空になる。
IW 神風 41236+D 電光機関を解放、神速の27連撃を叩き込む。無敵状態からの高速突進→ヒット時相手をロックし乱舞する高威力の技。コンボ火力の底上げから無敵突進を活かした割り込みまで用途が広いが、ガードされると相手のすぐ後ろに通り抜けるため反撃をもらい易い。
IWE 桜花改 (自分の体力30%以下かつVO中かEXS200%時)
ABCD同時押し
全キャラ共通で自キャラ周りに柱上に衝撃波を出し当たれば専用演出へ。使用するとGRDゲージは割れるがヴォーパル時はGRDゲージ割れない。
相手を衝撃波で吹き飛ばしつつ巨大な電撃で拘束、突進し渾身の一撃で粉砕する。
基本的にコンボに組み込むと補正で全然減らなくなるが、CVOコンボの締めなら神風締めよりダメージが出る(最低ダメージ保障は神風より高く設定されている?)。

【コンボ等】
○Exe:Late[st](Ver.3.00)でのアカツキ強化点まとめ&コンボ集
※Ver.3.10以降もキャラ性能は概ねこのままとなっています。

○2A>5B>近5C>6C>2C>6C>B徹甲脚
ノーゲージ安定コンボ

○2A>5B>近5C>6C>ダッシュ5B>jc>斜めJB>B徹甲脚
ダメージ重視

○2A>5B>近5C>6C>ダッシュ5B>jc>垂直JC>着地後J2C>2C>B徹甲脚or神風
画面端限定

○6Bor空中投げ>2B>遠5C>jc>斜めJB>B徹甲脚
中段及び空中投げからの追撃


※以下はVer.2.01 ~ 2.03までのアカツキ関連の動画です。
最終更新:2019年04月10日 15:46
|