無価値なんかじゃねえんだよ……それを、テメェはッ!



「混ざるなら好きにしな、悪いが残らず消し飛ばす。これより先は乱戦で、遅れたならば死ぬだけだ」


「詫びねえぞ。今は何より優先して、こいつを砕くと決めたんでなァ───ッ!!」




美汐√―――
同僚であり戦友(・・)であるエリザベータが、突如標的を変更したネイムレス(友軍機)によって無機質に、無価値に、無意味に命を散らされたことに対し、
戦場での凡そあらゆる要素を愛している男が初めて発した憎悪と怒りの言葉。

序盤、エリザベータが戦場でやられた場合(シチュエーション)なら敵討ちということでたまらなく燃える……などと、
陶酔しながらその当人に語っていたおめでたい男の姿はそこに無く、あるのは純粋な怒りと憎悪であり――――
次の瞬間、鋼の戦鬼は全力で機械兵を破砕すると宣言し、蜘蛛へとその身を変じてゆく。




以下本編より抜粋
「調子づいてんじゃねぇぞ、ガラクタ風情が――
上げ底の力(・・・・・)ではしゃいで何が楽しい……?意味もなく、意志もなく、
 矜持(プライド)すら持たずに見るモノ全て破壊して何が楽しい。どうしてテメェは生まれてきた」

「よく見ろよ、俺を、そこにいる新米共を。
 生きてるだろう?生きてるんだよ、戦いたいって吼えてんだッ。
 どんな感情だっていい、争いの炎に身を焦がしながら踊ってんだぜ? 分からねえかッ」


「無価値なんかじゃねえんだよ……それを、テメェはッ!」




  • 価値観はガンダムwのエレガント閣下に似ているイヴァンさん -- 名無しさん (2017-03-23 20:49:47)
  • なんか正統派ライバルみたいだな -- 名無しさん (2017-03-23 20:50:55)
  • 実際礼さんのライバルポジ感あるからなイヴァンさん。ジュンルートでは礼さんと死闘の末敗北して、マレーネルートでは含蓄のある言葉を残しと -- 名無しさん (2017-03-23 20:53:59)
  • 愛は理念に勝る。当然だよね -- 名無しさん (2017-07-31 21:40:29)
名前:
コメント: