ロザンド

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。


基本情報


略歴

アトレティア国将軍。
ロザンドは、ガザデルーと並び、アトレティア国最高位の将軍であり、独立国に相当するほどの勢力を持ち、自由な行動を許され、ダルスバード艦隊を伴って常に本国から離れた場所に駐屯していた。
アトレティア国は、この頃ジルダーの支配下であったが、ジルダーは表立って名を出すことを嫌い、王座にもつかず、その存在すら一部の者しか知られていなかった。そのため、ロザンドやガザデルーが、多くの者にとって実質上の支配者と見られていた。

ザールック3325年、ガザデルーマドリアル攻略を成功させたと聞くと、自身もすばやくそれまで攻略中であったロンダイア国に強襲を仕掛けて首都を落とし、完全に支配下とする。この軍事行動は、互いに連携したものというより、ライバルであるガザデルーマドリアルを攻略した為、戦功で差をつけられることを恐れ、強引に侵攻戦を開始したというのが実状である。

3327年、アーズ国に奪われたリゼルバを奪還するべく出陣するが、その出陣がガザデルーの命令だったことに不満をもっていた彼は、サルファーの謀略でポルスが早々に撤退したこともあり、セロナバルス国が自分の留守の間に出陣してくるという口実で、戦わずして撤退した。

3328年8月、ロザンドは、ガイラスマルラといった主力部隊を率いてセロナバルスへ進軍。両軍が真正面から激突し、多大な犠牲を払いながらも大国セロナバルスの首都を陥落させ、主力軍を四散させる。
だが、主力部隊を完全に壊滅できなかったことから、セロナバルス国軍は各地に潜伏し、ゲリラ活動でロザンド部隊の制圧軍を足止めすることとなる。セロナバルスは確固たる統一意志と、高度な情報ネットワークを持ち、各地のゲリラは想像以上にロザンド部隊に損害と混乱を与えていく。
それでも兵力の差は圧倒的であり、善戦するのが精一杯で、制圧そのものを食い止めることはできず、主だった反抗軍は壊滅し、セロナバルスは完全にロザンドの支配下となる。すると、ロザンドはここで、「民衆を手懐ける為の方便」という建前により、セロナバルス王を名乗る。
地位というものに興味のないジルダーは、それを許可するが、ガザデルーと部下たちの怒りは大きく、両者の対立はいよいよ本格化していくこととなる。

そして、ジルダー出奔により始まったアトレティア内乱で、ガザデルーとの戦いを見据えて、セロナバルスフェイノアの二国を自分の領土とし、ポルスガザデルーが疲労するまで戦うのを待つことにしていた。
しかし、思いもがけないビーストバリア国の強襲を受け、更にグスティナの戦いにおいてガイラスマルラが裏切り、まさかの敗北を喫して戦死する。

人物

  • セロナバルス王を名乗ってから、突然彼は傲慢な性格になり、これがガイラスマルラの裏切りに繋がったといわれている。
  • 火の法術を連続で発射する独自の銃を開発し、腕にとりつけていた。
  • ガザデルーは、ロザンド戦死の報告を誰よりも早く聞きながら、「奴が自分以外の者に負ける筈がない」と、誰よりも遅くまで信じなかったといわれている。敵対する関係でありながら、実力だけは認めていたエピソードである。

関連項目


最終更新:2011年10月02日 12:44