塔野高速鉄道青葉浜線

青葉浜線は,新都特別市中央区新都中央駅から宿川市の青葉浜駅までを結ぶ鉄道路線。路線記号はAB,ラインカラーは青色。

塔野高速鉄道青葉浜線
路線データ
総延長 28.7km
駅数 12(起終点含む)
複線区間 全線
電化方式 直流1500V
軌間 1067mm
最高速度 120km/h
閉塞,保安装置 TR-TIACS ver1.18

路線概要


新都特別市から南山地方の玄関口である宿川市を結ぶ路線として建設された。当初は特別市内は地下線にする計画もあったが,建設費を抑えるのと地下鉄路線との干渉を避けるため高架線で建設された。なお線路設備が貧弱であるため,計画倒れとなった地下ルートをそのまま用いて高速新線を新たに建設する計画もあるが未だ構想に留まっている。

駅一覧


遠山台〜青葉浜間は複々線となっており,緩行線は遠有鉄道有原線と一体化した運行系統となっている。そのため緩行線に関しては有原線の記事を参照。

駅番号 駅名 駅間
営業
キロ
累計
営業
キロ
列車種別







AB01 新都中央駅 0.0 0.0








AB02 新米倉駅 1.2 1.2
AB03 茅立駅 1.4 2.6
AB04 根田駅 1.3 3.9
AB05 檜山台駅 2.2 6.1
AB06 木野坂駅 1.3 7.4
AB07 奈川新町駅 1.2 8.6
AB08 佑楽寺駅 1.7 10.3
AB09 高城駅 2.0 12.3
AB10 遠山台駅 4.1 16.4
AB11 白崎駅 3.3 18.9
AB12 青葉浜駅 9.8 28.7

列車種別・運行形態


高城〜遠山台で線路を共用する新都大海ラインについてはそちらを参照。

直通快速 Direct Rapid Service

新都大海ライン新京橋駅〜青葉浜駅で運転。特別市西部からのアクセスのために2009年に運転され始めた(当時は新都大海ラインが未開業のため新都環状線からの直通扱い)。なおこの種別は英語表記において他の塔野高速の快速と異なりServiceが付く

快速 Rapid

主に新都中央〜青葉浜駅間で運転。1993年の開業時から運転されている。特別市内では速達運転を行うが,市外では駅間が長いこともあって各駅に停車する。

各駅停車 Local

日中は新都中央〜高城駅間の運転に限られ,特別市内各駅には毎時8本が確保されている。高城駅では原則として後続(先発する)快速,または新京橋方面から(へ)の直通快速に(から)接続をとる。

日中の運行形態を以下に示す。

青葉浜 高城 新都中央
直通快速 4本 (→新京橋)
快速 4本
各駅停車 8本


塔野高速鉄道の路線
営業中の路線 SL新都環状線 - HS八真線 - TN塔野線 - RT緑園都市線 - TS都西線 - AB青葉浜線 - SO新都大海ライン
計画路線
関連路線
最終更新:2021年01月29日 22:12