塔野高速鉄道塔野線

塔野高速鉄道塔野線は,新都特別市八城区の八城駅から夢吊橋市の夢吊橋駅までを結ぶ路線である。ラインカラーは空色,路線記号はTN。

塔野高速鉄道塔野線
路線データ
総延長 33.8km
駅数 16(始終点含む)
複線区間 全線
電化方式 直流1500V
軌間 1067mm
最高速度 110km/h(南商栄〜夢吊橋)
130km/h(八城〜南商栄)
閉塞,保安装置 TR-TIACS ver1.18

沿線概況


地下2F相当の八城駅を出発するとそこから更に深く潜り,ひたすら直線で北へ向かう。この区間は南北を高速で結ぶ役割を持っているため駅数が非常に少なく,駅間隔が長い。本所永妻橋駅を過ぎ,大分進むと連続した勾配で高架2F相当まで上り,南商栄駅に着く。新都環状線に乗り換えが可能な商栄区役所前駅を通ると次は新都の北のターミナルである商栄駅。この駅は3層構造の高架駅で,塔野線は3Fの1〜4番線を使用する。商栄を出るとまた駅間隔が空き,地上に降りて南塔野駅に着く。ここではかつてTR東栄線だった散野急行都東線への乗り換えができる。塔野市の計画されたニュータウン故の整然とした街並みを六合,五葉台,四季野公園と抜けると新都周辺の学術の中心,塔野学園都市に着く。ここではほぼ全ての優等列車が各駅停車と接続をとる。塔野学園都市を出るとまたニュータウンの町を三輪路,二葉通,一ツ橋と抜け,塔野市の中心市街地のある塔野駅に着く。ここは検車区を備えた運用上重要な駅で,多くの列車がここで折り返す。ここまで地上を進んできたが塔野駅を出るとまた地下に潜り,南夢吊橋駅に着く。ここは塔野線で最も利用客の少ない駅であり,昼間の停車本数も毎時4本と少ない。終点の夢吊橋駅は2面4線だが,配線は中間駅型で将来の延伸に対応している(尤も,延伸計画は10年ほど前に凍結されたのだが)。

駅名一覧


駅番号 駅名 駅間
営業
キロ
累計
営業
キロ
列車種別 接続路線 所在地










TN01 八城駅 0.0 0.0 香花急行電鉄新香新幹線
新都メトロ西南線(W01)・中央線(E01)・新城線(R19)
八城高速鉄道YR春風線(YR01)
散野急行鉄道TE散野線(TE05)・ CT都東線(CT27)
新都特別市 八城区
TN02 本所永妻橋駅 8.1 8.1 新月急行電鉄TT新都本線(TT04)
新都メトロ:豊崎線(T30)
新都電機軌道ICしんトラム市内線[本所永妻橋駅前駅(IC13)]
本所区
TN03 南商栄駅 7.1 15.2 新都メトロ:奈川線(N05)・坂樹線(G13) 商栄区
TN04 商栄区役所前駅 1.4 16.6 塔野高速鉄道:SL新都環状線(SL10)
TN05 商栄駅 1.3 17.9 塔野高速鉄道:HS八真線(HS13)
雨川高速鉄道HE商栄線(HE01)
新都メトロ:奈川線(N01)・商志線(O01)・弓田線(Y25)
TN06 南塔野駅 3.7 21.6 散野急行鉄道:CT都東線(CT01) 塔野市 南区
TN07 六合駅 1.2 22.8
TN08 五葉台駅 1.2 24.0
TN09 四季野公園駅 1.2 25.2 中区
TN10 塔野学園都市駅 1.2 26.4 学園都市交通1号線(101) 学園都市特別市
TN11 三輪路駅 1.2 27.6 塔野市 中区
TN12 二葉通駅 1.2 28.8
TN13 一ツ橋駅 1.2 30.0 本町区
TN14 塔野駅 1.2 31.2
TN15 南夢吊橋駅 1.2 32.4 夢吊橋市
TN16 夢吊橋駅 1.4 33.8

列車種別



通勤特快 Commuter Special Rapid
停車駅:八城駅,本所永妻橋駅,商栄駅,塔野駅,夢吊橋駅
朝ラッシュ時のA線(八城方面)のみ運転される。塔野〜商栄間はノンストップなど停車駅が絞られているが,朝ラッシュ時の運転ということもあり所要時間は昼間の快速と大差ない。
全列車に着席指定サービス「TR-SEAT」がある。

特別快速 Special Rapid
停車駅:八城駅,本所永妻橋駅,商栄駅,塔野学園都市駅,塔野駅,夢吊橋駅
朝ラッシュ時以外の殆どの時間帯で運転される。日中の全線所要時間は30分で,表定速度は67.6km/h。ただしこれは駅間隔の極端に長い商栄以南を含めての数字である(商栄以北では63.6km/h)。日中〜夕方ラッシュ時は毎時4本,深夜は毎時2本程度が標準。
全列車に着席指定サービス「TR-SEAT」がある。

快速 Rapid
停車駅:八城〜南塔野間の各駅, 塔野学園都市駅,塔野駅,南夢吊橋駅,夢吊橋駅
ほぼ1日中運転される種別。日中は特別快速と交互に毎時4本が運転されている。しかし通過駅は全16駅中6駅と少なく,通過駅のある商栄以北でも表定速度は53km/hと速達性は薄い。ただし朝ラッシュ時の一部列車を除けば基本的に終点まで先着する。

各駅停車 Local
その名の通り各駅に停車する。早朝を除いた殆どの時間帯で快速系統の待避を行うので,終点まで先着する列車は少ない。日中は塔野〜八城間と塔野〜商栄間が毎時4本ずつ運転されている。前者は商栄で特別快速の待ち合わせを行い,塔野学園都市で快速の待ち合わせを行い,塔野で特別快速に(から)接続する。後者は塔野で快速に(から)接続し,塔野学園都市で特別快速の待ち合わせを行い,商栄で快速に(から)接続する。待避パターンは両方向とも変わらない。

かつての種別


快速 Rapid(1988〜99)
通称緑快速。当時の快速(2019年改正以前)の停車駅は南商栄・商栄区役所前・商栄・塔野学園都市・塔野・夢吊橋だったが,この快速は南夢吊橋にも止まる。99年改正で後述の区間快速に発展的解消。

通勤快速 Commuter Rapid(初代,1994〜99)
朝ラッシュ時に4本のみ運転。停車駅は南商栄・商栄区役所前・商栄・塔野(全列車塔野始発南商栄行)。当時は8両と10両が混在していたがこの列車は10両固定運用だった。

区間快速 Section Rapid(1999〜2008)
停車駅は現在の快速に準ずる。日中に毎時2本運転されていたが,2008年改正で快速に格上げされ消滅(南塔野の通過分は各駅停車の増発で補完)。

以下に現在の日中の運転パターンを示す。
八城 商栄 塔野 夢吊橋
特別快速 4本
快速 4本
各駅停車 4本
4本

使用車両


現在は全ての列車が10両編成で運転されている。


過去の使用車両




路線の沿革



1976/03/10 塔野〜商栄間で開業
1988/12/07 商栄〜南商栄間が開業,快速の運転を開始
1990/03/18 塔野〜夢吊橋間が開業
2008/01/04 南商栄〜八城間が開業
2016/12/18 特別快速の運転を開始
2020/03/22 通勤特快の運転を開始



関連項目


塔野高速鉄道の路線
営業中の路線 SL新都環状線- HS八真線 - TN塔野線 - RT緑園都市線 - TS都西線 - AB青葉浜線 - SO新都大海ライン
計画路線
関連路線
最終更新:2021年02月22日 17:27