Adam blog翻訳

最終更新:

匿名ユーザー

- view
だれでも歓迎! 編集
ファミ通.COMの BSAA監視日記 に全文訳が載っています。

Experience Kijujuの翻訳(機械翻訳+意訳)翻訳協力募集
 Adam
 年齢: 28
 性別: 男性
 星座: 魚座
 干支: 申
 業種: 政府
 職業: 採鉱の監督管理
 場所: Kijuju : West Africa

趣味
女、酒、ゲームは何でも。(カードも含む)

A Welcome Surprise

2009年2月6日金曜日

突然、家のドアが激しくノックされた。私は驚いて持っていたグラスを落としそうになったが、
幸いなことに私の素晴らしい反射神経によって、グラスを落とさずに済んだ。身の危険を感じドアを開けるべきか、
しばらく悩んだが(あの、気が狂った連中かと思うと、慎重に為らざるを得なかった)結局また好奇心に負け、ドアを開けた。

ドアを開けた瞬間、私は自分の目を疑った。私の目の前に居たのはアリソンだった!
彼女は一週間眠っていないのかと思うほどやつれていたが、それでも彼女は美しかった。
彼女を落ち着かせるため、部屋の中に急いで招き入れ、水割りのウイスキーを振舞った。
私は彼女が戻ってきてくれたことに舞い上がり、彼女が何か話しをしていることに気がつかなかった。
私が理解できた限りでは、彼女はボーイフレンドと共に居たところを、反外国人のスローガンを叫ぶ地元住民に襲われたと言う。
人々の中には通りの奥に引きずりこまれ、荒れ狂う暴徒の中に姿を消したものもいる。
一体彼らに何が起こったのか、誰にも理解出来無かった。彼女はこっそりと逃げ出し、そして私の所に急いで逃げてきたと言うわけだ。
私がこの国の生まれなので、あのホテルに居るよりは安全だと考えたらしい。確かにその考えには一理有るが、
ここも、もう安全とは言えないだろう。

以来、アリソンは私の家に滞在しているため、kijujuも満更悪くも無いなどと思い始めた: )
気がかりなことは、あのメガホン野郎が演説を始めるたび、彼女は飛び上がって驚き、恐怖に怯えていることだ。
あいつの話に耳を傾ける奴は日増しに多くなっている、いや、奴らは話なんか聞いちゃいない。
さながらロックコンサートの酔っ払った暴徒のようだ。

ここで何かまずいことが起こっている・・・

Lost Friends

2009年1月30日金曜日

先週、気が狂った暴徒の狂気じみた儀式を見て以来、私はカーテンを開けないようにした。
メガホンを持ち、民衆を煽っている奴がいる。その悪意に満ちたスピーチには気が滅入る。
誰か奴を黙らしてはくれないものか・・・。俺がやれって?俺は事を荒立てるのは趣味じゃないんでね・・・。

だが、結局私は好奇心に負け、カーテンを少し引きチラリと外を見た。この時間には多くの人々がここにひしめき合っている。
先週の2、3倍近くは居るだろうか。Kijujuのこの区画に、こんなに多くの人が住んでいたことさえ知らなかった。
私が、あのサングラスの言う、排除されるべき外国人には含まれないとは思うが、奴らにどこに隠れているかは知られたくない。
私は、その群集の中に知った顔を見つけ、思わず声を出して驚いてしまった。それは、ある仕事で出会った昔の飲み仲間の一人だった。
彼と他の仲間達が別の職場へ転勤して以来、私は彼を見ていない。 彼についてボスに尋ねたときは、
いつも陳腐な言い逃れしかしなかった。 今、私はここでその仲間と再会できたわけだ。 今すぐにでも窓を開き、
彼に大声で、「俺のおごりだ、呑みに行こうぜ!」と叫びたかった。他の奴らまでついて来そうなんで無理だったが・・・。

夜、群衆が解散したのを見計らって、私は、彼、もしくは他の元飲み仲間の誰かが居ないかと
僅かな望みに掛けてバーを調べに向かった。
...バーは荒らされ、変わり果てていた。 2、3週間前の騒動の時、バーの店主が殺された、という話を聞いたことを
完全に失念していたのだ。そして、店主が居なくなり、好き勝手荒らし回されたのだろう。
店内のものは全て略奪、もしくは破壊され無事なものは何一つ残っていなかった。

...私は、家に戻ることにした。バーと恋に落ちるんじゃないってよく言うだろう? 私はその忠告を聞くべきだった。
私は友人を無くし、女も居ない。挙句にバーすら失った。もう最悪だ。

私が歩き始めたとき、足に何かがぶつかった。 私はそれを手に取る為に腰を下ろした。 今日は全くついてる日だ・・・。
そこにあったのは栓の開いていないウィスキーのボトルだった、今日は私が思うほど悪い日でもないらしい。
私はここに座り。遠征で得た少ない戦利品を楽しんでいるよ。これを読んでる奴で飲んでるやつはいるかい?

OK, Now I’m Scared

2009年1月23日金曜日

私は、今朝早く外の騒ぎで起こされた。(目覚まし時計が鳴る前に起こされるのが大嫌いだ。)
Kijujuでは皆が夜明けと共に行動を開始するため、朝はかなり騒がしい。全く・・・あんなに早く起きてどうしようってんだ。
だが、今朝はいつもと様子が違う、いつものような雑踏ではなく、人の叫び声やら、怒り狂った声が聞こえてくる。
私は、何が起こっているか確認するため、しぶしぶベッドから起き上がり、外を見た。

私はこのとき見た光景を忘れることは出来ないだろう。犬の死体を見るよりも100倍はゾッとした。
人々は集会場に集まり、その中央に何か・・・得体の知れない袋を積み上げていた。その袋から何か黒い粘性の物体が漏れて居るのが見えた。オイルでは無いだろう・・・血、だろうか。

その袋の山が大体2メートルほど積みあがった時、バーからサングラスを掛けた男が出てきて、メガホンを手に取り話し始めた。
「話す」という表現が適切なのか私には分からない。奴は何かよく分からないことを、物凄い剣幕で捲し立てた。
私は、奴が「正義」、「死の祝賀」、のような単語を吐き出すのを聞いた。奴が「死」という言葉を言うたび、身の毛がよだった。

奴らはその・・・積み上げられた物の上で騒いでいたが、松明を持った男がそれに向かうと道をあけた。
そしてそいつが山に向かって火を放つと、暴徒は狂乱し、歓声に包まれた。私は恐怖で震えが止まらなかった。
炎は袋の山のほとんどを燃やし尽くしたが、燃え残ったひとつが山の上の方から転がり落ちてきた。袋はほとんど燃えてしまい、
その間から中身が・・・私は目を背けられ無かった。それは肉屋の身体の様だった。いったいここで何が起こっているんだ!

私はすぐに全てのカーテンを閉め、ベッドに走って戻った。暴徒が解散したのを何度も確認した後は、このポストを書くだけで、
精一杯だった。今日は仕事で私の姿を見ることは無いだろう。

Tear in My Beer

2009年1月16日金曜日

申し訳ない、今更だが、何か近況を報告しないと。
最近、私の生活は色々な進展があった。だけど、ここに全てを書くことは難しいな。
徐々に私と恋に落ちていったブロンドの女性を覚えてる?
私達の仲は今や名前で呼び合うようになるまで進展したんだ。彼女の名前はアリソン、
私達はどっちも名前がAで始まるんだ!素晴らしいとは思わないかい?

まあ、まずはいいニュースだ、次は悪いニュース。Kijujuは更に悪い状況だ。どんどんおかしくなっている。
私は(幾つかの飲み物については)気に入っているホールでアリソンに出会った。ここまでは何も問題は無かったんだ。
彼女はウィスキーのダブル、私はミニ樽のビールを飲んでいた。私は何もせず一人で飲み続けた。(私に何をしろと?)
その時、今まで大人しかった奴が、何かを大声で叫んだ。サングラスを掛けた彼は、ビールのジョッキをテーブルに叩きつけると、
更に大きな声で、「外国人は私たちの土地から排除されるべきである!」、「私たちは町を取り戻すつもりである!」と続けた。
彼の周りはジョッキからこぼれたビールでびしょ濡れだった。
アリソンは私に、「彼に何か言ってやって」と目でサインを送って来たが、
生憎、私は飲みかけのビールを手放すわけにはいかなかったんだ。

隅の方を見ると、この男を見ているのが私だけでは無いことに気がついた。彼もその事に気が付くと、そちらに目をやった。
目線の先に居る不気味な肉屋が「黙れ!」と恐ろしい声を上げたかと思うと、ボトルが宙を舞い、すぐにバーは大騒ぎになった。
私はアリソンの手を掴むと(まあ、アリソンが私の手を掴んだ、とも言うかな?)走り出した。

私は彼女と自分の家へ走った。こっちのほうが近いし、彼女は町の反対側に住んでるからな。(悪くないだろ?)家について手でも握って落ち着かせようとしたんだが、彼女は顔を手に埋めたままだった。肩に手を置くくらいで我慢することにした。彼女に掛ける言葉が見つからなかった。その夜はそのまま過ごした。朝になって彼女は「もうここにいることは出来ないわ。こんな生活がしたかったんじゃないの。私の彼氏を見つけてこの国から出させてもらうわ。家に帰りたい。」

彼女に一緒に居る様に説得して、守ってあげると言ったんだが、一言も言わずに行ってしまった。教えてくれ、女ってのはこんなもんなのか?追いかけたほうがよかったのか?


Am I Being Watched?

2009年1月9日金曜日

I finally got some time off, and I was able to spend the New Year’s holidays with my family. As many of you have probably experienced, spending holidays with relatives can either be quite enjoyable or excruciatingly maddening. I was looking forward to just sleeping in, eating, and having a few drinks, but if you spend time with my family, the last thing you get to do is relax.

They kept asking me questions about Kijuju, but the more I told them about life here, especially in regards to recent events, the more they started to look worried or angry. I can’t understand why. You tell people about a few dead dogs and they think danger is lurking around every corner. My mom was especially worried, and she just shook her head and begged me not to go back to Kijuju. My father was no better, and told me to listen to her before I made her worry anymore. As much as I hate working, Kijuju is the only place that offers work at a decent wage, and because I keep sending money home, my family is able to enjoy a better life than they could normally. Life ain’t easy out here in the sticks. There’s hardly any work to be had here, and what jobs are available don’t even pay half as well as the mine.

I tried to explain that to them, but they wouldn’t hear of it. I didn’t even get to tell them about the blonde woman. She’s another reason why I want to be in Kijuju, but they wouldn’t understand that either.

When I came back to Kijuju, part of me started to feel like my family might have been right. The air was oppressive, if not downright stifling. I hurried to the market to buy dinner, but I felt like someone was watching me the entire time. I turned around and I saw the butcher talking to a man with a turban. It didn’t look like they were having a friendly chat, but more like they were discussing something grave. All the while they kept casting furtive glances in my direction.

I don’t want to jump to conclusions, but the first time I found that dog, the butcher was nearby. If my memory serves correctly, I’m sure I’ve seen multiple dead animals in the vicinity of his shop. Maybe he’s selling dog and cat meat as a delicacy. And you know what? I’m fine with that. If that’s how he wants to make his money, then he’s welcome to it. But what if it’s more than that? What if he’s been spraying graffiti and putting up strange posters? What if he’s starting a revolution or something? Unfortunately, there’s no one I can tell here. Even if there were, they probably wouldn’t do anything about it anyway.

I wonder what my girl thinks about this. (I know she’s not my girl yet, but she will be!) I also want to know what you think, so please leave a comment.

Merry Christmas!!

2008年12月25日木曜日

Of all the days to show up to work on time! The boss wasn’t even there all morning! When he finally came in, I really wished I hadn’t come in at all. He said he was taking five of us to another work site, and then he pulled out a scrap of paper and read off their names. I don’t know if this was random or someone specifically chose them, but what I do know is that a couple of my drinking buddies were among them. Wonderful. Now who do I go drinking with after work? The new work site is about a half a day’s drive from here, so who knows when or if I’ll ever see them again. They were good guys. It’s not going to be easy to drown my sorrows by myself. I’ll do a shot for you guys!

Man, today was probably the best day of my life! I went to one of my favorite watering holes after work, but my heart wasn’t into it at first since a couple of my buddies had been transferred out of the mine. I did a few shots in honor of the good times we had together.

I would have sat there all alone for the rest of the night if SHE hadn’t walked in. Yes, it was the mysterious blonde I’ve been writing about in my posts! Since I had a few drinks in me, I decided to let the alcohol do the talking (love that liquid courage!) and asked her if she would join me for a drink. Naturally, she agreed.

She was quiet at first, and I wasn’t really sure what I should say to her, but after she ordered a whiskey and water (my type of woman!), she turned chatty and I knew things were going my way. She started telling me all about her life in Kijuju. She’s seen some strange things lately, like animals that have been eviscerated or carcasses that look like they had been dragged around by something. She says she’s only been in Kijuju for several weeks, but since the beginning of this month it’s started to feel like a different place from when she first arrived. She can’t explain it, but she said she feels scared at times for no reason at all. If I’m reading her right, I think she was indirectly letting me know she wants to spend more time with me.

I didn’t want to look desperate by asking questions, so I just agreed with everything she said. I tried to add to her conversation by describing my experience with the dog the other day, not to mention the butcher who had been acting strangely. I also told her how I’ve seen trails of blood without any bodies. There’s also been an increase of areas with graffiti, as well as strange posters thrown up around the town. (I didn’t focus too much on that graffiti part since some of it might have been done by me on one of my wilder nights out.) The place has definitely taken on a different air since I came here all those months ago. It’s like the town is changing right under my nose but no one is bothering to let me know it’s changing.

I told her not to worry, and most of the things that have happened could be attributed to a wild tiger or something. She seemed to find comfort in my words, so I moved my stool a little closer to hers. That’s when she really opened up to me. I don’t know if it was because of the alcohol or because she felt comfortable with me, but she started complaining about her boyfriend. (It’s always a good sign when a girl complains to you about her boyfriend.) Apparently, he went off to work one day and he hasn’t come back since. Everyone keeps telling her he’s busy. I don’t think work could ever keep me so busy that I’d neglect such an attractive woman as this.

I told her if she needed anything, she could always count on me. She thanked me and smiled before getting up and walking out. I probably should have followed her, but I think I need to play a little hard to get in order to keep her interested.

Like I said, best day of my life!

And the best Christmas gift I’ve ever had!!

Remember, comments are always appreciated!

P.S. I completely forgot to ask her what her name is! I’m just going to have to wait until next time.

Something In The Air

2008年12月23日火曜日

I saw something pretty disgusting today. I don’t know if I can even bring myself to describe it.

I was walking down one of the back streets in Kijuju, and I saw a dead dog lying there. I’ve seen dead animals here and there before, so that in and of itself wasn’t so shocking. (The first time can be a tad unsettling, but it’s not like I’ve never seen road kill back home. I’m trying to keep an open mind here.) This time, however, the dog was missing its entire head! I don’t know who or what decapitated it, but whatever took the dog’s head off didn’t leave it on the ground. It was just not there. Why would someone just want the head of a dog? And did they take it before or after it died/was killed?

I get squeamish around dogs with missing heads, so I circled back and found myself behind the butcher’s shop, and what do I find? It’s the butcher himself washing off a huge, blood-stained meat cleaver. I don’t think he’d kill a dog for no reason, but if he did, then why take just the head and leave the body? He may not even have had anything to do with the dog, but he’s not the friendliest person in the neighborhood. He just kind of grunts when I say hi to him. I don’t have many dealings with him as a rule of thumb because, let’s face it, who wants to buy a dead goat that’s been hanging out in the air for three days? A butcher without a freezer. That’s what happens with no rules and no health inspectors.

You know, as I type this, I can’t help but feel something is different in the air of late. I can’t put my finger on it, and I couldn’t explain it if you asked me to, but I just know. I think I need a drink.