DOL研究所

KARUKII

最終更新:

andoryu

- view
メンバー限定 登録/ログイン
プレイヤー名 アンドリュー
デッキ名   KARUK II
デッキコード[デッキコード]
1060R5z2k1b6w6C6U6W7j7D7N7S7Y898J8NaTbu

[ユニット] × 8
No003 アサシン × 1
No018 メイドウィッチ × 3
No116 戦女神ヴァルキリー × 1
No049 魔獣ベヒーモス × 1
No025 化身カルキ × 2

[マジック] × 32
No135 精神の秘箱 × 3
No137 心削りの石 × 3
No143 未完のキューブ × 3
No144 封魔石の欠片 × 2
No152 速攻反転 × 1
No158 ソーマの烙印 × 3
No162 魔道転送 × 1
No163 生命吸収 × 3
No165 生贄の儀式 × 3
No169 契約の石 × 2
No181 復活の蓮華門 × 2
No182 降魔の蓮華門 × 3
No226 MPドレイン × 1
No238 MP抽出の力 × 2



解説 
このデッキの元のコンセプトは
強カードで尚且つ超汎用であるカルキを
デッキの主軸(光や魔人などにしない)にすれば
そこそこ強いデッキができるのでは。というもの。

カルキメインなので最初の方は3積みしていたとは思うが
調整で多分3枚もいらないと判断したので2積みになっていると思う。

デッキの構築上最大の特徴とも言えるのが
カルキをメインに採用しているので
通常デッキに常備する緑泡を採用していないところである。

その分ユニットをサポートするマジックを採用できるので
展開上の安定度が増している。

ただ、普通に試合をしていてもそこらへんは気づかれないので
使う分には普通のカルキ入っている連撃デッキかなーと思われそうで
このデッキを構築した身としては不服。

デッキ名の「II」はローマ数字をローマ字の「I」に見立てたので
読み方は「かるき」


このデッキに関してのコメントは以下のテキストボックスから
名前:
コメント: