増子司

ますこつかさ

フリーで活動しているゲーム音楽作曲家、サウンドエンジニア。フリーになる前にはテーカン(テクモ)、アトラスに所属していた。
以前にはMACCO、すけるとん、どさんこマッコーなどの別名義を持っていた。現在は増子津可燦という名義を使用。
ゲームセンターでアルバイトしていたところ、テーカン専務(当時)の原野直也氏に誘われて1982年テーカンにアルバイト入社。
テクモでは『スターフォース』や『ボンジャック』などテクモのアーケード初期タイトルに関わる。
サウンドプログラムの知識があったためサウンドドライバーの作成や基板設計等も行っている。
1986年に原野直也氏の独立に伴いアトラスに移籍。
アトラスでは『デジタル・デビル物語 女神転生』等初期タイトルに関わる。
1990年にフリーランスとして活動を始める。

ゲーム音楽作曲家ではあるが、最近ではエンジニアリングの仕事を中心に活動しているらしく、作曲活動を多く行っていない。
真・女神転生III NOCTURNE』以降の女神転生シリーズには関わっていないが、作曲家としての復活を期待する愛好家も多く存在する。

作曲作品の一例



代表的な曲

最終更新:2020年09月04日 23:18