ガンダムヘビーアームズ改(EW版)

ガンダムヘビーアームズ改(EW版)
GUNDAM HEAVYARMS CUSTOM (Endless Waltz Ver.)
登場作品 新機動戦記ガンダムW Endless Waltz
型式番号 XXXG-01HC
全高 16.7m
重量 8.2t
所属 無し
武装 バルカン砲
マシンキャノン
胸部ガトリング砲
ホーミングミサイル
マイクロミサイル
ダブルガトリングガン
搭乗者 トロワ・バートン


【設定】

OVA『新機動戦記ガンダムW Endless Waltz』用にカトキハジメによってデザインリファインされたガンダムヘビーアームズ改
TVシリーズとデザインが異なるが、設定上は同一の機体である。
OVA公開当時に発売されたプラモデル等の商標名や関連ゲームにおける名称は、テレビ版と区別できる様に「ガンダムヘビーアームズカスタム」と呼称されていたが、リデザインされた同一機ではなく改良機と誤解を招くことから、徐々に「ガンダムヘビーアームズ改(EW版)」という名称表記へと移行していった。

TV版との最大の違いはカラーリングで、TV版では赤系統だが、こちらは暗青緑に変更されている。
武装面ではシールドとアーミーナイフが廃され、携行装備であるガトリングガンが両腕に装備されているため、より射撃戦特化な機体となっている。
また、携行武装である2連装ガトリングガンは実体弾を用いるものに変更されている。
『敗栄』では改修時にバックパック中央部と腰リアアーマーにスラスターが追加されており、バックパックの追加スラスターユニットは、同時に改修されたサンドロック改とほぼ同形状である。

【武装】

バルカン砲

頭部に2門が内蔵されている機関砲。

マシンキャノン

両肩に2門が内蔵されている機関砲。

胸部ガトリング砲

胸部の左右開閉式装甲カバー下に内蔵。
テレビ版では改修前と変化はないが、EW版は砲門数が2から4に倍加している。

ホーミングミサイル

TV版では両肩アーマーに、EW版では両脚ランチャーポッドに内蔵されている。
EW版の1/144プラモデルではオリジナル武装としてフロントアーマー内に8発追加装備されている。
計44発を装備。

マイクロミサイル

TV版では両脚ランチャーポッドに、EW版では両肩アーマーおよび腰アーマーに内蔵されている。
計52発を装備。

ダブルガトリングガン

EW版の主武装。改修後はテレビ版と同じ2連装式の設定を受け継ぎつつ、両腕に1対を装備。
TV版とは異なり、シールドは排除されている。
ビームガトリングガンとした資料と実弾とした資料が存在する*1
不使用時はバックパックに懸架される。


【武装(その他)】

アーミーナイフ

EW版では非装備とされているが、小説版『Endless_Waltz』ではアーミーナイフを用いてサーペントと交戦する描写がある。

バズーカ

「BATTLEFIELD OF PACIFIST」に登場。
詳細は不明。

ミサイルポッド

「BATTLEFIELD OF PACIFIST」に登場。
外付け型の追加装備と思われる。


【原作の活躍】

『Endless_Waltz 敗者たちの栄光』

最終盤にてガンダムヘビーアームズ(EW版)がC-00421コロニーでの戦闘による中破後、ハワードらの手で修理・強化され、Gチームに加わる。
最終戦であるリーブラ攻防戦においては、他のガンダムパイロットたちやノインと共にZEROシステムがインストールされたMDビルゴⅡの大部隊を相手に奮戦する。
リーブラ破壊においてはウイングガンダムゼロ(EW版)がツインバスターライフルを発射するまで破砕作業に尽力した。

『Endless_Waltz』

機体廃棄のため他のガンダムと共に太陽に向け打ち上げられるが、マリーメイア軍が武装蜂起をきっかけに、急遽回収される。
ブリュッセルの戦いでは信管を抜いた弾薬を装填し、1人の死者も出すことなく敵のサーペント部隊を無力化させる。
弾薬をフルに装備した状態でも、トロワが得意とする伸身三回宙返り一回捻りを再現できる程の機動性を見せた。
反乱終結後、ガンダムサンドロック改(EW版)ガンダムデスサイズヘル(EW版)とともに爆破破棄される。


【搭乗者】

トロワ・バートン

CV:中原 茂

片目が隠れるほどに長い前髪が特徴。寡黙で冷静沈着な反面、仲間に対する情が厚く面倒見も良い少年。
身分を偽装した潜入を得意とするなど、工作員としての能力も高く、伸身三回宙返り一回捻りを楽々とこなす身体能力を活かして、地球降下後はサーカス団に潜伏していた。

『EW』ではキャスリンのサーカス団で巡業を行っていたが、その周囲にちらつく影を察知して独自に調査を始める。
かつて自分が名前を頂戴した人物の一族が再び戦争を引き起こそうとしていることを知り、彼らが組織するマリーメイア軍の一つである少年少女兵部隊「新教聖歌隊」に偽名で潜入するが、あっさり正体がバレてしまう。
マリーメイアに恭順の意を示すことでその場を逃れ、同じく潜入してきたデュオと一旦はサーペントで交戦する。
その後ヒイロ、デュオと協力してX-18999コロニー落下阻止に成功する。
その後、回収されたガンダムヘビーアームズ改を駆り、カトル、デュオらと共にブリュッセル大統領府へ降り立ち、サーペントの大部隊と激戦を繰り広げる。
マリーメイア軍の乱が終結した後は、ヘビーアームズを爆破し、「トロワ」として再びキャスリンのいるサーカス団に戻る。

【原作名台詞】


  • 「オレはトロワじゃない。物心ついたときから戦場にいる、名前も無い兵士だ」
    • トロワは幼少期からMSで戦場を渡り歩く傭兵だった。
    • 傭兵時代のトロワについては『EPISODE ZERO』にてさらに詳しく描かれている。

  • 「名前などない。どうしても呼びたければ名無しでいい」
    「殺すつもりならそれでも構わないが、少しは抵抗するかもしれん」
    • オペレーション・メテオの決行直前、ドクトルSらの意思を無視して真トロワがバートン財団による地球支配を成し遂げようとしたため、作業員が真トロワを殺害してしまう。
    • スポンサーであるバートン財団に嫡子の殺害を知られれば計画の遂行に支障が出てしまう...。途方に暮れるドクトルS。
    • 一連の事の成り行きを陰で見ていた”名無し”は、敢えてドクトルSたちの前に姿を現す。

  • 「オレは名前が無くて少々不便だった。何なら、こいつの名前を貰ってやってもいい」
    「やはりオレには、戦場という舞台が似合っているらしい」
    • 自分が真トロワの代わりにヘビーアームズのパイロットになることを申し出る”名無し”。
    • 形だけでもオペレーション・メテオが実行できればドクトルSのバートン財団への顔も立つが…。

  • 「この機体は気に入っている。だが、地球を乗っ取ることに興味はない」
    • 地球に家族がいると言う作業員に気を遣ってか、さり気なく真のオペレーション・メテオ(=大量殺戮)は行わない意志を伝える”名無し”。
    • この返答が気に入ったドクトルSは、”名無し”にトロワ・バートンの名を与え、オペレーション・メテオを一任するのだった。

  • 「やはりオペレーション・メテオはこうあるべきだ」
    • デュオ、カトルと共に地球へ降下する際に一言。
      単なる大量虐殺にしかならない『真の』オペレーション・メテオより、人の手で行う『偽の』オペレーション・メテオの方が気に入っている様子。

  • 「残り250機、一人50機の割り当てだ。MSを始末するだけならなんとかなるだろう」
    • ブリュッセルに降下したトロワは、敵機が被弾しても爆発しないよう信管を抜いた弾薬のみで射撃戦を展開する。
    • ゼクス、ノイン、デュオ、カトル、トロワは、圧倒的な物量差を前にして「パイロットを殺さずに」加減して戦っていた。
    • 殺すことを厭わない戦いであればとっくに終わっている事がカトルの口からも示唆されており、彼らの技量の高さが窺える。
    • しかし、次第に追い詰められ...。

  • 「自爆するなら誰も巻き込むな。死ぬのはオレたちだけで充分だ」
    • 全ての攻撃能力を失ったガンダムたちには、もはや自爆装置しか残っていなかった。
      しかしサーペント部隊に包囲されながらもトロワは望みを捨てない。
      これ以上、戦争の犠牲者を自分たち以外に出すまいという今作における不殺の重みを感じる台詞。

  • 「また自爆装置が無駄になったな」
    • 反乱の終結を見届けた際の一言。
    • いつものように淡々とした物言いに反して、トロワの表情は柔和だった。

  • 「また"名無し"に戻ってしまったな」
    • 反乱終結後、カトル、デュオと共に今度こそガンダムを自爆させるトロワ。
      ヘビーアームズのパイロットではなくなったことで『トロワ・バートン』を名乗る必要もなくなった。
    • カトルからは「いいんじゃないですか、トロワはトロワで」と励まされ、特に否定することも無かったことから、愛着が沸いていたのかもしれない。

【その他名台詞】

  • 「カトル……優しいお前が死に急いでも悲しみが残るだけだ」
    「オレたちは自分の心と戦い続けるしかないと言ったはずだ」
    「そうだろ?」
    • 『敗栄』より。
    • リーブラの主砲を沈黙させるため、サンドロックを自爆させようと特攻を試みるカトル。
    • 「ボクに近づかないで!」という言葉や敵MDから受けた衝撃が切っ掛けになり、トロワはついに記憶を取り戻す。

  • 「オレたちは最後まで望みを捨ててはいけないんだ!」
    「キャスリンはオレにそう教えてくれた」
    • 『敗栄』より。
    • かつては自分の命すらあっさりと諦めてしまっていたトロワだが、『還る場所』が出来たことで自分の命に対して責任を持つようになった。
    • その言葉を受けて自身の為すべきことを悟ったカトルは、リーブラ内部へ突入するのだった。


【関連人物】

真のトロワ・バートン

CV:中村 秀利

TV版から存在が示唆されていた本物のトロワ・バートン。ちなみにクレジット表記は『真トロワ』。

デキム・バートンの息子で姉レイアの娘マリーメイアは姪にあたる。
親の威光を笠に着た、いわゆるボンボン息子。
本来のヘビーアームズのパイロットで、ドクトルSの反対を無視して真のオペレーション・メテオの決行しようとしたところをドクトルSの助手に射殺された。助手曰く「地球に家族がいたから」。

この現場を目撃していたヘビーアームズの整備士だった名無しの少年がドクトルSに提案してトロワを名乗りヘビーアームズに搭乗、かくしてヒイロ達がよく知る「トロワ・バートン」が誕生したのだった。

【原作名台詞】

  • 「よう、名無し。お前にだけいいもの見せてやるよ。」
    「マリーメイアっていうんだ。姉貴の娘さ。俺たちが地球を乗っ取った後は、コイツが支配者となるのさ!」
    • 自身に反対しない名無しの少年に対して、レイアとマリーメイアの写真を見せる。彼は少年を味方と思っており、それなりに良好な関係だった様子。


【VS.シリーズの活躍】

EXVS.

ガンダムヘビーアームズ改に代わりトロワの乗機として参戦。コストは2000。
武装アシストにカトルのガンダムサンドロック改(EW版)も参戦。覚醒と勝利時に顔の右半分をピエロの仮面で覆っている。
ミサイルの弾数がかなり増加し、メインの弾速も早くなるなどベースはよくなるものの、胸部ガトリングがなくなる、メインのガトリングが実弾属性のためビームにかき消されるなど難しくなっている。
相変わらず全機体から見ても相当な重装備である。弾数管理に気をつけつつ、敵を圧倒して行こう。

EXVS.FB

キャンセルルートが大幅に増え、全機体でも屈指の多さとなった。そのため、前作以上に砲撃機とは思えない動きが出来る反面、入力が適当だと自爆ショーが始まる域に達している。
トロワの如く冷静な判断力と高度な操縦技術をもってすれば、戦場と言う名の舞台で大喝采を聞かせてやることが出来るだろう。

覚醒技は「バレットサーカス」。華麗に空中を舞いながら、ミサイルをばら撒き周囲を爆破する。

上級者向けの機体だがポテンシャルはかなり高く、プレミアムドッグファイトではウイングゼロとのコンビが決勝まで勝ち進んだ。

EXVS.MB

デスサイズと同じコスト2500に昇格。アシストのサンドロック改が強化され、後格が全方向射撃になった。
アップデートでメインの弾数が増加し、更にメイン、格闘と共用だったサブの弾が独立化し、これまで以上に「動く弾薬庫」となっている。

EXVS2OB

時は流れ、共通修正でピョン格の接地ズサが没収。
その補填か、前格そのものや前サブに誘導切りが追加された。


【勝利・敗北ポーズ】

勝利ポーズ

砲門を全て開く。Nサブ射撃のポーズ。

敗北ポーズ

自爆する。


【勝利・敗北ポーズ】(EXVS.FB,EXVS.MB)

勝利ポーズ

通常:スタッと着地し、右腕のガトリングを突き出す。
サブ射撃で勝利時:砲門を全て開く。Nサブ射撃のポーズ。

敗北ポーズ

自爆する。


【その他の活躍】

ガンダムビルドファイターズ

11話の第7回ガンプラバトル選手権世界大会予選第2ピリオドに登場。
ハイペリオンガンダム、コンティオ、オクト・エイプ改の3機が瞬く間に撃墜されたのを見て引き下がり、キュベレイパピヨンに向けて全弾発射を行うも、弾をすべて撃ち落とされて唖然としていた。

SDガンダム G GENERATION

EW化すると武装が使い辛くなるデスサイズヘルやサンドロック改に比べると射程の長い武器が残るので使いやすい部類に入るが、至近距離とプラネイトディフェンサーPS装甲相手には分が悪い。
『CROSSRAYS』では至近距離に対応できる武装や上記の防御アビリティを無視する特殊武装を手に入れた事により使い勝手が上昇しており、BEAM武装が苦手とするナノラミネートアーマーが標準装備されているP.D.世界でも活躍が見込める。

スーパーロボット大戦

作品によって武器…主にダブルガトリングガンの特性が異なるが、共通するのは実弾しかない為、どの地形にも適応できる点や援護に長けている点だろうか。
トロワが様々な組織に潜入している事がある為、五飛ほどではないが敵として登場する事もある。
『W』では「なぜなにナデシコ」*2をトロワが気に入っており、終盤でシリアスモードの為にやらなかった時は残念そうにしていた。
戦闘BGMを「なぜなにナデシコ」の曲に設定していたプレイヤーも多かったとか。


タグ:

+ タグ編集
  • タグ:

このサイトはreCAPTCHAによって保護されており、Googleの プライバシーポリシー利用規約 が適用されます。

最終更新:2024年06月08日 11:14
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。

*1 スーパーロボット大戦シリーズやGジェネレーションシリーズでは実弾武器として扱われている

*2 XEBEC製作のTVアニメ『機動戦艦ナデシコ』のミニコーナー。作中では艦内放送として扱われている