ガンダムAGE-1

登場作品 機動戦士ガンダムAGE
型式番号 AGE-1
全高 18.0m
重量 43.4t
所属 地球連邦軍
搭乗者 フリット・アスノ
アセム・アスノ
ラーガン・ドレイス
武装 ビームダガー
ビームサーベル×2
ドッズライフル
シールド
特殊装備 AGEシステム

ガンダムAGE-1タイタス

型式番号 AGE-1T
全高 17.6m
重量 62.5t
武装 ビームラリアット×2
ビームニーキック×2
ビームショルダータックル×2

ガンダムAGE-1スパロー

型式番号 AGE-1S
全高 18.7m
重量 33.4t
武装 シグルブレイド
ニードルガン×2


【設定(ノーマル)】

アスノ家の末裔であるフリット・アスノが、地球連邦軍と共に来たるべきUEへの反攻に向けて建造した自己進化機能搭載汎用型モビルスーツ。
ガンダムの名称はモビルスーツ鍛冶の間で伝承されているかつて戦争を終わらせたという「救世主ガンダム」からきており、その姿形もアスノ家の屋敷に飾られていた救世主の肖像画に酷似し、フリットは救世主への憧れからこのモビルスーツを「ガンダム」と呼ぶ。

フリットは建造の際に母マリナから託された一族の研究成果が記録されたAGEデバイスのデータを使用、「銀の杯条約」によって失われた技術の一部が再現されており、敵MSのビームバルカンをものともしない装甲、敵MSの装甲を貫くビームダガーなど完成したガンダムの性能は地球連邦軍の主力機ジェノアスとは一線を画す物であった。
また、フリットは生物の進化を応用したAGEシステムを並行して開発。AGEデバイスに搭載された高性能CPUをコアとし、AGEデバイスに戦闘データを記録、兵器工場であるAGEビルダーを使って新しい装備や武器を自ら提案・開発し、ガンダムを「進化」させることができる。時には新しい手足を製造、ガンダムの特性そのものを変えてしまうほどである。そのため、ガンダムを起動するためにはAGEデバイスをキーとする必要がある。

その性能、運用の柔軟性は連邦軍にも高く評価され、A.G.140年代には量産型ガンダムともいえる「RGE-G1100 アデル」がロールアウト、戦場に幅広く普及していった。

AGE作品内での量産MSの祖ともいうべき機体だが、最も驚くべきことが改修されつつも何十年と現役で使用されていること。しかもパイロットも変わらず。同じ例ではZZ&ジュドーくらい。(ただしこちらは同機&本人とは明確に表記されていない)

余談だが何故かAGEと同時期に放送されていたTVアニメ『魔法少女まどか☆マギカ』のキャラのアクションフィギュアにHGの手足を付け替えるという現象が流行った。妙に色合いがマッチしているのも酷いところ。「まどかタイタス」「ほむらスパロー」で検索するとすぐ引っかかる。

【設定(タイタス)】

コロニー・ファーデーンにてドッズライフルを受け付けない重装甲と圧倒的パワーを誇る敵の新型が出現。この新型MSバクトに対抗するため、AGEシステムが開発したタイタスウェアを装備した姿である。
プロレスラー然とした太い手足を持ち、両肩に新たに増設されたジェネレーターから圧倒的なパワーを発揮する。手首、肩、膝からビームを発振する磁気旋光システムを持ち、圧倒的パワーから繰り出される質量と高出力ビームの二段構えの攻撃は並みのMSでは耐えられない。装甲も頑丈で、多少の攻撃ではびくともしない。

磁気旋光システムを最大稼働させることで全身をビームで包み、敵に突撃するという戦法も終盤で使用している。機体に大きな負荷がかかるため通常では使用されないが、この最大稼働の有用性をAGEシステムが評価したのか、後にシステムが開発したガンダムAGE-FXはこの最大稼働に酷似したモードを付与されている。

【設定(スパロー)】

タイタスの弱点はパワーと引き換えに機動力を犠牲にしたことにあり、高機動MSであるゼダスには後れを取ってしまう結果となった。この点を踏まえてAGEシステムは忍者のごとき俊敏な動きを可能にするスパローウェアを開発した。
その手足は極限まで軽量化され、各所にバーニアを設置することにより目にもとまらぬ速さで敵を翻弄する。

武装は全て実体のものとなっているが、これは隠密性を重視した結果である。弱点として、タイタスとは対照的に打たれ弱くなっている。
手にするシグルブレイドはタイタスの格闘技にも匹敵する破壊力をほこるが、スパローぐらいの加速性がないと切れ味が出ないだけでなく、摩耗が速く整備性に問題を抱えている。
青年フリット編では、扱いがかなり困難になってしまったものの、この弱点を解消した発展型のウェア「レイザー」が登場する。


【原作での活躍】

A.G.115。フリット・アスノが中心となり、コロニー・ノーラの連邦軍アリンストン基地にて建造されていた。
最終調整を残すところまで完成した矢先、アンノウン・エネミー(UE)の襲撃を受ける。迎撃に出たMS隊が壊滅、ガンダムのテストパイロット、ラーガンも負傷してしまう中フリットは自分がガンダムを動かすことを決意、ビームダガー滅多刺しでUEのMS、ガフランを撃破する。これが人類の対UE初勝利となった。
その後、ノーラに駐留していた新造戦艦、ディーヴァにAGEシステムと共に搬入され、行く先々に現れるUEと交戦していく。
激戦が繰り返される中、UEのMSに致命傷を与えることができるドッズライフルの開発、重装甲を持つバクトに対しては圧倒的パワーを持つタイタス、高機動のゼダスに対しては高速戦闘を展開できるスパローをシステムが提案、環境に応じた進化をガンダムにもたらしていく。
フリット編のクライマックスである要塞アンバットの戦いでガンダムはスパローウェア、タイタスウェアを立て続けに失うも「敵の親玉」ギーラ・ゾイのデファースを打ち破る。その後もフリットと共に数多の戦場で戦っていく。


【パイロット説明】

フリット・アスノ

CV:豊永利行

「機動戦士ガンダムAGE」の初代主人公。A.G.101、「天使の落日事件」が起きた日にモビルスーツ鍛冶の名門アスノ家に生まれる。
幼いころ、自宅に飾られていた肖像画に描かれた戦士「救世主ガンダム」について執事から聞かされ、強いあこがれを抱く。この「救世主」という言葉はフリットにとっては生涯を通しての目標となっていく。
その後、UEの襲撃を受け天涯孤独の身になるが、アスノ家の才能とAGEデバイスの有用性に目を付けた連邦軍の高官、ヘンドリック・ブルーザーに引き取られ、彼のもとでMS開発に従事することとなる。幼いながらもその才能を開花させたフリットは独自の進化システムを組み込んだMS「ガンダムAGE-1」を完成させる。
そしてUE襲撃時のトラブルから自らガンダムに乗り込み、熾烈な戦いの道を歩んでいく。

基本的には明るく正義感の非常に強い少年だがその分我も強く、周囲とはたまに衝突することも。戦友ウルフ・エニアクルにはその直情的な性格を利用され、よくからかわれている。
一方で、その我の強い性格の危うさをコロニー・ミンスリーの支配者アルザック・バーミングスに指摘されていたが、彼の懸念は後に現実のものとなってしまうことに。

大切な人達を目の前で失いつつも救世主となるために戦うフリットであったが、アンバット攻略戦において、かつて心を通わせた友人ユリン・ルシェルとあまりにも悲劇的な再会を果たす。敵の駒として利用されていたユリンは最終的にフリットをかばい、その命を散らしてしまう。
UEの正体が人間であったことに衝撃を覚え、その人間とも思わない所業にフリットは激しい憎悪を燃やし、同時に少女一人救えなかった自らの未熟さを悔やむ。最終的にUE討伐艦隊はUE=ヴェイガンの巣であったアンバットを制圧、フリットは改めて救世主になることを誓った。

後にフリットは連邦軍に正式に志願し、アーシュランス戦役等で大きな戦果を挙げ順調に昇進していくこととなる。このころに幼馴染であるエミリー・アモンドと結婚することに。この前後の描写はPSP版ゲームで描写されており、「青年フリット編」と言われている。後に二児(アセム、ユノア)を儲ける。
ファンからは青年フリットが一番落ち着いている時期と言われているが、フリット曰く「周りを顧みずヴェイガンの殲滅に向けて突っ走っていた時期」と回想している。

【原作名言集】

  • 僕の作るガンダムは、人類の平和を脅かす悪と戦う戦士なんです。だから、人類を守る救世主なんです!
    • 「人類」を守るというのがポイント。発言者は嶋村侑氏演じる幼年期のフリットであるが、ゲームでは豊永利行氏演じる少年フリットからこの台詞を聞くことができる。
  • 違う!あれはモビルスーツなんかじゃない!あの時と同じだ。ただ破壊を繰り返す…!ヤツらはモンスターなんだ!
    • 敵がモビルスーツ=人が乗る機械であることを否定する第1話のフリット。
  • このままじゃ、みんな死ぬ。敵はそういうやつらなんだ。だから…だから戦わなきゃいけないんだ!
    • ノーラに襲撃したUEをAGE-1で食い止めようとするフリットを止めるバルガス。しかしフリットはこう叫びその覚悟を受け取ったバルガスの許可の元ガンダムに乗り込む。もう大切な人を失わないために。
  • さあ行こうガンダム、僕たちがみんなを救うんだ!
    • アスノ家の長男はなぜか皆初陣でガンダムに話しかける癖を持っている。
  • 救世主になんていう、すごい存在にはなれないかもしれないけど、僕はあいつらを放っておけない…ガンダムを使ってみんなを助けたいんだ。
    • トルディア行きのチケットを渡し共に避難しようと誘うエミリー。しかしフリットは自分の決意を伝えトルディアへの避難を断った。
  • また戦いが人を悲しませる…!
    • ザラムとエウバの戦闘を止めるために戦おうとするイワーク。戦いが戦いを呼ぶ姿を見てこうつぶやきガンダムで争いを止めに行こうとする。
  • 大人も子供も関係ない、生き残るんですよ!何があっても!
    • 無茶な戦闘をするイワークを止めたセリフ。多くの人を失ったフリットだからこそ言えるセリフだろう。
  • 命は…おもちゃじゃないんだぞ!
    • 覚醒でおなじみ、豊永氏の熱演が光る名台詞。
  • お前たちは人間じゃない!どんな姿をしていようと人間じゃない!罪のない人たちを巻き込んで!母さんだって、ユリンだって、お前たちが殺したんだ!
    • アンバット攻略戦、敵司令官ギーラ・ゾイに対して。後もヴェイガンに対する憎しみは増大していき、「殲滅も辞さず」の強硬姿勢を持つことに…
  • 自分の過ちを認めて、他人の過ちを許して、戦争を終わらせることが僕の勝利条件じゃなかったのか、フリット・アスノ!僕は、僕が、救世主になることをあきらめるなんて、決して許さないぞ!
    • 小説版におけるフリット屈指の名言の一つ。理不尽に命を奪われる悲しみを散々味わったはずなのに、本懐を失いヴェイガンにいるというだけで民間人も関係なく殲滅しようとする未来のフリットを、少年のフリットが許すはずもなかった。


【ゲーム内での活躍】

EXVS.MB

満を持して参戦。コストは2000。
同じく「進化」をキーワードとするエクストリームガンダム(type-レオス)と同様に、戦闘中にゲージをためて進化していく変則的な換装機として登場。ノーマル→タイタスorスパローへの進化は一方通行で、進化した状態でバーストアタックを出す(ヒット・ガード・空振り問わず)とノーマルへ再換装され、同時にタイタス&スパローの換装ゲージがMAXになる。

ノーマルは射撃と格闘の両方をこなすことができ、特格長押しでタイタス進化ゲージ、特射長押しでスパロー進化ゲージをためることができる。基本的には射撃寄りで、攻撃手段の少なさが欠点か。
格闘も発生に難のあるN格、咄嗟に出せないBD格、何とも言えない前格で、横、後はサーベル投げ。

タイタスは格闘特化型。攻撃力が高く、迎撃に適しており自衛向きの形態。リミッター解除でリーチ・火力のさらなる強化も可能。ただしリミッター解除中は耐久値が徐々に減る。プロレスラーな体格ゆえか、タイタスの象徴たるビームラリアット以外にVSシリーズの迷武装・スクリューパイルドライバーも使いこなす。
また、射撃武装はないが、ゲーム出典(トライエイジ)の岩投げが射撃扱いで使える。また、武装アシストでデスペラードを召喚する。

スパローはスピード重視型で、高い機動力と踏み込みの長い各種格闘によるヒット&アウェイを得意とする。基本的には攻めに特化した形態。また、武装アシストでGエグゼスを召喚する。
特に特格の連続攻撃(通称「デシル切り」)はかなりの速さを誇り、慣れないと細切れにされてしまう。

バーストアタックはランプバースト。まさかのゲーム(コズミックドライブ&ユニバースアクセル)出典技で、スパロー→タイタス→ノーマルと換装を繰り返しながら相手に乱舞攻撃を仕掛け、最後はノーマルに換装する。乱舞技という点は出典作と同じだが、向こうは換装せずに範囲内の敵に乱舞を仕掛ける、と少し違う。
発動するだけでどちらの換装ゲージも最大になるので、復帰時など緑ロックであえて空振るという選択肢もある…というよりノーマルが貧弱なため、換装のためだけに使わざるを得ないことも。

EXVS.F

本作でVSシリーズ(本作は外伝的なものだが)家庭版に初参戦。
開幕からスパロー、タイタスになる事が出来る上、逆にノーマルに戻ることも出来るようになった。
結果的に大幅に強化され、本作の格闘機の中ではかなり使い勝手がよくなった。
とはいえタイタスはサブの巨大岩投げがCSになったのでさらに使う場面が減るかも。

MBON

フォースよろしくいつでも換装可能になった。さらにノーマルにもちゃんとした格闘がついた。
これまでのタイタスのリミッター解除とスパローのニードルガンはCSに移行した。
これで覚醒を自由に使えるようになったので、だいぶ立ち回りに幅が増えた。これまでがおかしかっただけかもしれないが。

GVS

追加参戦作品として2017年9月のDLCに緊急追加。最初から入れておけよと思ったファンは多いだろう。
タイタスとスパローのアシストはシステム面の理由で削除されているが、それを補う形で格闘面で強化されている。
特にタイタスのリミッター解除は変更され、スーパーアーマー+伸びの良さを誇る+そこからこれまでのリミッター解除状態仕様の各格闘にキャンセル可能な突進攻撃というタイタスの評価を大きく変える武装となった。


【勝利・敗北ポーズ】

勝利ポーズ

ノーマル:ライフルを手に決めポーズ。ドッズライフルを受け取ったシーンの再現。
タイタス:(通常時)機体の各部のビームを展開しながらポーズ。OPのポーズの再現。
     (アシスト使用時)デスペラードと一緒にポーズ。たまにイワークさんが喋る。
スパロー:(通常時)シグルブレイドを逆手に持ちポーズ。初登場回の決めポーズの再現。
     (アシスト使用時)Gエグゼスと一緒にポーズ。こちらもたまにウルフが喋る。

敗北ポーズ

ノーマル形態でメインスラスターから煙を吹き、各部が損傷した状態でうつ伏せに浮いている。


ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。