藤岡建機

かつて『メダロット』に携わった漫画家、デザイナーの一人。

代表作は『メダロッターりんたろう!』『メダロットR』『メダロット・navi』。

人間味のある表情やお友達ロボットとしての側面を打ち出したほるまメダと比較すると、
藤岡メダはロボットしてのかっこよさを追求した鋭角的でメカニカル、それでいてピカピカと光沢を放つデザインが特徴。

キャラの作画では幼く丸っこいデフォルメが印象的である。

『メダロット・navi』では各デザイナーの元絵からデザインを起こし、
キャラクター・メダロットデザインを統一化した。

メダロット以外では、ガンダム関係のデザイン(『ADVANCE OF Ζ ティターンズの旗のもとに』)や、
GBCソフト『コマンドマスター』やGBAソフト『桜国ガイスト』などで氏の作品を見ることが出来る。

メダロットから離れて久しいため、もう一度何らかの形で関わってもらうことを望むファンも多い。

しかし、メダロット以外の作品にもメダロット的な要素を持ち込んでいることも度々ある。
『AOZ』のような軽いお遊びから、『DOLL MASTER -彷徨の六花-』のような作品の根幹に関わるところまでその範囲は様々である。

フリーペーパー「ペッパーショップ01号」にりんたろうのような少年が出てくる漫画を描いている。

ちなみに、氏の絵によく見られる「OMECHA」のマーキングは、
氏の所属するサークルの「御機械屋」(ヲメカヤ)のことを指している。