アニメ・漫画に登場するメダロットたち



本項では、ゲーム作品を初出としないメダロットを紹介する。
後年ゲーム作品に登場したメダロットの詳細については、それぞれの項目を参照いただきたい。

漫画版メダロットシリーズ

メダロット

ニセメタビー

メタビー張本人のパーツを奪って作られた、メタビーの偽者。

バトル=コングロマリットMk-Ⅲ(仮称)

メタビーとロクショウのパーツを奪って開発する予定だった、最強の合体メダロット。

メダロット3

KWG3型0号(通称マケット

KWG型の試作タイプで、右腕に大型のマイクロウェーブ発振器を装備している。

メダロッターりんたろう!メダロットR

X計画を参照。

メダロット再〜リローデッド〜

トリトビートル

アプデルスツノカブト型メダロット。
KBT型としては珍しい格闘特化タイプ。

スチームガンナー

スチームパンクガール型メダロット。
弾幕を張って相手を攻撃し、蒸気を噴射して翻弄する。

ブレイブマン

アイドル型メダロットで、アイドル型としては初の男性型。
少し古臭いが熱さを秘めている。

ディアヒーロー

アイドル型メダロット。
現代的なクールさが魅力。

ヤークトスパイダ

アシダカグモ型メダロット。
罠を張らずに剛力で相手をねじ伏せる。

ムシャビートル(武者甲虫)

カブトムシ型メダロット。
戦国武将の如き甲冑に身を包んだ赤備え。

カイレン

クワガタムシ型メダロット。
ゲーミングヘッドセットとハイカットスニーカーがスタイリッシュ。

オルドスペルビア

堕天使型メダロット。
本作ラスボスで、他のメダルの意思を奪い去り支配する。

アニメ版メダロットシリーズ

メダロット

ドクター・ヘベレケの影武者メダロット(仮称)

ミヤマ遺跡で姿を見せた、ドクター・ヘベレケの影武者として作られたメダロット。
ドクター・ヘベレケ本人の身長の低さも相まって、誰もがドクター・ヘベレケ本人だと思って疑わなかった
おかげでドクター・ヘベレケ本人は後にサイボーグ野郎と罵られる破目に遭った。

メダロットのため、パーツを交換することも自在に行える。
劇中では右腕をデスボム、左腕と脚部をフレイムガンとレッドテイルに交換していた。

イッキ達との戦闘の末に撃破され、メダルはマイケルによってジャイアントエンペラーに装着されている。

ジャイアントエンペラー

その名のとおり、ゴッドエンペラーを巨大化した規格外の超メダロット。

ドクター・ヘベレケ型メダロット(仮称)

世界大会会場にて、レアメダルの共鳴によるメダルのメダロ人としての覚醒が頓挫した途端に、逆上したドクター・ヘベレケが投入したメダロット。

ドクター・ヘベレケをそのままロボット化した姿。
後年メダロット5に登場したピカリンナースや、メダロットSにて登場した他版権作品の人物モチーフのコラボメダロットのはしりといえよう
両腕にはデスボムとデスビームを装着している。

イッキ達を一斉掃射で攻撃するも、ナースちゃんによって全ての攻撃は止められてしまう。
しかもアークビートルティーピーエンプレスパトラの8年前の世界大会の猛者達の前に軽々と撃破された。
残った最後の1体は、ドクター・ヘベレケに殴り掛かろうとしたヴィクトルを撃とうとしたものの、ウォーバニットに阻まれて、そのままウォーバニット共々爆発した。

ジャイアントメタビー

ドクター・ヘベレケプリミティベビーに対抗するための切り札として、メダロット博士こんなこともあろうかと、と秘密裏に建造していた巨大メダロット。
その名のとおり、メタビーを巨大化した姿でフロントアーマーにGと書かれ、背中のメダルハッチには放射能標識を上下逆にした様なマークが確認出来る。
メダロット社ビル内部に、いつの間にか格納されていた。

恐らくはジャイアントエンペラーに対抗したものと思われるが作るなあんなもん、大きさで張り合うな、と容赦の無いツッコミを受ける羽目に遭う

メタビーを頭部のメインコクピットに収容し、レアメダルのエネルギーで起動させる予定だった。
だが、メタビーだけのエネルギーでは足りず、動くことが出来なかった。
そこで胴体と両手足の予備コクピットにブラスナースちゃんペッパーキャットスミロドナッドカンタロスブルースドッグキースタートルが乗り込むことでようやく起動を果たした。
ちなみに頭部メインコクピットは全天周型モニターだが、サブコクピットは計器類に囲まれている。

武装はメタビー同様の射撃武器のみならず、ロケットパンチが仕込まれていた
唖然とするイッキに対してロケットパンチは巨大ロボの魂じゃ!と反論していたことからするに、この装備は完全にメダロット博士の趣味であろう
脚にはスラスター(もしくはロケット)も装備されており、空を飛ぶことも可能。

プリミティベビーの堅牢なバリアと圧倒的な力の前に、一時は窮地に立たされたものの、今までイッキとメタビーに関わってきた多くの人々のメダロットを巻き込んだ先祖返り現象が発生。
多くのメダルの力を集約したメダフォースを発動させるも、バリアこそ破れはしたが、メダフォースを制御出来るプリミティベビーには通用しなかった。

メタビーは最後の手段として、ブラス達を無理矢理ジャイアントメタビーから降ろすと、自身を質量爆弾としてプリミティベビーにぶつけて撃破。
コレによってジャイアントメタビーは失われたが、メタビー当人は節原教授に助けられ、事なきを得た。

メダロット魂

ハニー

本作完全オリジナルのメダロットで、ナエのパートナーメダロット。
ナエのサポートを担当し、トラックを運転出来るなどかなり優秀。
ロボトルにおいての戦闘能力は高くはない。
だが、デスメダロットであるタンクダンク相手に機能停止せずに耐えきってみせており、なかなかに頑丈な様だ。
ちなみに脚部は浮遊タイプ。

(CV:新谷真弓)



タグ:

+ タグ編集
  • タグ:

このサイトはreCAPTCHAによって保護されており、Googleの プライバシーポリシー利用規約 が適用されます。

最終更新:2024年05月30日 22:25