personal note

PDAの内容とか
当然の事ながらネタばれ注意!
日本語訳はSFPS Ver.3.30同梱の日本語化MODによる。


personal note


who am I

damn it,it's all a haze now
I remember a car they drove me somewhere for a long time and my whole body hurt there was darkness
what happened before that? I've there was darkness I've no idea
so confused now this fat guy calls me the marked one.
probably because of the strange tattoo on my arm.
and then there's this weird mission to kill some guy called strelok on my PDA... is it even my PDA?
Looking at strelok's photo I'm not even sure if I knew him or not... Damit! It's all like a bad dream you can't wake up from!
what to do? where to go? And worst of all. Who am I? OK,OK, calm down, control yourself, The first thing I'll have to do is do some jobs for this sidorovich.
He claims to have saved my life after all...
That shouldn't be too bad I'll take a walk,
calm down my self and perhaps my head will be clearer.

■俺は誰だ?

くそっ!ぼんやりして何も解らん。
トラックに乗せられて… 何処からか長い時間、走ってた気がする。 
それで怪我をおっていた事だけは覚えている。 
乗せられる前は何してたんだ? とにかく何も覚えていない。
この男が俺を「印付き」って呼ぶから混乱してる。 
多分、腕に刻まれた意味の解らない刺青のせいだろう。
それと、「Strelok を殺せ」と PDA に書かれていた… 
そもそも俺の PDA なのか? 
Strelok の写ってる写真を見たが、そもそも、こいつを知ってるのかどうかすら解らん! 
畜生! 悪夢から醒めないみたいだぜ! どうすりゃ良いんだ? 何処へ行けば良いんだ? 
一番クソッタレだが、俺は誰なんだ? 少し落ち着こう、冷静にな。
まず、この Sidorovich とかいう奴の簡単な仕事とやらを片付けよう。
俺の命をなんとか助けたって言い張ってるからな。
まあ、少し位、様子をみるのも良いだろう。
落ち着いてれば、記憶もはっきりとして来るはずだ。



First impressions

well,well... Got some fresh air, saw the local wildlife... interestingly I seem to remember some of
it already , but it's all in haze... had a chance to try the local "amusement" called anomalies...
Judging by the fact that i survived I've probably
come across them before, but my brain stubbornly
refuses to remember... sidorovich is one clever
bastard - he knows he can use me almost for free
and that's exactly what he wants to do. still,
maybe he'll help me find this bloody strelok
fella,,, he's my only connection with my past.

■第一印象

ふーむ…… 少し外の空気を吸いに行って、動物やらを見たんだが…… 
面白い事に、微かだが覚えがある様な気がする。
たが、ハッキリとは思い出せない…… 
ここでは、「お楽しみ」って呼ばれてる異常現象にも出くわした。
生き残ったと言う事は、多分、異常現象を切り抜けた事があるはずなんだが…、
思い出そうとしても思い出す事が出来ない。 
Sidorovich は、頭の良い野郎だ―― 奴は、俺をタダ同然で使うつもりでいるらしい…、
使いたがってんだろうな。
だが… Sidorovich は、Strelok を探す時に役立つはずだ……
俺にとって Sidorovich だけが、過去の俺との唯一の接点だからな。



The first deep raid

So, I am going on my first deep raid into the Zone.
the target is the Agroprom Research institute.
I need to recover some documents belonging to a military expedition.
Apart from the mission the trader gave me some information about an area to the north,
on the way to the Zone's center,
where the "brains boil"... Probably more of a legend than a fact, but since there's clearly
something wrong with my head i probably should take a look at it and talk to some people.
You never know - maybe I've been there before... Also,
the trader told me that strelok discovered a way to get through the area and the traders want to know it.
their reasons are clear - they want to access untouched artifact fields. well, I'm going to help them, I guess.

■最初の深部襲撃

さて、初めて Zone の深くに潜ってみる事になった。
目的地は、Agroprom 研究施設。軍調査団の書類を回収しなきゃならない。
任務とは関係ないが、トレーダーが Zone 中心に向けて北に続く地域について情報をくれた。
Zone 中心には、"Brains Boil" があるってんだが… 
きっと事実じゃなくて噂なんだろう。だが、どうも違和感がある。
色々話しかけてみるべきだろうな。
トレーダーは、Strelok が Zone 中心まで抜ける道を見つけて、
トレーダー達がその道を知りたがっているって言っていた。
どうしてかってのは簡単だ。
未開のアーティファクトがある場所に行きたいんだろ。ま、手伝とするか…。



The trader's useful information

Hmm... The trader didn't let me down and I'm grateful to him - he gave me a leg up in my search for strelok.
Apparently a stalker called Fox has shown up nearby and he's asking for help.
Sidorovich thinks Fox might know Strelok.

■トレーダーの役立つ情報

ふむ… Sidorovich は、俺を失望させなかった。Sidorovich に感謝している。
Sidorovich は、Strelok を探す為の支援をしてくれた。
どうやら Fox と呼ばれる Stalker が現れたらしく助けを求めているらしい。
Sidorovich は、Fox が Strelok を知っているかも知れないと言っていた。



Meeting Fox

I met up with Fox. It's that bad news, good news scenario.
The bad news is that he knows little about strelok. The good news is that his brother called seriy knows more.
It seems Seriy is in a hangar about 2 kilometers North of here, in some dump full of radioactive waste. My task is clear
get there before he leaves.

■Foxとの出会い

俺は、Fox と出会った。悪いニュースと良いニュースがある。
悪いニュースは、奴が Strelok に関して少ししか知らなかったという事。
良いニュースは、Seriy って名の奴の兄弟が、もう少し詳しく知っているという事だ。
Seriy は、ここからおよそ 2km 北へ向かった先にある。放射性の廃棄物で一杯のバンカーにいるらしい。
俺がやるべき事は、明白、Seriy が居なくなる前にそこへ行く事だ。



Meeting Seriy


My hopes of learning something about Strelok must be put on hold for a while longer: Seriy sent me to meet a stalker called Mole; who apparently knows the location of Strelok’s secret stash... Not much, but if he’s right, at least I would have something... Who knows, maybe I’ll learn something useful there.

■Seriy に会う

Strelok について何か分かるかも知れないと言う俺の望みは、
しばらく、お預けになるだろう。
Seriy は、俺に Mole という Stalker に会えと言った。
どうやら、そいつが Strelok の秘密の隠し場所について知っているらしい。
もし、そいつが正しければ、少なくとも何か分かるだろう…。
何か役に立つ物があるはずだ。
それが何であるのか誰にも分からないが。	



Meeting Mole


Well, meeting Mole paid off - it seems that the group’s stash really exists and it’s located in the catacombs below the Institute... I’ll have to go there. I don’t know what I’ll find there... but I hope this stash helps me solve my own mystery...

■Mole に会う

どうやら、Moleに会った甲斐があった様だ。 
何らかのグループの隠し場所というのは実在する様だ。
Institute の地下の墓地にあるらしい…。
そこに何があるか分からないが、 行かなければならないだろう…。
俺自身の謎を解決する手助けになる事を祈る。



Strelok's stash


Well, it seems that the stash gave me a new direction to follow. I found a flash drive with what appears to be a diary used by Strelok’s group. Despite the few entries, I could work out that the group had two other members; Ghost and Fang. The diary also mentioned a "mutual friend" but I don’t know whether he was part of the group. He definitely helped them out, that’s for sure. According to Ghost’s entry, Fang died when they were ambushed. So, at last, I have something solid: the name of someone who definitely knows Strelok - Ghost. As for Strelok himself, he may be somewhere in the North of the Zone.

■Strelok の Stash

隠し場所の捜索は、俺に新たな道を示してくれた様だ。 
Strelok のグループが日記として使っていたらしいフラッシュドライブを発見した。
あまり多くは書かれていないが、
そのグループは他に2人のメンバーが居たことが分かった。Ghost と Fang だ。
この日記では、更に"共通の友人"について触れていたが、
その友人とやらがこのグループの一員だったのか どうかまでは分からない。
ただ、そいつがグループを助けていた事は、 間違いないだろう。
Ghost の記述によれば Fang は、 待ち伏せを食らった時に死亡したらしい。
とりあえず、確かな事がある。 Strelok について確実に知っている人間の名前は、 Ghost って事だ。
奴は、恐らく Zone 北部の何処かに居るだろう。



Military documents


I looked through the documents found at the Institute. It appears that the Institute was used as a front for an unofficial lab called X18 in the years preceding the accident. This lab hosted a number of very usual experiments; its location is not clear from the documents and the military don’t seem to know anything about it either. Well, well... the plot thickens... But perhaps, this is the starting point which the traders need. Now I have to travel further North to a trader known as the Barkeep.

■軍の書類

研究所で見つけた書類に目を通した。
どうも研究所は事故が起きる前の何年間に、
X18 研究所という非公式の研究所が隠れ蓑として使われていたらしい。
ここでは、かなりの数の実験を行っていた様だ。
書類からは場所までは解らない。
軍もこの事に関しては何も知らない様だ。
なるほど… 話の筋がややこしくなって来た。
でも恐らくは、この場所があのトレーダーの求めていた出発点なんだろう。
今の所は遥か北にいる、Barkeep と呼ばれるトレーダーの所へ向わなければならない。



Barkeep


■Barkeep

Barkeep に会った。
彼は研究所で奪った文書に目を通した。通称 Dark Valley と呼ばれる場所に X18 研究所があるという。
そして、俺はそこに行って情報と文書を探して来いと依頼した。
以前 Duty の偵察隊をそこの地下金庫室に送ったが、全員行方不明との事だ。
近くに基地を設けている Bandit に捕らわれたんじゃないかと Barkeep は睨んでいる。
もしそれが本当なら、Duty の者達が発見した物全ては、Bandit のリーダー、Borov の手に渡ってしまっただろう。
Barkeep は、俺に用心しろと言うが… 地下金庫室について俺に全てを語っていないのは明白だ。
良いだろう、取り掛かるとしようか。
まず第一に、Borov を尋ねて奴に償いをしてもらい、もし可能なら、なんらかの話を聞けるかも知れない。
そして地下の調査だ。



Lab X18


Hell... Lab X18 wasn’t fun... and its current residents... I didn’t think things like that existed. I found some documents... I didn’t understand much of what was written in there except that they contained thechnical specifications for some components for Kaimanov emitters. What’s interesting is that the parts were destined for another lab with the codename X16 and it’s probably a secret one too.

■X18 研究所

最悪だ… X18 研究所は、酷かった… 
しかも、あの中にいた奴等… あんなのがこの世に存在するなんて思いもしなかった。
いくつか書類を発見した。
Kaimonov 放射器のいくつかの部品に関する技術的な仕様が書かれていること以外、
大部分は理解できなかった。
興味深かったのは、部品は X16 という他の研究所に送られる事になっていた事だ。
恐らくそこも機密機関なんだろう。



A strange dream


I had a strange dream. The colossal Chernobyl power plant emerges in the twilight. Everything looks peaceful. A lonely man appears. I see him from behind against the background of the plant. The wind starts to blow. Suddenly hordes of rats begin to skitter away from the station in all directions. The man, with his back still turned to me, shoots at the rats. There is an abrupt scream; "Strelok!". the man shudders, freezes for a moment, then starts to turn slowly in my direction, but... just an instant before I am to get a glance at his face, I wake up. What does this dream mean? I don’t know, but I think it’s something I have seen before.

■不思議な夢

不思議な夢をみた。
薄暮の中、巨大なチェルノブイリ発電所が姿を現した。
なにもかもが平和そうに見え、ひとりの男が現れた。
俺は発電所を背景にして、そいつを背中から見ていた。
風が吹きはじめ、突然ネズミの大群が、全ての方角から滑るように走って来た。
男は背中を向けたまま、ネズミを撃ちはじめた。
不意に「Strelok!」と叫び声が聞こえてきた。
男は身震いし、しばらく固まった後、ゆっくりと俺の方へ向きを変え始めた。
だが… あともう少しでそいつの顔を見られる、という所で目が覚めてしまった。
あの夢はどういう意味だったんだ? 解らない。
でも俺が思うに、あの光景は以前、見た事があるような気がする。



So the Brain Scorcher is man-made?


Hmm... The traders have dug up a lot of information about these laboratories. The Barkeep wasn't surprised to find out about the emitters and X16. Now he's convinced that the Brain Scorcher is man-made. He thinks that Lab X16 is near the scientists' camp by Lake Yantar. It's interesting that they are studying emissions that resemble the effects of the Scorcher. So now I must pay a visit to the Zone's scientific community.

■Brain Scorcher は人の造りしモノなのか?

ふーむ… トレーダーは研究所についての多くの事実をつかんだ様だ。
X16 研究所とエミッターのそれを知っても、Barkeep は驚いたそぶりを見せない。
今や彼は Brain Scorcher が人の手によるものだと確信している。
X16 研究所は、Yantar 湖の科学者キャンプの辺りにあると彼は考えている。
面白い、Scorcher 効果に似た放射を研究しているとはね。
さて、俺は Zone の科学界へと訪問してみようか。



One step away form Ghost


So, here I am just one step away from one of Strelok's men. Ghost went to the underground Lab X16 with one of the scientists. There is only one "but" - I'm not likely to find him alive. The scientists was coming back from there alone and was killed when approaching the camp. The scientists gave me some kind of device to protect me against these obscure emissions. I hope it works. They want me to get inside and unplug the emitter - then they will be able to study it on site. God help me.

■Ghost から一歩遠ざかる

さて、俺は Strelok 一派の1人から1歩遠ざかってしまった。
Ghost は、1人の科学者と共に X16 研究所の地下に行った。
答えは1つだが「しかし」 ― 俺は生きている彼に出会えそうも無い。
その科学者はそこから1人で戻り、キャンプに近づいた所で殺されていた。
科学者達は謎の放射から防護する、ある種の装置を俺にくれた。それが役立って欲しい物だ。
彼等は、俺が中に侵入し、放射装置のプラグを抜いて欲しいと頼んだ…
そうすれば彼等は内部でそれを研究する事が出来る様になると。俺に神の加護を…。	



One more puzzle


I'm shocked! Ghost is the same person as the man on the photo from the file attached to the mission to kill Strelok. I'm thoroughly confused. There must have been some mistake. But who made the mistake? There is no answer yet. From Ghost's records I learned the name of their "mutual acquaintance" - the fourth man in Strelok's group - Doctor. He has been helping the group for a long time playing the role of their "headquarters". He can be found through a stalker by the name of Guide, who frequents Cordon. Alright, Guide, just don't go dying all of a sudden... before we meet. On Ghost's dead body, I also found documents regarding the "Psi-Brain" mechanism. The whole neighbourhood was under the influence of that piece of trash - it zombified everyone who came within range. I learned that there is another mechanism in Lab X19, and that's what is likely to be the Brain Scorcher. I also learned that these mechanisms are not always operating at full strength. There are periods when the power is lowered to cool down the apparatus.

■もう1つの難問

俺は、ショックだ! 
Ghost は、「Strelok を殺せ」任務にある写真ファイルの男と同一人物だ。
俺は、すっかり混乱している… 何らかの間違いがあったに違いない。
だが、一体誰が間違いを犯した? その答えはまだ無い。
Ghost の記録から、俺は彼等の「お互いの知人」、Strelok 一派の4人目の男、Doctor の名を知った。
彼は長い間「本部」の役割で、彼等一派を支援していた。
彼の事は、Cordon によく行く Guide という名の Stalker を通じて見つける事が出来るだろう。
良いだろう、Guide、俺と会う前に突然死んだりするなよ。
また、Ghost の死体から、「Psi-Brain」装置に関する書類を見つけた。
その辺一帯が、そのクズの影響下にあった… それは範囲内の全員をゾンビ化した。
俺は、別の装置が X19 研究所にあるのを知った。そして、それは Brain Scorcher ではないだろうかと推測する。
また、俺はこれらの装置が常に最大出力で稼働しているわけでは無いと知った。
装置を冷却する為に出力が下げられる期間がある。



The second dream


After turning off that horrible "brain in a tube" I fell unconscious. The pressure of the last few days must have taken it's toll. While I was out, I had a dream... a photograph. A gray-haired man is holding it in his hands and a huge dog is at his feet. The man is looking at the distance, but around him there is only a swamp; the landscape doesn't look at all like what's on the photo. In the fog I can see the silhouette of someone walking away. The man is talking to himself: "If it's so important, why didn't you tell me what this place is and where you got the photo"...then... on the side I see a smiling young man standing on the threshold of the cabin, who says cheerfully: "If only you knew where I was and what I saw there!" He extends his arm holding a marvellous device which lights up the whole cabin. The dog starts to growl and squeezes into a corner; the gray-haired man mumbles: "Some day these games will spell trouble for you."... flash... the same young man with his face covered in blood stumbles inside the cabin door and falls... Lightning flashed in the sky, heavy rain is pouring down... flash... The cabin bed with the young man covered in bandages. He is unconscious; the gray-haired man mumbles: "Hang in there, son". Some personal things are piled in a corner and among them there is that strange photo ...flash... the photo is now in the hands of the gray-haired man. The young man, now with scars on his face, is about to leave. The gray-haired man asks him: "Where are you off to now?" The gloomy answer follows: "The North" ... flash... then I woke up.

■2回目の夢

恐ろしい「筒入り脳」を無効化した後、俺は意識を失って倒れた。
ここ数日のプレッシャーが引き起こしたに違いない。
気を失ってる間、俺は夢を見た…
 1枚の写真。それを手にする白髪の男が、足下に大きな犬を従えている。
 その男は遠くを見つめているが、彼の周りには湿地帯しかない。風景は写真と全然違う。
 霧の中に、立ち去る誰かの人影が見える。
 白髪の男は自問している: 
 「もしそんなに重要なことなら、何故、この場所が何なのか、
 そして、何処でこの写真を手に入れたのか言わなかったんだ…」
 そして… 小屋の入り口に立つ青年を俺は見る。彼は快活にこう言う:
 「もし場所さえ知っていれば、俺はそこに行く、そして何かを見る!」
 彼は、小屋内全体を照らす凄い装置を持つ腕を伸ばす。犬は唸り始め、角に追いやられた。
 白髪の男は呟く:
 「こんなゲームをやっていれば何時か、お前は痛い目を見るぞ」…
 閃光… その青年が血まみれの顔で小屋に入ってきて、扉でつまずいて倒れた… 
 空が閃光で光り、激しい雨が降り注ぐ… 
 閃光… 包帯で巻かれた若者が小屋のベッドに横たわる、彼は意識がないようだ。
 白髪の男は呟く:
 「若者よ、頑張るんだ」
 彼の私物が角に積まれていて、そしてその中に、例の奇妙な写真もある。…
 閃光… その写真が白髪の男の手にあった。今や顔に傷跡が残る青年が立ち去ろうとしている。
 白髪の男が彼に尋ねる:
 「今度はどこに行くんだ?」
 それに続く暗い答えは:
 「北へ…」…
 閃光…
そして俺は目覚めた。



After meeting with the Psycho


Well, I am ready to go to the Scorcher. I found out from Crazy the times when the emission levels decrease. He also told me about a safe place where I can wait for these periods. My psi-protection won't work at other times, anyway. I'll have to find a way into the underground bunker of Lab X19. Inside I should find the controls for the Brain Scorcher antennae.

■Psycho に会った後

さて、俺は Scorcher まで行く準備が出来た。
俺は、放出レベルが減少するタイミングを、Crazy の話から見い出した。
彼はまた、その節目まで待つ事が出来る安全な場所を俺に話してくれた。
俺の精神防護装置は、それ以外の時にはどっちみち役に立たないだろう。
俺は X19 の地下施設に入る道筋を見つけ出さねばならない。
その中で俺は Brain Scorcher のアンテナ制御装置を見つけねば。



Guide


Guide said Doctor thinks he's being followed and will stay at Strelok's old hideout. Well, I guess I'll have to pay him a visit there.

■Guide

Guide が言うには、Doctor は後を追われていて、
Strelok の古い隠れ家にいるだろうと言う事だ。さて、彼を訪ねに行こうか。



The Scorcher is done with


I turned off the Scorcher. For some reason, I lost consciousness just as I did it. Then, I had a dream: I saw again the massive Chernobyl power plant and the sarcophagus. Then a flash. The shining Monolith inside the sarcophagus. I understand that it is the [[Wish Granter|Wish-Granting Machine. A stalker, exhausted and in rags, reaches feebly out to it... a bright flash and i see a fragment of the first dream... A man stands with his back to me and keeps shooting. Someone shouts, "Strelok!". The man shudders, freezes for a moment and then starts to turn slowly... but the pictures slide past, as if a film was played backwards, and I see how he uses his weapon to force the rats back into the station... I realise that I was there. I must go to the Monolith.

■Scorcher の終わり

私は Scorcher のスイッチを切った。
いくつかの理由により、ちょうどスイッチを切ると同時に意識を失った。
夢を見た: 
 私は再びあの堂々としたチェルノブイリ発電所と石棺を見ていた。
 そして光と石棺の中で光り輝いたモノリス。
 私はそれが「願望機」だと分かった。
 疲れ切ったボロボロの Stalker は、弱々しく手を伸ばす…
 まぶしい光、そして私は最初の夢の片鱗を見たんだ…
 私を背中に抱えてながら撃ち続ける男、そいつは叫んだ、"Strelok!" と。
 そいつは震えてちょっとだけ凍っていて、その後、ゆっくりと回り始めたんだ…
 しかし、それは過去の撮影写真、そう、まるで逆送りされたフィルムの様だった。
 私は駅の方面へネズミどもを制御する、彼の武器の使い方を知った…
その場に居たことに気づいた今、私はモノリスへ行かねばならない。



Pripyat stash


The stash contained a short report on how Fang and I infiltrated the underground galleries under the station sarcophagus and found a suspicious-looking door. Fang said that he'd put together a decoder for the electronic lock for our next visit. After that we had to run for our lives. There was hordes of Monolith patrols there. Well, I also found the decoder in the stash and directions for finding the door. However, it seems that approaching the Monolith is extremely dangerous - last time we avoided going under the sarcophagus above the destroyed reactor and it seems that's where the Monolith is.

■Pripyat の隠れ家

隠れ家には、俺と Fang がどうやって石棺へ通じる地下回廊に潜入したか、
そこで不審な扉を見つけたと言う事を書き止めた書類があった。
Fang は、次回来る時に電子ロック解除機を使ってこの扉の暗号を解除しようと言った。
その後、俺達は死ぬ思いで逃げ回る羽目になった。Monolith のパトロール隊の大群に出くわしたのだ。
ああ、俺は隠れ家で解除機も見つけ、ドアを探すときの方向も覚えて置いた。
にもかかわらず、モノリスにこれ以上、近寄るのは大きな危険を伴うと俺達は判断し、
最終的に廃墟化した核反応炉上部の石棺へ行くのは避ける事にした。モノリスは、そこに有る様だ。



カットされた? personal note

何らかの理由でカットされたpersonal note。


The legend of the wish-granting machine


A bit of the local folklore I picked up: Legend has it there is a wish-granting machine deep inside the Zone... The exact location is unknown but it's somewhere in the center. Apparently, all you need to do is get to it and... all of a sudden your life becomes much, much easier. Hmm... How about finding it and saying "I want to remember everything about my past!" Then again, I wouldn't want to waste a wish - what if I remembered everything and it turns out I am a complete bastard? Wouldn't that be a bummer. I wonder how many wishes it grants.

■「願望機」の伝説

Zone の奥深くには、どんな願いも叶えてくれる機械があるという伝説がある…
という言い伝えを小耳に挟んだ。
正確な位置は不明だが、大体中央辺りの何処からしい。
そこに行きさえすれば… その瞬間から残りの人生は本当に、何の憂いもなく、苦労なく過ごせる! って事だよな。
うーん… そいつを見つけて、「自分の過去についてどんな事でも思い出したい!」なんて言ってみるのはどうだ?
そして、全ての事を思い出したら、実は俺は完璧なロクデナシだと判明し、結局望みを無駄にしただけだったら?
そいつも悪くないかも知れないな。一体、望みはいくつ叶えられるのだろう。

stable_storyline_info_garbage.xmlに収録。



Meeting with the Doctor


I don't know what to say..Should I be happy or sad? I found out that I am the Shooter. A Shooter who lost his memory in one of the last passages leading to the center of the Zone. A Shooter who lost all of his friends except for the Doctor. A Shooter who found out something that made him be followed. What did I find out? Next question. The Doctor managed to save the key and the location of the secret stash of our group at Pripyat. It's located in one of the rooms of the old hotel in the center. He says that there must be something there that will shed some light on the "Granter of Wishes" or Monolith. He knows only one thing: after the second to last scouting expedition to the Cherbobyl NPP I kept on saying that there's something shady with Monolith. Well Monolith, we're going to try and deal with you. Who are you and what are you?

■Doctor との会談

何と言って良いか… 俺は悲しいのか、それとも幸福なのか?
俺は、俺が Shooter である事を知った。最後に Zone 中央に向かい、記憶を失った Shooter の一人。
Doctor 以外の、全ての友人を失った Shooter。
彼を衝動に駆る、何かを見つけた Shooter。
俺は何を見たのだ? 
次の疑問だ。Doctor はなんとか Pripyat にある、俺達のグループの秘密の隠し場所の位置と、
その鍵を保存する事が出来た。それは中央にある、古いホテルの部屋の一つに位置する。
彼は「望みを叶えるモノ」か、モノリスを解明するいくつかの光明がそこにあるに違いないと言った。
彼が知るのはたった一つ:最後の二度目の偵察にチェルノブイリ NPP へ行った後、
俺はモノリスに何か疑わしい物があると言い続けた、と言う事。
ああ、モノリス、俺達はお前達を相手にする必要がある、お前達は誰だ? そしていったい何なんだ?

stable_storyline_info_deadcity.xmlに収録。
当初の予定では、DoctorはMercsによってDeadcityに連行され、主人公が救出に向かうという流れだったが、
その後Deadcityマップと関連ミッションは削除され、製品版はAgroprom地下のStrelokの隠れ家で
主人公とDoctorが邂逅するという展開となった。
内容的には、製品版の展開でこのノートを残しても違和感はないと思われるが、削除した理由は不明。
なお、SFPS Ver.3.30同梱の日本語化MODでは、このノートのタイトルは「医者との会談」となっているが、
本作での"Doctor"は通り名と考えられるので、本稿では「Doctorとの会談」とした。
また原文前半では"Shooter"という名詞が頻繁に出るが、内容から
俺は、俺が Strelok である事を知った。最後に Zone 中央に向かい、記憶を失った Stalker の一人。
Doctor 以外の、全ての友人を失った Stalker。
彼を衝動に駆る、何かを見つけた Stalker。
が訳文としては妥当ではないだろうか。



Turn off the Monolith


I am only a step away from the people who created this damn network of psi-units all over the Zone. The Monolith is just another zombifier it seems, with the exception that someone took the care to install a hologram in the shape of a huge crystal inside the sarcophagus. When the "lucky" ones approach it, it messes up their brains. Maybe it even makes them believe that their wishes have come true, who knows? Have I been affected by this shit before? I'm not sure, but whoever is behind this will soon be answering my questions. They even invited me... Well, here I come, you bastards!

■Monolith を“消す”

Zone の至る所に設置されたクサレPSI装置のネットワークを作った連中の所まで、
俺は後一歩の所まで来ている。
モノリスとは詰まる所、ゾンビ製造機の亜種みたいな物だ、
ただ違うのは誰かが石棺の中に、巨大なクリスタルの幻を置くように取り計らったって事だ。
ここまで辿り着けた「ラッキーな奴」がそれに近づけば、たちまち脳をやられるという寸法だ。
そのせいで奴等は、これで願いが叶うなんて事すら信じる様になっちまったんだと思う。
誰もこの事を知らないままな! 
俺もこいつに以前、頭をやられたのだろうか? それは分からない。
しかし、この陰謀の裏で糸を引いてる黒幕さんは、もうすぐ俺の質問に答えてくれるそうだ。
わざわざ俺を招待してくれてる。…さあ、ついに来てやったぜ… このクソったれ野郎!

stable_storyline_info_garbage.xmlに収録。
PDAに表示されるタイミングは、内容から、Sarcophagusの謎のドアの電子ロックが破られ、
主人公を招く声が流れた直後と考えられる。
例のアレとの会話の後の選択肢との関係で削除されたと考えられるが、なぜstable_storyline_info_sarcofag.xmlではなく、
stable_storyline_info_garbage.xmlにあるのかは不明。
最終更新:2018年08月14日 07:42
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。