The Agroprom operation

PDAの内容とか
当然の事ながらネタばれ注意!


The Agroprom operation




Agroprom Research Institute guard chart Agroprom研究所警備員配置図;

#ref error :ご指定のファイルが見つかりません。ファイル名を確認して、再度指定してください。 (Agroprom Research Institute guard chart.jpg)
;
The chart details the patrols, sentries and guard towers. The HQ is on the third floor of the Institute. That's where the documents are kept. By day the area is infested with patrols. There are less of them at night and the guards are relieved at 11pm. There are few people in the main building at this time. If you want to get into the base, you should choose the catacombs, the gate is not an option.

哨戒、歩哨、および監視塔の見取り図である。
研究所の3階は、文書の保管庫になっており、HQはそこにある。
日中は哨戒隊が歩き回っているが、
夜になると哨戒の数は減り、午後11時になると警備隊は交代する。
この時間、メインビルには人がほとんどいない。
基地へ侵入するには、ゲートではなく、地下道から進入するべきである。

Investigation report


Investigation report.~
For official use only.~
To SBU Colonel V.M. Kruchelnikov, head of project "TRUTH".~
From Captain D.F. Maksimenko, ~
commander of "Search-2" group.

調査報告書
私用禁止
"TRUTH"計画責任者 V.M. Kruchelnikov SBU 大佐殿へ
"Search-2"班隊長
D.F. Maksimenko 陸軍大尉より

Memo.~
Our group consisting of 3 investigators and a squad of SBU Special Forces conducted searched at Agroprom, the former Research Institute for agriculture on radiation-affected soil, from 12.05.2012 to 25.05.2012. Most of the equipment and documentation was missing however the few things we were able to find allow us to come to the following conclusion: over the period from 2005 to 2008, the Institute did not conduct any research in its official fields of study. All the results of its "work" sent to the Ministry of Agriculture were falsified. Simultaneously, the Institute's management, specifically Petr Danilovich Strizh, continued to receive state financing, equipment and consumables and transferred them to a laboratory designated X18 using forged consignment notes, which provided cover for the operation by indicating that the materials were being transferred to an auxiliary facility for experiments. X18 appears to be a code name adopted by the group of people implicated in this affair, since our database contains no mention of this laboratory. Judging by the analysis of the documents we found, this laboratory is located within an hour's drive from the Institute. It is likely to be a clandestine facility so I would request the involvement of our analytical department. The lab's field of research is not clear and available documents contain no helpful information in this regard but do make references to the infamous professor Chubko and also mention some "Group". It is my firm belief that we have come to the end of the line and the analytical department will now have plenty of work to do.

Attached is an archived file containing consignment notes for consumable materials and equipment transferred to some auxiliary facility and an extract from correspondence between Strizh and Chubko.

Captain D.F. Maksimenko 26.05.2012~
To professor V.M. Chubko. From P.D. Strizh, Head of Agroprom Research Institute, Doctor of Agricultural Sciences. Dear Vadim Mikhailovich, As agreed, I am sending the next batch of consumable materials and equipment to our experimental facility to help you with your research, which is so essential for agriculture. I arranged financing for the experiments by describing them as pilot experiments in fields studied by the Institute so there won't be any problems with the Ministry. How are the experiments progressing? I am still deeply impressed by what you showed me last time. Sincerely yours, P.D. Strizh DAS To P.D. Strizh Please accept my gratitute, Petr Danilovich, we've received everything. My team is very impressed with the laser spectrometer - if not for you, it would take me eons to acquire this model through my channels. Of course the Ministry of Agriculture will be happy to receive OUR results...you really made an old man laugh with that one! The experiments are continuing normally and the things you saw last time are dwarfed by our latest achievements. You should visit more often - I am always happy to see you and it's only an hour's drive to our "experimental facility" as you called it :) I almost forgot, I have news for you: next Monday I will be discussing your candidacy with the Group. I think they will support me. Sincerely yours, professor V.M. Chubko To professor V.M. Chubko From P.D. Strizh, Head of Agroprom Research Institute, Doctor of Agricultural Sciences Dear Vadim Mikhailovich, thank you for your trust. I am touched and will do my best to prove you right. I think it is every scientist's dreams to take part in such an experiment and I will be absolutely delighted to be accepted into the Group. Sincerely yours, P.D. Strizh P.S. I managed to get two of the latest Japanese broadband oscilloscopes from the Ministry and will send them over at the earliest opportunity.

メモ

2012年5月12日から同年5月25日にかけて、三人の調査員とSBU特殊部隊で構成された私達のチームは、
元放射線影響下の土壌に於ける農業研究所であるアグロプロムの調査を行いました。
殆どの設備また書類は失われていましたが、残存する極僅かな資料から、私達はある結論に達しました。
2005年から2008年にかけ、この研究所は専門分野のどの研究も行っておらず、
”研究成果”が農務省へ送られていたという事実は偽造だったのです。
と同時に、研究所所長である Petr Danilovich Strizh は、
国からの資金・設備・消耗品の援助を受け続け、 偽造の輸送書類を使用し、
それらの物資をX18研究室へと送っていました。
この事実は、物資が実験の為補助施設に送られた旨を示す事により隠蔽されていました。
我々のデータベースにはX18研究室に関する情報が存在しない事から、X18とは彼らの中での暗号なのでしょう。
私達が発見した書類の分析結果から判断すると、
X18研究室はアグロプロム研究所から車で1時間以内の距離に位置します。
この秘密施設に対しては、我々の分析部署に援助を要請する必要があるでしょう。
X18研究室で何が行われていたかは不明瞭また、調査に役立つ情報の入った資料を得られませんでしたが、
悪名高いChubko教授、同様に幾つかの”グループ”に関してははっきりと言及する事が出来ます。
これは確信を持って言えますが、これらの情報は我々の調査の成功に大きな進展をもたらし、
今や我々の分析部門には真相解明の為、やるべき山積みの仕事があります。

添付ファイルは、幾らかの補助施設に消耗品と設備を輸送したとする託送書類と、
StrizhとChubko間のやりとりを抽出した記録ファイルです。
陸軍大尉  D.F. Maksimenko 2012年5月26日

農業科学博士・アグロプロム研究所所長P.D. StrizhからV.M. Chubko教授へ。
親愛なるVadim Mikhailovich、同意した通り、
私は、農業に不可欠なまとまった消耗品と設備を君と君の研究の援助の為に送った。
農務省からの融資の手配の件だが、研究所に於ける専門分野の予備実験の予算、
という事にした為、問題はないだろう。
実験の進度はどうだろう?前回君に見せられた成果に関しては、私は未だに深く感銘を受けている。

P.D. Strizh へ。
Petr Danilovich、私達は君が送った全てを受け取り、私のチームはレーザー分光計に非常に感動した。
もし君がいなければ、私のコネでこのモデルを手に入れるのは永遠に不可能だったろう。
勿論、農務省は私達の研究成果を受けて喜ぶだろうし、君は本当に国のお偉いさんを喜ばせるのがうまい。
実験は順調に進んでおり、最早以前とは比べ物にならないぐらいの進歩が見られる。
君はもっと頻繁にここに来るべきであり、私は何時も快く迎えるだろう。
君の言う”実験施設”へは車でたった一時間だ :)
すっかり忘れていたが、一つ、君に知らせがある。
次の月曜日、私はグループへ参加する候補者と話す機会がある。彼らは私を助けるだろう。

親愛なるV.M. Chubko教授へ。P.D. Strizh農業科学博士・アグロプロム研究所所長。
信頼してくださり有難う。
私は心を動かされたし、あなたの研究が正しい事を証明するためにベストを尽くすだろう。
私は、あなたの行う実験に参加する事は、全ての科学者達にとって一種の夢のようであると考え、
我々のグループへの参加に関しては全く喜ばしいものだ。

P.S.  P.D. Strizhより。
私は何とかうまくやって、農務省から、最新の日本製オシロスコープを二つ手に入れた。
それを機会があれば出来る限り早く送りたいと思う。
----
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。