Animals and mutants

PDAの内容とか
当然の事ながらネタばれ注意!


Animals and mutants


Crow


#ref error :ご指定のページがありません。ページ名を確認して再度指定してください。
The only bird species to have survived in the Zone,
enduring increased radiation levels and effectively
avoiding anomalies. while the army pilots need to
rely on complex detectors to avoid gravitational
disturbances, the crow seems to rely on its own
senses for that - a mystery that drives
ornithologists and biologists mad. Various theories
attempting to explain the phenomenon exist, all of
them pointing to a highly specialized development
of the bird's brain.

上昇する放射能汚染に耐え、うまく異常地帯を避けてZoneを生き延びた唯一の鳥類である。
軍のパイロットは重力異常を感知するために複雑な機器を頼らねばならないが、カラスは --それは鳥類学者と生物学者を悩ませる自然の神秘であるが-- 自らの感覚によってそれを感知するようである。
この神秘の現象を説明しようとするさまざまな説が存在するが、それらは全てカラスの高度に発達した脳に言及している。

<ゲーム上の特徴>
空に群れているカラス。地上に降りてくることはなく、プレイヤーには害も益もない環境エフェクトのようなもの。


Boar


#ref error :ご指定のページがありません。ページ名を確認して再度指定してください。
A massive, mutated animal, reaching 1.5 meters at
the shoulder. The Zone boar's aggressiveness and
ability to survive surpass by far those of its
relatives outside the contaminated area. Radiation
and anomalies left their mark on the physical
appearance of the animal as well": its fur is entirely
gone in some places, and long and bristly in
others. The hooves have evolved into sturdy, sharp
claws, the pupils became colorless, and the boar's
bald head is marred by pigmentation disorders and
deep wrinkles. Zone boars are quite resistant to
radiation and can stay in heavily contaminated
areas for longer periods of time. They usually
charge at their victims, trying to knock them over
and then rip them to shreds.

大型で、肩までが1.5メートルに達する突然変異種。
Zoneのイノシシの凶暴性や生存能力は、汚染地域外の豚に比して遥かに上回るものである。
放射能と異常現象によって、能力だけでなく外見にも特徴が現れている。
すなわち、ある部分では毛が全く抜け落ちていたり、ある部分では長い剛毛であったりするのだ。
蹄は頑丈に、鋭くなり、瞳は色を失い、無毛の頭は色素異常と深いしわによって傷ついている。
Zoneのイノシシは放射能にかなり抵抗力があり、より長く、汚染の激しい地域にとどまることが可能である。
通常は犠牲者に向かって突進し、引き倒して肉片へと引き裂いてしまう。

<ゲーム上の特徴>
狂暴化した猪。でかい頭を向けて突進してくるので、ヘッドショットが狙いやすい。足も遅め。
頭に当てればPm+9.18でも数発で倒せる。
Dog系とは敵対関係にあり、野原で争う姿が見られる。


Blind dog


#ref error :ご指定のページがありません。ページ名を確認して再度指定してください。
Several generations of the dog species have lived
and died since the catastrophe. Each was more
affected by the Zone than the previous one. Rapid
mutation lead to a vast improvement in previously
peripheral abilities, frequently at the expense of
primary ones. The most notable biological change
was the loss of sight, paired with an uncanny
development of smell. As it turned out, blind cubs
survived in the Zone as well as normal ones, if not
better. As a result, the common dog quickly
became extinct in the Zone, giving way to a new
breed - that of blind dogs. The animals
instinctively identify and avoid anomalies, radiation,
and other invisible dangers that plague the Zone.
Like their wild ancestors - the wolves - blind dogs
hunt in packs. An encounter with a large group of
these animals can be dangerous even to an
experiences and well-armed stalker.

カタストロフィー以来、さまざまな種が数世代にわたって生まれては死んでいる。
世代が交代する度に、前の世代よりもよりZoneに影響された種が生まれるようになった。
急速な変異は、犬であった時代には主要だった能力を犠牲にして、その他補助的な能力の方を大幅に進歩させた。
その最たるものは抜群の嗅覚と引き換えになった視力の喪失であった。
結局のところ、盲目の犬は普通の犬と同じく、またはより長く生き延びたのである。
結果として、Zoneにおいて普通の犬は急速に消え、新たにblind dogが繁殖することとなったのである。
動物たちはZoneに蔓延る異常現象や放射能、その他見えない危険を本能的に察知し、避けている。
彼らの野生の先祖(オオカミ)と同じように、blind dogは群れを成して獲物を追う。
経験豊富で武装も十分なストーカーですら、blind dogの大群に遭遇すれば危険なこともある。

<ゲーム上の特徴>
盲目の野犬。体色は数パターンあるが性質はどれも同じ。接近して噛み付きを狙ってくる。
Boarに比べると身体が小さくて足が速いため、こちらの方が多少厄介。群れの数も多め。
Boar、Fleshとは敵対関係にある。


Flesh


#ref error :ご指定のページがありません。ページ名を確認して再度指定してください。
Like most other living creatures in the Zone, the
domestic pig also underwent serious biological
changes since the day of the catastrophe. It seems
the genes responsible for metabolism were
especially affected in this case. Mutant pigs, known
simply as Flesh among the stalkers, are one of the
most vivid examples of the Zone's disastrous
perversion of nature. Mutant pigs developed a
protective layer of scales and exoskeletal plates.
Their regeneration potential increased several times,
as did the complexity of their nervous system. Just
like a normal pig, a Flesh is an omnivore and may
attack a stalker if hungry.

その他多くのZoneの生物と同じように、カタストロフィーの日以来、家畜である豚も深刻な生物学的変化を被った。
この場合、特に新陳代謝を司る遺伝子が影響を受けたように思われる。
単にFleshとしてストーカーの間で知られている変異豚は、Zoneの自然の破滅的歪みの最も生々しい例の一つである。
変異豚は自らを保護するための鱗と外骨格骨盤の層を発達させた。
何回かに渡って、神経系の複雑さが増していくと共に、再生能力が向上していった。
ちょうど普通の豚と同じく、Fleshも雑食なので、空腹であればストーカーを攻撃することもあるかもしれない。

<ゲーム上の特徴>
異形の豚。変異した顔面は歪んだ人面のようにも見える。
好戦的ではなく、襲ってくることは滅多にない。耐久力が高く、撃つと逃げる性質上ヘッドショットも狙いづらいため、狩る場合は意外に弾を食う。
Dog系とは敵対しており、よく襲われている。


Bloodsucker


#ref error :ご指定のファイルが見つかりません。ファイル名を確認して、再度指定してください。 (bloodsucker.jpg)
Experienced stalkers describe this semi-legendary beast as a tall, hunched humanoid with a mess of tentacles where its mouth should be. According to those who saw it and lived to tell the tale, the creature uses its tentacles to cling to the victim's throat, paralyze it, and suck it dry of blood. A dry, mummified shell is all that's left of what used to be a living human being. The most astounding feature of the bloodsucker, however, is its ability to become invisible. Countless dead or missing stalkers are said to have perished in the merciless grip of a bloodsucker. The lucky few who have survived an encounter tell spine-chilling tales of marshes and subterranean areas haunted by the Zone's version of Count Dracula.
Experienced stalkers describe this semi-legendary beast as a tall, hunched humanoid with a mess of tentacles where its mouth should be. According to those who saw it and lived to tell the tale, the creature uses its tentacles to cling to the victim's throat, paralyze it, and suck it dry of blood. A dry, mummified shell is all that's left of what used to be a living human being. The most astounding feature of the bloodsucker, however, is its ability to become invisible. Countless dead or missing stalkers are said to have perished in the merciless grip of a bloodsucker. The lucky few who have survived an encounter tell spine-chilling tales of marshes and subterranean areas haunted by the Zone's version of Count Dracula.

経験豊富なストーカーは、この半伝説的な獣を、人型で、背が高く、背が曲がっており、口のあるべき場所に触手を広げている化け物だと説明している。
それを見て、生還した人々の語るところによると、Bloodsuckerは触手を犠牲者の喉に絡みつかせ、麻痺させて、その血が無くなるまで吸うのだという。
乾いて、ミイラ化している亡骸は、かつて人間であったものの成れの果てである。
しかしながら、blood suckerの最も驚くべき特徴は不可視になる能力である。
数限りない死亡した、もしくは行方不明のストーカーは、残酷にもblood suckerに裂き殺されたのだと言われている。
遭遇しながら幸運にも生き延びたごく少数人がZone版ドラキュラ伯爵の出没する恐ろしい湿地や地下通路の話を語り継ぐのである。

<ゲーム上の特徴>
人間がベースらしい二足歩行のクリーチャー。透明化(人型に空間が歪んで見える)して接近し、爪で攻撃してくる。
耐久力が高いため、やや狙いづらいがヘッドショットを心がけたい。
遠距離攻撃を持たないため、接近を阻める段差などがあれば楽に戦える。
なお、説明文にある麻痺攻撃などは持たない模様。


Poltergeist


#ref error :ご指定のファイルが見つかりません。ファイル名を確認して、再度指定してください。 (poltergeist.jpg)
Supernatural in the eyes of some, invisible creatures haunting the deeper reaches of the Zone, usually haunting old, abandoned buildings. Nothing is known about their origin, although rumors in circulation claim they are spirits of stalkers hit by a massive wave of radiation. Their mysterious appearances and disappearances seem to correspond to the poltergeist legend, hence the name. Known encounters with poltergeists are quite diverse in fact: from mischievous laughter and blood-chilling howling, to deadly fireballs appearing out of nowhere. Unfortunately, all information about the poltergeist phenomenon originates from unclear and contradictory stories of questionable validity.

とある観点から見ると超常現象で、Zoneの奥地に出没する目に見えない生命体、通常古い廃墟等に出没する。
彼らの起源種については何も知られていなく、噂によると多大な放射能を浴びてしまったSTALKERの霊だといわれている。
彼らの現れたり消えたりする不思議な行動はポルターガイスト伝説の名に相応しいように思える。
彼らとの遭遇として知られている例としては、悪戯な笑い声や血も凍るような恐ろしい叫び声からどこにでも現れる危険な火の玉まで実に様々である。
残念ながらポルターガイスト現象に関するすべての情報は疑わしく、不明瞭で矛盾した話が元になっている。

<ゲーム上の特徴>
作中でも際立って異様な、超常現象を操るクリーチャー。出現場所からすると人為的に産み出されたものとも考えられる。
倒すまでは、帯電(または帯炎)した空間の揺らぎのような姿で宙を移動する。本体は移動するだけで接触してもダメージは受けないが、木箱などの設置物を浮き上がらせ、ぶつけて攻撃してくる。本体が離れた場所にいてもこの攻撃は可能で、探し出して倒すまで止まない。
実体がないかのような外見だが、撃つとダメージが入り、倒すと下半身のない無毛の猿のようなグロテスクな正体を現す。


Pseudodog


#ref error :ご指定のファイルが見つかりません。ファイル名を確認して、再度指定してください。 (pseudodog.jpg)
Despite the name, the pseudodogs evolved directly from wolves. The animals inhabiting the forests at the time of the catastrophe gave rise to one of the Zone's most dangerous mutant species. Pseudodogs are about as different from mutant dogs as wild wolves differ from poodles. The creatures mark and guard their territory carefully, attacking anyone stupid enough to venture onto their land on sight. Lightning-fast reflexes, uncanny dexterity and razor-sharp teeth make the pseudodog a formidable enemy for large mutants and well-armed stalkers.

Dogの名にもかかわらず、pseudodog(pseudo-偽りの、にせの)はオオカミから直接進化した。
大災害時に森林に住んでいた狼たちは、Zoneで最も危険な変異種の元となった。
Pseudodogと(変異種としての)Dogの間には、野生の狼とプードルほどの開きがある。
この生物は、自身のテリトリーを注意深く監視して守り、それを侵す愚か者は何者であろうと攻撃する。
その電光のような反射能力、異常なまでの敏捷さ、そして剃刀のような牙は、Pseudodogを大型生物や武装したSTALKERに対しても脅威たらしめている。

<ゲーム上の特徴>
変異した狼。顔は扁平になり、歯を剥き出した人面のようにも見える。
Dogの群れに紛れていることも多いが、中距離から一気に飛び掛かる攻撃を持ち、より危険。飛び掛かりは、突っ込んできたら左右に移動することで避けられる。
Boar、Fleshとは敵対している。


Pseudogiant


The pseudogiant resembles a massive, drop-shaped abdomen with a pair of disproportionately large limbs. The limbs are arms and legs at the same time. The creature uses them to move around and grab its victims. An adult pseudogiant can weigh up to two tons and stand 2 meters tall. Their clumsy appearance might be deceiving, since they can move very rapidly if needed. Their muscles are exceptionally powerful and their bones are as hard as steel. The creature's brain is protected by a sturdy (up to 10 centimeters thick) skull, while many complex functions are controlled by the spinal medulla. Another astonishing feature of the beast is its ability to create local shock waves, which damage all living things in the vicinity.

Pseudogiantは不釣合いな手足を備え、大きく下にたるんだ腹に似ている。
その手足は腕であると同時に脚でもある。
この生物はこれを移動や犠牲者達を捕縛するのに使用する。
成体のPseudogiantは全長2m、重さ2トンにもなる。
不恰好な姿に誤魔化されているかもしれないが、彼らは必要とあらば急激な運動も可能である。
彼らの筋肉は桁外れに強力であり、骨格は鋼鉄と同じぐらい強固である。
この生物の脳味噌は強固な(厚さ最大10cmにもなる)頭蓋骨によって保護される一方で、多くの複合的な機能は背骨にある脊髄によって統制されている。
その他にこの生物の驚くべき特徴としては衝撃波を起こす能力があり、その衝撃波は周りのすべての生物にダメージを与える。

<ゲーム上の特徴>
巨大な肉塊に顔と4本の腕を付けたようなクリーチャー。多少離れていても、地面を伝わる衝撃波を起こしてダメージを与えてくる。
耐久力が高く、まともに戦うとダメージは必至だが、巨体が通過できない地形などを利用して接近を阻むこともできる。


Snork


#ref error :ご指定のファイルが見つかりません。ファイル名を確認して、再度指定してください。 (snork.jpg)
It seems these creatures were human at some point, though it is difficult to imagine what conditions could turn a human being into such disgusting beast. Snorks are insane creatures leading a beast's life and differing little from other carnivorous monsters in the Zone. They move on all fours in long jumps, constantly sniffing the ground in hope of picking up the scent of prey. They hunt carefully, in a calculated manner, frequently setting up ambushes. Thanks to its uncanny reflexes and powerful muscles, the snork can approach the victim, pin it down in one long, accurate jump, and tear it to shreds in a matter of seconds. Strips of army uniforms and other clothing are occasionally found on their bodies. It stands to reason that they are all that's left of missing military stalkers.

どのような状況が人間をこんな不快な獣に変えるのかは想像し難いが、幾ばくかの点においてこれらの生物が元は人間であったと考えられる。
SnorkはZONE内の他の肉食生物とほとんど変わらない獣の生活を送る狂気の生命体である。
Snorkは獲物の匂いを嗅ぎ付けるために常に四足歩行で跳ね回り、計算された手法を使って待ち伏せを頻繁にするという慎重な狩人である。
異様なほどの反射神経と強靭な筋肉によってSnorkは犠牲者に接近し、正確な長距離飛躍で捕らえ、瞬時にバラバラに切り裂くことを可能としている。
時折軍服その他を見ることができる事から、この生物が皆行方不明になったMilitary Stalkerであることが十分に考えられる。

<ゲーム上の特徴>
ほぼ人の姿を残したクリーチャー。軍服やガスマスクを身に着けているが、理性は失われており、獣同然に四足で襲ってくる。マスクの下には原型のままの顔が半ば見えているが、頸椎が露出しているなど、明らかに人の肉体ではなくなっている様子。
中距離に位置すると飛び掛かってくるが、Pseudodog同様、左右移動で避けられる。引き付けてヘッドショットを狙う場合は、攻撃動作(アリキック)のせいで頭の位置が頻繁に動くので慣れが必要。
Dogなどとは敵対しておらず、群れに混じっていることも多い。


Rodent


#ref error :ご指定のファイルが見つかりません。ファイル名を確認して、再度指定してください。 (rodent.jpg)
In fact these animals are not related to jerboas, although there is a distinct resemblance. Attempts at determining the exact species from which this rodent evolved have so far been unsuccessful, although its ancestor must have been a gregarious rodent. Reaching up to 40cm at the shoulder, the animal is far more dexterous, aggressive and ravenous than its desert cousin. Mutant rodents live mainly in basements of destroyed buildings, feeding on everything they can get their teeth in, from plants to careless stalkers. Occasionally a pack of rodents will attack and kill large animals and mutants, tearing them apart before they can escape.

明確な類似点があるものの、実際のところこの動物はトビネズミの一種ではない。
群生するタイプのネズミであったことは間違いないのだが、このネズミが進化した元の正確な種を決定しようとする試みは全てが失敗に終わっている。
肩までで最大40cmに達し、この動物はDesertCousin(イスラエル付近に生息するねずみの一種と思われる)より遥かに器用で、攻撃的、そして貪欲である。
突然変異種のこのネズミは主に崩壊した建築物の中に生息し、植物からマヌケなSTALKERまで、その前歯で得ることのできる全てを食料とする。
時折このネズミの群れは大型動物やミュータントを逃げられる前に襲撃・殺害し、バラバラにしてしまうだろう。

<ゲーム上の特徴>
変異した大型の鼠。体格は骨ばったものに変化している。群れで出現する。
身体が小さい分やや狙いづらいが、Dogと同じく接近して攻撃してくるだけの敵なので、囲まれないようにすればさほど脅威ではない。
出現場所が限られており、サイドミッションや探索をしなければ出くわす機会は少ない。


Zombie


#ref error :ご指定のファイルが見つかりません。ファイル名を確認して、再度指定してください。 (zombie.jpg)

The Brain Scorcher strips its victim of mind and reason, leaving only an empty, mindless shell. The brainless bodies then turn into zombies, following only the most basic instincts, wandering aimlessly around the Zone without weapons or clothing. Zombies are little more than sluggish walking corpses, caring only about food and sleep. They eat and drink just about anything they can get their claws on, hence they are virtually soaked in radiation and toxic waste. Usually they roam the Zone without any apparent purpose or just lie corpse-like in abandoned buildings. However, as soon as they sense the presence of a human being, they attack immediately. Experienced stalkers have learned to avoid them if they can.

思考のかけらも無いからっぽな外側だけを残して、BrainScorcherはその犠牲者達から思考力と正気を奪い取る。
そして知能を失ってしまった体は武器や防護服を装備せず、最も基本的な本能のみに従ってZone内を意味無くうろつくゾンビへと変化してしまう。
ゾンビはただ寝ることと食うことだけを考え、のろのろと歩き回るだけの死体である。
彼らは自分達の手でつかめるものなら何でも食い、それが故に体が有害性廃棄物と放射能に汚染されてしまっている。
普段の彼らは明確な目的を持たずにZone内をうろついているか、廃墟の中で死体のように寝ているのだが、人間の存在を察知するや否や即座に攻撃を仕掛けてくる。
経験を積んだSTALKERらは、できることならばゾンビは避けるということを学んでいる。

<ゲーム上の特徴>
思考力を失った人間。外見は変化していないが、武器を構えずにぶら下げ、よろめくように歩く。各勢力のゾンビが存在する。
こちらを感知すると攻撃してくるが、動きが鈍く、遮蔽物もあまり利用しないので、まともな人間よりは楽な相手。
なお、グレネードを投げると急に機敏になり、Zombie化していない人間同様の猛ダッシュで逃げる。Zombie専用の挙動が用意されていないためらしいが、一見の価値あり。


  • bloodsuckerを修正 -- &new{2009-07-12 (日) 20:00:31};
  • 念のため通称を。さっちゃん=Bloodsucker、人面犬=Pseudodog、ジーパン=Controller、グロ肉=Pseudogiant -- &new{2010-04-06 (火) 00:31:27};
  • <ゲーム上の特徴>を追記。レイアウトも崩れがひどかったので、行頭半角空けをすべて削除してみた。 -- 名無しさん (2013-11-20 19:07:37)
名前:
コメント:
最終更新:2014年07月10日 22:59
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。