History of the Zone

PDAの内容とか
当然の事ながらネタばれ注意!


History of the Zone


2008 April 12, 14:33


#ref error :ご指定のページがありません。ページ名を確認して再度指定してください。
The contaminated zone was aglow with the
brightest of lights, almost unbearable to the human
eye. You could virtually see the clouds in the sky
turning into vapor. After a moment of dead silence off
there came rattling thunder, and then the earth
shook. People fell to the ground, screwing up their
eyes and covering their ears. Those who could still
stand ran for their lives. It looked as though all
the nuclear fuel buried under the Sarcophagus had
suddenly exploded. The next day the army cordoned
off the new Zone. The satellites helped to establish
that the epicenter of the explosion was not actually
in the vicinity of the NPP reactors, but about half
a kilometer away. It is believed that the personnel
of the station died at once, though many people
still remained within the cordoned area. The rescue
operation soon proved a pointless endeavor, as all
the people and machinery sent deep into the area
would die or malfunction immediately. A little
while after the disaster, the Zone diameter hopped
out by a few more kilometers. Most of the
government troops guarding the border line and
the research teams stationed there perished
instantly. Panic stricken, people took to flight. The
residents of nearby towns and villages were hastily
evacuated. An enormous danger is looming over
the world and we can only guess what its fullimpact may be.
注*機械翻訳どなたかあとで編集してください。←一部残ってるけどやったぜ!←やっときました

汚染地域は人間の目にはほとんど耐えられない明るさで赤く輝いた。 
雲が上空で水蒸気に変化するのが観測できた。
そこでの一瞬の死んだような静寂ののちに雷鳴が響き始め、大地は揺れ動いた。
人々は目を細め、耳をふさいで大地に倒れ伏した。
まだ立っていられた人々は助かるために逃げ出した。
まるで石棺に埋蔵された核燃料が突如爆発したかのようだった。
その翌日、軍は新しくできたZoneを封鎖した。
衛星によって、爆心地は実際には原子炉近辺ではなく、
約500メートル離れた場所であることがわかった。
施設職員は一度に死亡したと信じられていたが、
多くの人々がなおも封鎖地域に取り残されていた。
そのエリア深くに派遣された全ての人員や機械は即座に死亡するか、
もしくは機能不全に陥り、救出作戦は無意味な試みであることを明らかにした。
災害の少し後、Zoneの直径は2,3km拡大した。境界線を守備していた政府の軍隊と、
そこに配置されていた調査隊は即座に死亡した。
パニックが広がり、人々は逃げ出した。隣接町村の住民達は急いで避難した。
巨大な危機が世界中を包んでいき、
我々にはその全ての影響力がどのようなものであるかを推測することしかできない。


Year 2010



Two years have passed since the disaster in the contaminated zone around Chernobyl NPP. Skyrocketing deathtoll, countless people missing, dead cattle, decaying buildings, maimed forests... Until this day scientists have no explanation as to what exactly happened in Chernobyl. Meanwhile, some inconceivable anomalies were discovered in the area, and the Zone keeps expanding. Rare expeditions encounter mutated species of animals exhibiting unbelievable abilities.
注*機械翻訳どなたかあとで編集してください。
チェルノブイリNPP周辺の汚染地域に於ける災害から2年が経過した。
急上昇し続ける死亡者数、数え切れない程の行方不明者、死んだ家畜、朽ちてゆく建物、
傷ついた森林・・・。チェルノブイリで起こったことに対して、今日まで科学者
達は正確な説明を付けられていない。一方で、いくつかの想像もつかないようなanomalyが
その地域で発見され、また、Zoneは拡大し続けている。調査隊は、稀に、驚くべき
能力を見せる動物達の変異種と遭遇した。

Year 2011



Following in the tracks of those foolhardy loners who call themselves the stalkers, research expeditions are once again embarking on an in-depth study of the Zone. However, the perimeter guarded by the army has other, dangerous inhabitants now - from common poachers to the worst bandit scum. Most of the stalkers roam the Zone in search of anomalies and the so-called artifacts for which they gain quite a profit.
注*機械翻訳どなたかあとで編集してください。←やったぜ!
自らをstalkerと称する向こう見ずな一匹狼達のあとを追い、調査遠征隊は今一度Zoneの
綿密な研究に乗り出している。しかし、軍により守られた地域には、今や他の危険な住人
達-ありふれた侵入者から最低最悪の山賊まで-がいる。
Stalker達の大部分は、anomalyや、多くの富を生み出すいわゆるartifactを求めてZoneを
徘徊している。

Army raid into the Zone, 2011


#ref error :ご指定のページがありません。ページ名を確認して再度指定してください。
The army, including special forces headed by paramilitary stalker detachments, launched a massive raid deep into the Zone.
Their objective was to break through to the Chernobyl NPP and wipe out the cause of anomalous fields or at least obtain first-hand information on the current state of affairs.
This endeavor, involving over a complete failure.
Isolated groups of survivors were forced to settle within the Zone with slender hopes of rescue.

準軍事的なストーカー部隊によって率いられた特殊部隊を含む軍隊は、ゾーン深部に大規模な侵入を開始した。
彼らの目的は、チェルノブイリ原子力発電所を突破し、異常現象地帯の原因を取り除くこと、
または少なくとも現在の事態の状況に関する情報を直接得ることだった。
この試みは、完全な失敗に終わった。
孤立した生存者たちは、救出される僅かな希望を持ってゾーン内に留まらざるをえなかった。


最終更新:2018年08月14日 09:21
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。