クイックシルバー(Quicksilver) / ピエトロ・マキシモフ Pietro Maximoff

(キャラクター名、マーベル)

初出:Uncanny X-MEN#4(1964年3月)
種族:ミュータント
所属:ブラザーフッド・オブ・イビル・ミュータンツアベンジャーズなど

能力

超高速で行動する。
当初は音速で走るレベルだったが、後にマッハ5と記述されたこともある。

概要

クイックシルバーはミュータントのキャラクター。
マグニートーの実の息子で、スカーレットウィッチ(ワンダ・マキシモフ)の双子の弟。
(最近の展開によりマグニートーとの血縁は否定されたが、今後どうなるかは不明)

マーグニートー率いるブラザーフッド・オブ・イビル・ミュータンツのメンバーとして初登場した。
しかし、この当時から人類を憎んでいながらもマグニートーやそのイデオロギーに心酔していたわけではなく、姉のワンダを守るため一緒にメンバーになっただけだった。
その姉とてマグニートーの考え方には同調しておらず、ミュータント能力を魔女の力と看做す暴徒から救われたために、マグニートーに恩義を感じていただけだった。

やがて二人してチームを抜け、アベンジャーズの一員となる。

現在はアベンジャーズアカデミーで教師をしている。
何度も善と悪を行ったり来たりしながら精神を病み、最終的に彼が学んだことは「世界一速い男でも人生は近道できない」ことらしい。
(Avengers Academy#2,2010年7月)

(Uncanny X-MEN#4,1964年3月)
初登場時のクイックシルバー

実写映画

実写映画では2014年の"X-MEN:フューチャー&パスト"に登場。エヴァン・ピーターズが演じた。マグニートとの血縁関係は名言されてはいないが、親子だと仄めかすセリフもある。
またマーベル・シネマティク・ユニバースでは2014年の"キャプテン・アメリカ/ウィンター・ソルジャー"のエンドロールに挿入される場面に登場。アーロン・テイラー=ジョンソンが演じた。
2015年公開の"Avengers: Age of Ultron"で正式キャストとして登場。
マーベル・シネマティック・ユニバースではミュータントという設定、及びX-MENやマグニートとの関係はないものとなっている。





添付ファイル