スパイダーマン(Spider-Man) / マイルズ・モラレス(Miles Morales)

(キャラクター名、マーベル)

初出:Ultimate Fallout #4(2011年8月)
種族:後天的に能力を得た人間

(Ultimate Comics Spider-Man#1,2011年8月)

概要

アルティメット・ユニバースの二代目スパイダーマン

"Ultimate Fallout"(2011年)を経て死亡したピーター・パーカーに変わり、アフリカ系とヒスパニック系のハーフの少年マイルズ・モラレスがスパイダーマンになった。
初の黒人スパイダーマンとしてロイターなどで報道されるほど話題となったが、正確にはヒスパニック系移民の子である。

経歴

元は平凡な少年。
マイルズの叔父はオズボーン・インダストリーに盗みに入り、偶然に遺伝子操作された蜘蛛を連れて来てしまう。
マイルズは叔父のアパートを訪れて蜘蛛に噛まれ、スパイダーマンの能力を得た。
最初はヒーローになることに否定的だったが、ピーター・パーカーが死亡する瞬間に居合せ、「自分が能力を使っていればスパイダーマンを救えた」と思い悩む。
ピーターの葬式でグウェン・ステイシーにピーターは何故ヒーローになったのかを質問し、ピーターが叔父ベン・パーカーの死に責任を感じていたことを知る。
そして「大いなる力には大いなる責任が伴う」という言葉を受け継ぎ、マイルズはヒーローになることを決意するのだった。

その後、S.H.I.E.L.D.から脱走しようとしたエレクトロを倒し、ニック・フューリーから新たなコスチュームを贈られた。
かくしてマイルズ・モラレスは正式にスパイダーマンを受け継ぐことになった。
さらにメイおばさんからピーターのウェブシューターとウェブの化学式を贈られた。

(Ultimate Comics Spider-Man#1,2011年8月)
蜘蛛に噛まれたマイルズ少年

"Secret Wars"以後

インカージョンによってEarth-616とEarth-1610が衝突したとき、脱出船に巻き込まれて記憶を失わずBattle Worldへ。
さらに"Secret Wars"が終わり世界が再構成された後もEarth-616に留まり、ヒーロー活動を続けている。

コミック以外での活躍

アニメ「マーベル スパイダーマン」ではマイルス・モラレスとしてピーターのサイドキックを務める。

映画「SPIDER-MAN: INTO THE SPIDER-VERSE」では主人公となり、中年のピーター、グヴェンとともに能力を磨くシーンが描かれる。

能力

マイルズはピーター・パーカーのスパイダーマンと同じ能力に加え、新たな能力を持っている。
体を透明にする。
【ヴェノム・ストライク】触れた相手を麻痺させる
【ウェブ・シューター】ピーターが作ったもの。クモの糸を飛ばす




アメコミ@wiki
添付ファイル