機甲整備機構ギア・アッシーズ > 巳年後鉄次

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

■巳年後 安次

名前 巳年後 安次(みねんご やすじ)
通称 やっさん・兄貴・親父さん
性別
所属 GAS

■キャラクター概要

あんたぁ、自分の機体愛しとるんか?あ?愛しとるんかと聞いとるんじゃ!!こたえぃっ!!
鉄、その辺にせぇ……あんたぁ、わかっとるやろ?けじめつけななぁ……カッカッカ
叔父貴の留守はうちらが守らんといかん。GASの外も仁義なき戦いが続いとる今、協力していく事が重要やとおもっとぉ。協力してくれんかね


GAS全体の整備長及び最高責任者代理者。50代後半の所謂強面の顔に白髪混じりのアッシュグレーの髪をやや七三状にまとめている。その昔様々な機械の整備工として転々として渡っているところ、ヤニスに腕を買われ今に至る。様々な方言が混じったような独特の訛り方は方々を渡り歩いていた頃の名残である。また、アメノウズメからレメゲトン調整試験体として特別に一体だけ義体を貰いレメゲトン調整をできる整備士の技術向上に一役かってでている。
外見や言動、普段の態度等からマフィアの一種と間違われる事がしばしばあるが、GASやテウルギアを愛し孫娘のアキ技術的成長を喜び、整備を二の次と考えているテウルゴスに整備料をぼったくり、悪質なテウルゴスは整備欠陥を意図的におこさせ事故死に見せかけ死亡したら財産を受け取るだけなので極めて誠実な人間である。
テオーリアとは、レメゲトンとは、を知っている数少ない人物であるがその事については一切話すつもりはない。情報漏洩防止の装置を生ぬるいと感じておりいつ何かある場合情報漏洩対策として自身の腹を裂くべく懐に長ドスを納めている。
分類上テウルゴスなので機体があるのだがガレージに納められており、顔を見せることはほぼない。その機体は「HUGAKU」といい趣味で改造に改造を重ね恐ろしく大きい要塞と化しているとの噂がある

■認証レメゲトン 鉄次(てつじ)


兄貴、そんなことしているとうちのメンツが丸潰れになりますぜ……
兄貴、自分この足がもげるまで一生ついて行きやすっ!!

体格のいい男性の姿をしたレメゲトン。安次よりも強面で常に睨んだような顔をしている。はっきり話さないテウルゴスや整備士には怒鳴って励ましたり近くの物を蹴って激励したり彼なりに気を使っているご様子。安次を何よりも信頼しており常に忠実。アキには姐さんと呼び度々使いっ走りをさせられている時もある。
アメノウズメ工房より同じ姿の義体を提供してもらっており、常に真っ黒のスーツを着用している。悲運なことにアメノウズメ工房から送られてくるスペアの義体が高確率で幼い少女の姿をしており、本義体をメンテナンスに出しているときはひたすらに機嫌が悪い。レメゲトンとしての性能はまずまずのようだがテウルギアを動かす事がほぼ無いので力量が掴めない名前はテウルギアの材料である鉄と安次の名前からとられたものである。