クッキングフェスティバル

名前 クッキングフェスティバル
読み仮名


概要

料理人の聖地クッキングアイランドにあるスタジアムで執り行われる、4年に1度の料理の祭典。
世界料理人ランキング100位内の全料理人が出場する一大イベントで、世界中に生中継されるフェスのテレビ平均視聴率は95%。瞬間最高視聴率は99%にまでなる。
フェスの行われる日は世界中の人がテレビに釘付けになるため、「クッキングホリデー」と呼ばれる祭日となっており、この日は世界中の街から人が消える。

それ故、世界の各テレビ局はその放送権の獲得に社運を賭け、巨額を投じる。
1回30秒のCM放送権料は平均100億円もするが、1日かけて行われるフェスの全CM枠はわずか数分で完売。
決勝時に流れたCMソングが1日で5000万枚売れた、書籍に10億冊の予約が入ったなど様々な伝説があり、経済効果は4000~5000兆円と言われる。

優勝者はスーパーコックと呼ばれ、最高の名誉とともにこの先何十世代に渡っても使いきれないほどの莫大な財を手にできる。

第1回クッキングフェスティバル

200年前に開催。優勝者はジョア
しかし、優勝後に数々の不正が発覚したため取り消しとなり、次点の節乃が繰り上がりで優勝した。

第49回クッキングフェスティバル

4年前に開催。優勝者はザウス

第50回クッキングフェスティバル

四獣事件の数週間後に開催。クッキングスタジアムへの観客動員数は1億人。司会はムナゲ。審査員はG7の7人。
しかし、決勝トーナメントの初戦で美食會が料理人をさらうために乱入し、フェスは中断となった。

  • 予選第1回戦「トライアスロンクッキング」
    • スイム、バイク、ランで彩る食の耐久レース。スイムで得た食材を出前用の自転車で運んで、ランで調理器具を手に入れ、ゴールの調理場で料理をする。
      スイムではライスビーチから750メートル沖にあるたこ焼き島のまわりを往復し、浜に置いてある食材を早い者勝ちで入手する。
      バイクではルートによって難易度が異なり、楽なコースを選べば距離が長く、猛獣のいる険しいコースを選べば近道になる。
      ランでは、途中に自分の調理器具の並んだ給具所がある。
      しかし、時間が経つと給具所は閉められてしまうため、早くゲットしなければ予め用意された一般の調理器具を使わなければならなくなる。
      レース終了後、できた料理のおいしかった上位50人が予選を通過し、残りの50人はここで脱落する。
  • 予選第2回戦「天秤デスクッキング」
    • 料理のスピードを競う競技。巨大な天秤の上で調理する。詳細は不明。
  • 予選第3回戦「一島丸ごとクッキング」
    • 詳細は不明。
  • 決勝トーナメント
    • 予選第2回戦と予選第3回戦で18名が脱落し、決勝トーナメントに勝ち進めるのは32名。決勝はトーナメント方式で行う。
      トーナメント表は以下の通り。
  • 決勝第1回戦「闇料理対決」
    • 四方八方何一つ見えない暗闇の中で、己の嗅覚と直感、そして経験を頼りに点在する食材を見分けて調理する。
      暗闇の中には激マズ食材や特殊調理食材などもあるため、1つのミスが命取りになる。


アニメでの第50回クッキングフェスティバル

原作ではカットされた天秤デスクッキングと一島丸ごとクッキングが詳細に描写された。
また、原作では32名で行われる決勝トーナメントが半分の16名に変更された。
  • 予選第2回戦「天秤デスクッキング」
    • 巨大な天秤の上に同じ食材が吊り合うように乗っており、それらの食材を天秤の上で調理して、観客の中から選んだ人たちに食べてもらう。
      素早く食材を減らして軽くすれば天秤は上に、逆に遅ければ天秤は下がり、下にある炎で炙られてしまう。
      両者が食材を使いきった場合は天秤サドンデスとなり、より早く客に料理を完食してもらったほうが勝利となる。
  • 予選第3回戦「一島丸ごとクッキング」
    • クッキングアイランド近海にある島を一つ選んで、島にある食材を丸ごと料理する。丸ごと料理する必要が有るため、島の食材を食べると失格。
      料理人は観客の中からパートナーとして、一人連れて行くことが可能。
  • 決勝トーナメント


関連項目