シュバイン

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。


基本情報


略歴

ティネゼリア帝国の名門貴族出身の将。普段は冷静な判断を下せるが、長年国境を争っていたメッツ帝国を心底憎み(これは幼少からの親の教育にも問題があったという)、メッツ帝国絡みとなると途端に判断力が硬直する。

1737年5月、ヴァン・フレイ国のルナティスの要請により、メッツ、ティネゼリア連合軍はロヴェリア遠征を実行。これは、ロヴェリアに眠る水晶が目的であり、目の前に置かれた餌があまりにも魅力的だった為、仕方がなく組まれた連合軍であるが、このときもシュバインは連合軍であるメッツ帝国軍に密かに足止めを行っていたという。
ロヴェリア侵攻を終えた後の1738年、ルーン国がフェローラ国という後ろ盾を失ったと知ると、突然の侵略を開始する。

その後六界連合軍によるルーイガルド侵攻作戦がはじまると、ティネゼリア帝国もこれに参戦、ルーイガルド17327年カティアの戦いにおいての大勝から楽勝ムードが高まる中、手柄が分散することを恐れたシュバインは、ビアスコア帝国へ艦隊を先行出陣させる案を出す。この作戦はサルファーエリシアフローラといった主だった軍師が乗り気ではなかったが、手柄を焦るシュバイン達を説得することはできずに実行され、その結果ストリアールの戦いにおいて大敗、ダルスバード艦隊を失う。
シュバインはこの戦いでビアスコア帝国に包囲され捕虜となる。帝国の名門貴族に生まれ、挫折を知らない人生を歩んでいたシュバインは、ここで捕虜としてこれまでにない屈辱を受け人格が崩壊、六界連合軍の情報を売り、ビアスコア帝国に投降し、更に自らの才覚も売りつけて、ビアスコア帝国将軍となる。

ガルーダ攻略戦において、憎きメッツ帝国の将グラシスを討ち取るが、戦いそのものは敗れガルーダは陥落、すると彼女はビアスコア本国には戻らず、そのままシャクティアナ帝国へと走る。

17329年8月、シャクティアナ帝国と六界連合軍の決戦となったエリス・ラゴンの戦いに参戦するが、サヌア傭兵団によって討ち取られた。

人物

  • 左右違う色の瞳をもつオッドアイであった。
  • 帝国の名門貴族で生まれ育ち、選民意識とプライドの塊の様な性格であった、その為、捕虜となったときに受けた屈辱は人格さえ崩壊させるほどの衝撃であったという。

関連項目


最終更新:2011年10月11日 13:29