六界連合軍

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。


概要

六界連合軍とは。ラスブロス討伐のために結成された多国籍(多国星)混成部隊の総称である。
転移ゲートの存在を知ったザールックアーズ国が提唱したものだが、結成当初と実際の出陣時では、その理念は大きく異なっているのが特徴となっている。

アーズ国は、当初ラスブロスは、転移ゲートを利用して、自分達の世界を征服しようとしている者と考えていた。実際はラスブロスにその意思はなく、彼は歴史を見守る者として君臨していたのだが、転移ゲートを使い自分の手の者を送り込んだことは事実であり、アーズ国は長き戦いを終えたばかりであり、そう考えるのは当然の流れであった。

「ラスブロスは、自分達の見えない所から次々と別の将を送り込んでくる」と考えたアーズ国は、転移ゲートを使い他の星も調査、他の星も似た境遇であることを調べ上げ、それらの星と連合軍を組み、こちらからラスブロスを討伐しようと考えた。
しかし、これらの話に乗ったほとんどの国が、遠い地に君臨する帝王から侵略を受けている、などという実感はまったくなく、「遠隔地にて植民地を得ることができる」という、欲求に近い動機であった。

「意図せず」、「結果的に」という単語を付ける必要はあるが、六界連合軍こそが、「侵略軍」になってしまったという皮肉な結果をもたらしてしまうこととなる。

なお、エンブレムには、六界に共通するものとしてデザインに「太陽」が選ばれた。

六界連合軍の経緯


参加を打診された国

連合軍参加国(中核国) 連合軍参加国 中立(親連合軍側)
反連合軍諸国(中核国) 反連合軍諸国 中立(反連合軍側)

アルファ
国名 結果
ヴァン・フレイ アルファにおける六界連合軍打診国。
アリアス ヴァン・フレイ国の属国に近い状態だった為拒否できず軍勢を派遣。
フェローラ
ガライザラ
メッツ帝国 ルーイガルドを植民地にできると考えて参戦、軍勢を派遣。
ティネゼリア帝国
ラ・ディアス帝国
アルビス 一度は議会で否決されるが議案を修正して可決、軍勢を派遣。
シーフィールド 北海連合同盟としてアルビス国の決定に追随。
フェングランド
リヴォル
アディス
バーン
ヴァーグリア 中立だが理解を表明。一部の国は軍勢も派遣。
シーザルス
オルサス
イスタル
ドーク・ドーン
クレアティボ 明確に敵対の意思を表明。
アストリア クレアティボ国に追随。
ノールッチ
ローザ
ウラヌス 敵対に近い中立。
ルーン
ロヴェリア
コスティア
ザールック
アーズ ザールックにおける六界連合軍打診国。
ビーストバリア アーズ国に追随して軍勢を派遣。
フレイミスト
セロナバルス
モルコア アーズ国の属国に近い状態だった為拒否できず軍勢を派遣。
ルーイガルド
サルディーシャ 事前に協力を確約した連合軍の拠点となった国。
トレスト ルーイガルド侵攻作戦開始後に協力した国。
ラドリザン
レイトン
ガーマス

関連項目


最終更新:2011年04月22日 18:13