フローラ

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。


基本情報


略歴

ラ・ディアス帝国の将軍。
智将としてマルキィと同時期に名を上げたが、マルキィがその実力を認められなかったのに対して、彼女は帝国でも頭角を現し、スレイナと共に各地で勲功を上げる。
その功績から、ムストア湾海戦にも主力部隊として参陣するが、この戦いではフェローラ国軍の防衛にあって撤退を余儀なくされる。

ラ・ディアス帝国皇帝ロンディーナは、ガルゾーマシャラダンといった魔王に戦いを挑み完敗を喫したが、その怒りの矛先を弱者に向けるかの様に、1738年にスレイナを総指揮に任命し、南方侵略を繰り返した。この戦いに反対をしつつも、帝国将軍として参戦したフローラだが、南伐で行われたバスティの虐殺が、実はスレイナが現皇帝ロンディーナの評判を落とすために策謀したことと知り、マルキィと共に国外へ脱出する。

共にヴァン・フレイ国へ向かうはずだった二人だが、脱出の混乱からはぐれてしまい、フローラだけがヴァン・フレイ国に無事に到着する。
彼女はこの国に仕官すると、その才能を認められてあっという間に国の中心人物にまで上り詰めた。
戦術家に才能が集中し、戦略に関しては王女ルナティスの独断に近かったヴァン・フレイ国において、フローラの戦略眼は期待されたのだ。

フィヨルドの戦いで、他国から流れてきたフローラが軍師に任命されるという異例の大抜擢を受けるが、この戦いそのものは疲弊したガライザラを一方的に駆逐するものだった為、目立った勲功はない。
その後、アルビス国を経由して、自由傭兵団の一員としてヴァン・フレイ国へやってきたマルキィと再会する。

1741年11月、その後のアルファの実質上の主導権を決める決戦となるリーズライディの戦いに軍師として参戦、この戦いでは総指揮官であるガラが戦死するが、兵士達を動揺させない為、これを隠し通して総指揮官として各部隊に伝令を送り続け、勝利に貢献した。

その後、六界連合軍として未踏の地ルーイガルドへと向かうこととなると、全軍の軍師的存在となる。
ルーイガルド17327年3月、カティアの戦いにおいてローヴァー国を撃ち破り、続いてスパルス国に進軍、圧勝を繰り返して首都にまで肉薄するが、本人は反対であった艦隊を別働隊として派遣する作戦により、ストリアールの戦いにおいてダルスバード艦隊を失う。
これにより戦意喪失した兵士達は、直後のハイネスブルの戦いにおいて、壊滅的敗北を喫する。フローラは、味方の撤退を支援するため、殿軍として戦場に踏みとどまり、ローザ将軍と共に行方不明となった。

このハイネスブルの戦いは、ルーイガルド侵攻作戦においてもっとも凄惨な戦いと呼ばれ、それまで艦隊の力でまるでゲームを楽しむかの様に一方的に侵略してきた六界連合軍に対するスパルス国、ローヴァー国、ベレル国の怒りは凄まじく、戦いの決着がついた後も虐殺に近い掃討戦が行われ、捕虜も全員が身元の判別がつかないほど残酷に殺害された。
その為、フローラの死体が発見された訳ではないが、この戦いにおける全ての未帰還者は「戦死」と断言されている。

人物

  • 温和な性格だが、六界連合軍結成時に再会したクリスアーノに、平手打ちを喰らわせたという一面も見せる。クリスアーノはラ・ディアス帝国でクーデター派であり、彼らのクーデターによりボーンが落命した為である。
  • ハイネスブルの戦い以後、生存説も僅かながら囁かれているが、それらのほとんどが信憑性のない噂レベルのものである。

関連項目


最終更新:2011年04月22日 20:13