女々しくて / -

【めめしくて】

話題のこの曲で、まさかのご本人登場!!眠たくたって、女々しくたって、オトコなんだぜ!

ポップンミュージック20 fantasiaで登場した版権曲。担当キャラクターはロミ夫(16-1P)。
ポップンでは珍しく本人歌唱のオリジナル版。

女々しくて / ゴールデンボンバー
BPM:143
5b-15
N-16
H-26
EX-33
新難易度
EASY NORMAL HYPER EXTRA
5 22 32 39
ハイライト
5Buttons / EASY NORMAL HYPER EXTRA
11 / 0 11 11 11
 ボーカル以外のメンバーは実際に演奏していないというエアーバンドのビジュアルグループ、ゴールデンボンバーが歌うこの曲の読み方は「めめしくて」。前作のミス・パラレルワールドに引き続き、ポップンにおいては珍しくオリジナル版で収録されている。サビのリズムのアクセントに合わせて曲名を何度も繰り返して歌っていたり、パフォーマンス性のあるPVのダンスシーンが印象に残る。他のBEMANI機種でもオリジナル版が入っていることから、BEMANIシリーズでのこの曲に対する力の入れ具合が伺える。
 女々しくて(、と歌う部分)が交互連打になった配置が特徴的なので、歌に合わせて押しやすい譜面。またハイライトゾーンも多く、EP稼ぎにもってこいの1曲でもある。ハイパーはイントロ・アウトロのサックスに合わせた乱打や、Aメロの8分連打、サビ他の左右別フレーズとバランスに富んだ譜面。EXでは例の交互連打が2個同時に強化されている。また8分連打がBメロパートにも追加されており、特にバスドラの左白になっている部分が右手を大きく動かす配置になっていることが多いので、随所で細かい動きが求められる。

ハイライト発生箇所

番号 5Buttons NORMAL HYPER EXTRA
1 「♪辛いよ~」
2 Aメロ直前の2拍
3 「♪~輝いて」
4 「♪~犬のよう」直後の掛け声
5 「♪君といれるなら」直後
6 「♪~もう一度」直後の掛け声
7 上記サビの後の一度目の「女々しくて×2」
8 二度目の「女々しくて×2」
9 三度目の「女々しくて×2」
10 「♪辛いよ~」
11 締めの「ダン」「ダン」「ダダーン」の「ダダーン」

※ハイライトが1つもないEASYは省略。

他のBEMANIシリーズへの収録

ジャケット
#ref error :ご指定のファイルが見つかりません。ファイル名を確認して、再度指定してください。 (??)

jubeat

  • copiousで登場。
    楽曲構成がポップン版とは異なる。

Dance Dance Revolution

  • X3 vs 2ndMIXで登場しており、jubeat版と構成が同じ。
  • 本人出演のムービーが使われ、CHALLENGE譜面はムービーのダンスを再現できる箇所がある。
  • らびーとカップの課題曲に選ばれた。
  • ジャケットはX3では初回盤のものが使われていたが、DDR2013では通常盤のものに変更された。

REFLEC BEAT

  • limelightで登場しており、jubeat版と構成が同じ。

Dance Evolution

  • jubeat版と構成が同じ。
  • ムービーのアクションを忠実再現。

ミライダガッキ

  • 第1作から収録されている版権曲だが、BEMANI機種では唯一のカバー音源となっている。
  • この楽曲をプレイする場合のみ選択できる種類のお面は、契約の関係からか2015/07/07いっぱいを持って削除対象となった。

GUITARFREAKSdrummania

  • GITADORAにおいて、2013/07/10の大型アップデートにより追加。
  • jubeat版他と構成が同じで、DDRと同じく本人出演のムービーが使われている。

DANCERUSH STARDOM

  • 稼働開始してから数日後に、2人以上のプレイでのみプレイ可能な曲として登場。
    jubeat版と構成が同じ。


収録作品

AC版
ポップンミュージック20 fantasiaポップンミュージック eclale

  • 2016/12/05で削除対象となった。

CS版

関連リンク

版権曲

楽曲一覧/ポップンミュージック20 fantasia