ショウワカヨウ / SHOWA KAYO

【ショウワカヨウ】

ノスタルジーだけでは語れない。時代を超えた情念ソング。

ポップンミュージック7で登場した楽曲。担当キャラクターはムラサキ

林檎と蜂蜜 / 亜熱帯マジ-SKA爆弾 feat.MAKI
BPM:142-210
5b-15
N-【9】23 ⇒ 【10】22
H-32
EX-×
新難易度
EASY NORMAL HYPER EXTRA
8→【エクラル途中】19 28 38 ×
 この曲がMAKIの人気を支えたといってもおかしくはないだろう。亜熱帯マジ-SKA爆弾のポップンでの代表作ともいえる昭和シリーズ第1作。この曲の特徴は新宿系自作自演ではなく、この時期ブレイクしているといわれるキャバレーソング系というものらしい。このバンドの特性である生の音が生かされ、ブラス音が昭和時代を印象付けるようなイメージがする。
 BPMがとにかく速い上独特なリズムであったこともあり、ポップン7では選曲画面のBPM表示(黄色く142表示だったはず)に騙されてメインが210であることを知らずに罠にかかった人は数知れないだろう。(元々速いスクロールに対応できるなら話は別だが。)基本は12分でンタ、タ、タ、タのリズムが基本。ハイパーは左でリズムを取りながら右側で短い間隔で離れたオブジェを拾う部分(5→9など)があるため、素早い手の動きが重要になる。終盤の3個押しで回復ができるので、中盤の左白をいかに確実拾えるかが勝負。判定こそ甘いもののCOOLになるとハネリズムのために厄介がられる曲の1つだろう。途中でBPMが少し下がる箇所があり、タイミングを崩しやすいから。

他のBEMANIシリーズへの収録

GUITARFREAKSdrummania

  • GF9th・dm8thで移植された。
    ポップンとの違いとして、アウトロがトランペットからギターに変更されている。
  • この曲特有の裏打ちリズムに慣れないと、ドラムではゲージを奪われやすい。

その他関連

  • ギタドラ公式ページの「Musician's Room9」では、変曲リレーにおいてエスケープチームの最終パート「ピアノ協奏曲第86.4番”地球滅亡の日エスケープトゥザスカイマンは私の敵”」でフレーズの一部で使われている。

  • 亜熱帯マジSKA-爆弾の曲
    タイトルは「林檎と蜂蜜」
  • ギタドラでも遊べる曲。
  • 担当キャラは紫。
  • N譜面は逆詐欺。
  • Hは細かい裏打ちのBADハマリに注意。
  • Sunny ParkでEASY譜面が新設された曲では数少ない、5ボタンと全く変わらない譜面となっている。
    この曲特有の裏リズムが掴めないようではBAD量産の羽目になりがち。
    5ボタンではLv15と比較的妥当なのにも拘らず、当時は新Lv8というあからさまなレベル詐称で、初心者は手を出さないのを推奨するほど問題視されていた。
    ラピストリアでは「オススメから選ぶ」フォルダから外れたので、初心者が間違って選ぶ可能性は低くなっていた。
    eclaleでも当初はレベル変更されず、依然問題のLv8となっていたが、2016/03/22のオンラインアップデートで、ようやくレベル変更された。
    Lv8→Lv19と倍以上になり、レベルの上昇した数値としても11段階の上昇はシリーズ最大となる。
    パーフェクト狙いでもハネリズムに加え、同一ボタンを押す箇所でリズムがずれてGOODを出しがちなので、SunnyParkではオプション制限ゆえに、EASY譜面の中では難しい部類だったが、ラピストリアからはオプション制限がなくなった影響で、S-RANDOMを使うと大分マシになった。
    が、アウトロのホーンソロがリズムを掴み辛いのと、ラストにズレ押しが入っているのがネックになるかと。

収録作品

AC版
ポップンミュージック7からの全作品

CS版
ポップンミュージック7

ポップンミュージック12 いろは

ポップンミュージック ポータブル

ロング版収録

pop'n music Vocal Best 4?

関連リンク

-REMIX
ショウワカヨウREMIX

-関連曲
スウィング歌謡
大江戸カヨウ

亜熱帯マジ-SKA爆弾
MAKI

楽曲一覧/ポップンミュージック7