フィーバーロボ / FEVER ROBO

【フィーバーロボ】

フィーバーロボが完成だ!発進だ!合体だ!踊るんだ!すごいぞロボ!!好きよロボ!!!

ポップンミュージック14 FEVER!で登場した楽曲。担当キャラクターはフィーバーロボ
架空上の作品「フィーバー戦士ポップン14」の挿入歌。
店舗対抗イベントフィーバー戦士ポップン14」のイベント隠し曲として登場した。

踊るフィーバーロボ / ダニエル&eimyとよしくん
BPM:160
5b-7
N-25
H-37
EX-42
新難易度
5Buttons NORMAL HYPER EXTRA
× 31 43 48
 今回のイベントでは第1話から6話まで、それぞれ期間内に4曲解禁させることができた場合にこのロボットの製作が入るという、もうひとつのイベントが存在した。そしてそれが、最終話で必要なフラグであったとは誰もが驚いたであろう。そして100%になってロボを完成させるとできるのがこれである。「フィーバー戦士ポップン14」の挿入歌にもなっているこの歌は、スーパー戦隊ではロボットはお約束ということからであろう。「合体だ!」などと言っている通りロボットの主題歌であり、ポップン13から参加したスタッフのダニエルが初めて歌っていて、eimy、Yoshitakaといろは以降の面子揃い。「ミサイル発射!」のボイスが譜面によって異なるという演出がウリ。第2話の時点で出現した店もあり、今回の店舗対抗の期間を予測していた人もいるのではないだろうか。
 ハイパーに関しては、Lv37の譜面にしては珍しく縦連打がメインとなる譜面で体力が要求される。縦連打でミスしやすいので、無駄な体力を使わないようにすることがクリアの近道になるだろう。EXは小階段+縦連打の複合があったりと押しづらい配置が目立つ、体力必須で全体難の譜面。特に同時押し連打はミスをしやすい上にゲージを大きく削られやすいので、その点を考慮すると縦連打が得意ならLv41にも思えるが、回復の少なさを考慮するとLv42相当かもしれない。ただLv42の中では難度が低めという人もいるので、やはり縦連打によって難易度が左右される譜面だと思われる。
 近年難度基準が変わったバトル譜面だが、登場時のポップン14においてこの曲ではN・H共に全てのオブジェをGREATで叩いても10万点にはならないという奇妙な現象が発生する。本来ならNのノーツは352でHは467になるが、実際のプレイではオブジェがNでは4つ、Hでは6つ欠けている。プログラミング上のミスでもあったのだろうか。

他のBEMANIシリーズへの収録

REFLEC BEAT

  • groovin'!! Upperにおいて、「BEMANI MUSIC FOCUS」第9回の1曲として2015/06/04より収録された。
    SPECIAL譜面のみ、音源が踊るフィーバーロボ Eu-Robot Mixと同じになりジャケットも変化するという特別な形になっている。
    フィーバーロボREMIXも参照。
    • なお選曲画面では単に「踊るフィーバーロボ」としか表記されていない。

SOUND VOLTEX

  • III(2ndシーズン)において、POLICY BREAKを通して2016/07/14から登場。
    ジャケットはREFLECと同じで、音源(ミサイル発射!のボイス)はポップンのハイパー譜面と同様。
    • VIVID WAVEで2019/09/12から、イベント経由することなくインプットでの解放が可能になった。
      同時にAUTOMATION PARADISEで組み込める1曲としても追加された。

  • ボタンを叩くと出るミサイル発射!は、実はN、H、EXで声が違う
  • フィーバー戦士ポップン14」の1章終了ごとに起こるロボ制作イベントで完成度が100%になるとプレイできる曲
    ちなみに最終話のイベントまでにロボが完成していないと、強制的にロボ作成になり、完成するまで最終話が始まらなかった
  • あくまで解禁後のおまけに過ぎなかったが、ee'MALL解禁か?などの過剰な期待が集まったことにより、ロボ完成で一曲しか解禁しなかったことで期待はずれと思った人も多く、曲自体の評価が下がっている印象がある。

    負けアクションはスマイルとサイバーがTVを見ている絵が登場。

    最速の店舗は第2話で解禁した。
  • HELLコース入りしていない曲でレベル42と言うのは、実はこのフィーバーロボが初めての試みになる
  • 譜面自体はレベル表記を見れば解かると思うが、難易度は高く初心者放置の容赦のない譜面構成になっている
    何せN譜面ですらいきなり16分の連打が出てくるのだから、初心者にはこの譜面構成は正直、拷問に近いかもしれない
    H譜面は16分の連打が2つ同時押しになっている上、Bメロ(サビに入る直前のメロディ)とサビ、間奏に細かい階段が追加、と嫌らしさがさらに倍増している
    さらにその上を行く凶悪な譜面がEXで、16分連打が3つ以上の同時押しになっていて、サイバーガガクEXに同時押しを追加したようなえげつない体力譜面になっている

    しかし曲自体はまさに戦隊ヒーローに出る巨大ロボの合体シーンで流れるようなかっこいい曲なので、是非一度クリアできなくてもいいのでじっくり聞いてみて欲しい
    「合体だ!」や「ミサイル発射!」等の掛け声も熱いぞ(笑)

    補足だが、実はスタッフが曲そのものにも参戦している
    (アーティスト名を見れば解かると思うが)
  • 「でもまあ今後はこういうの程々にしようと思った」と公式コメント(八戸亀生裸)があるように、製作においてはスタッフの内輪ネタが関わっていたことを仄めかしている。
  • 負けアニメに6話で打ち切りって最短記録だねというメッセージがあり、イベントが全6話であることを物語っていた。コメントから判断すると八戸亀生裸=wacで間違いない。サントラはHYPER版(ミサイル発射!=よしくん)で入っている。
    「風が語り掛ける」はモンゴルの曲コメントと同じネタ、ダイナミック大工さん はダイナミックダイクマが元ネタと思われる。
  • 最後、「フィーバーロボ」と言った後ボタンを叩くと色んな人の「合体だ~」や「ミサイル発射~」という声が出るという隠しボタンがあり。
  • BEMANIトップランカー決定戦2008の最終決勝進出者に送られたCDには、この曲の仮バージョンらしい「踊るフィーバーロボ -2006.03.09デモにはこういうふうに仮歌を入れておくんだよver.-」が収録されている。
    何気に歌っているのは八戸亀生裸ことwacなので、「合体だー」の声もwacによるものらしい。
  • CS14特典のVレアサウンドトラック?にはフルバージョンが収録されている。かなりカッコいい

収録作品

AC版
ポップンミュージック14 FEVER!

CS版
ポップンミュージック14 FEVER!

ロング版収録

V-RARE SOUNDTRACK 16?

関連リンク

-REMIX
フィーバーロボREMIX

wac
DJ YOSHITAKA
ダニエル
eimy?

楽曲一覧/ポップンミュージック14 FEVER!