マラサイ

登場作品 機動戦士Zガンダム
機動戦士ガンダムZZ
機動戦士ガンダムUC
型式番号 RMS-108
全高 17.5m
重量 33.1t
所属 ティターンズ
ジオン共和国
ネオ・ジオン
ジオン残党軍
搭乗者 ジェリド・メサ
カクリコン・カークラー
サラ・ザビアロフ
武装 60mmバルカン砲
ビーム・ライフル
ビーム・サーベル
海ヘビ
フェダーイン・ライフル

【設定】

元々はエゥーゴがアナハイムにジムIIの代替機となる機体として発注していたが、ティターンズから「ガンダムMk-II強奪事件」への関与を疑われたため、その追及から逃れるために完成していた一次生産分をティターンズに無償提供し、そこから正式量産に至った。また、エゥーゴの主力機であるネモは元々は本機の支援用として運用される予定だった。
ガンダムMk-IIのムーバブル・フレーム、アクシズから提供されたガンダリウムγを装甲として用いている。

当初はエゥーゴの量産機としてデザインされていたが、「友軍量産機はGM顔、敵軍量産機はモノアイ系で統一しないと、敵味方がわかりにくい」という意見が製作サイド内部から出たため、急遽ティターンズ側の機体に変更された(上記の政治的設定は、この実話を参考にしている)。
初期設定時の名称は「ドミンゴ」。ファンの間ではマラサイの名は「いまさら…」のアナグラムが由来と推測される。

【武装】

60mmバルカン砲

頭部に2門内臓。ジオン系の意匠を持つ機体としては珍しい武装。

ビーム・ライフル

型式番号BR-87A。
ハイザックが装備している物と同型。

ビーム・サーベル

ゲルググのビーム・ナギナタの発展型。
シールド裏門に2本収納されている。

海ヘビ

ハンブラビにも装備されている物と同型で、先端部をワイヤーで射出し、捕らえた敵機に電撃を流し込む兵装。

フェダーイン・ライフル

ハンブラビやガブスレイにも装備されている長銃身のビーム・ライフル。
ライフル後部からビーム・サーベルを発生させることで槍のように使用することが可能。

【原作での活躍】

ティターンズだけでなく、ジオン共和国も運用。第一次ネオ・ジオン抗争時にはハマーン・カーン率いるネオ・ジオン軍にも流出。ラプラス紛争時、地上のジオン残党軍の機体として2機が連邦軍トリントン湾岸基地襲撃作戦に参加しているのが確認されている。


【搭乗者】

カクリコン・カクーラー

CV:戸谷公次/斉藤次郎(代役)

ティターンズに所属するパイロットでジェリド・メサの同僚。階級は中尉。確かな実力を持っておりガンダムMk-II2番機のテストパイロットを務めていたが、グリーン・ノアでカミーユの乗るガンダムMk-II3番機に不意を突かれ機体を強奪されてしまう。これを機にジェリドと共にアーガマの追撃に赴くことになった。
ジェリドにとっては良きライバルであり、カクリコンもまた彼の実力を高く評価しており、アーガマとの戦闘でも彼と組んで2機で1機に見せるという巧みな連係を見せた。
エゥーゴのジャブロー降下作戦の阻止のためにマラサイで出撃、大気圏突入時にカミーユを襲撃するが、オートで開いたバリュートがガンダムMk-IIのフライング・アーマーに接触し引き裂かれてしまい、恋人の名を叫びながら乗機と共に燃え尽きてしまった。ライラや彼の死はジェリドに仇討ちを決意させるものとなり、よりカミーユへの憎しみを大きくすることになった。

漫画「機動戦士Ζガンダム Define」では彼の最期は上記とは異なっており、TV版や劇場版でのフランクリン・ビダンと同じようにリック・ディアスを強奪するが、撃墜されて戦死する。
更にここでの彼は実力もかろうじてティターンズに入隊を許された程度(しかも恋人の協力で実質的にカンニングまでやっている)であり降格を恐れる粗暴な人物として描かれている。

余談だが24歳という若さでありながら特に前の方の髪が寂しく、髪型に関してネタにされることがある。

【原作名言集】

  • うぉぉぉぉぉっ!!アメリアァァァァァァァァッ!!
    • カミーユにバリュートを破壊され、大気圏の摩擦熱で燃え尽きる際に言った断末魔。なお、アメリアとはカクリコンの恋人である。


【ゲーム内での活躍】

エゥーゴVSティターンズシリーズ

コスト225で参戦した、ガンダムシリーズ初のビーム・マシンガン機体。機動力はコストの割に優秀だったが、
コスト帯が中途半端なため強力な機体と組めない、組めても他に優秀な機体を選ぶほうがマシという有様であった。

EXVS.MB

2015年7月のアップデートで追加。ガブスレイとセットで参戦。コストは2000でパイロットはジェリド。
最初は本機で出撃し、撃墜されたらガブスレイに乗り換えて再出撃できる方式だが、格闘Cで変更可能。
4連射できる手動リロード式のメインと優秀なアシスト(カクリコン搭乗のマラサイ)が主軸の射撃より万能機で、非常に纏まった性能を誇る。
しかし、ガブズレイに比べると継戦能力は素晴らしいが敵を追い詰めるのは不得手なので使い分けたい。

EXVSON

相変わらずまとまった性能をしているが、アップデートにて特格の虹ステ可能をはじめ各種武装が強化。
これによってマラサイのままでも十分戦えるようになった。
弱点はCPU戦というか練習できる環境が少なく、ガブズレイの練習がしにくくなったことか。

GVS

ガブスレイとは別機体となり、撃墜されてもマラサイのままである。
パイロットはジェリドに加えサラに乗せ換えできるようになったが、残念ながらカクリコンはいない。ロベルトといいなんでいないのか

EXVS2

本作でもガブスレイとは別機体となっており、コストは1500。
そのためMBONに比べ各種性能が低下し、埋もれてしまった。
また、コマンドも変更されているので初見で使用すると悲しいことになる。

ちなみにこれによりジェリドは参戦枠が3機となった。また、井上和彦氏の声の機体はフルグランサ、ブルーDも追加され6機となる。

【勝利・敗北時ポーズ】

勝利ポーズ

通常時:ビーム・ライフルを構える。
アシスト出現中に勝利:カクリコンのマラサイと並び立つ

敗北ポーズ

左腕がない状態で倒れ伏している。

【その他の活躍】

ガンダムビルドファイターズ」第4話にて、第7回ガンプラバトル地区予選の対戦相手として登場。
イオリ・セイ&レイジのビルドストライクガンダムと対戦するも敗れる。
なお、使用していたファイターはジェリドとカクリコンのそっくりさんであった。
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。