ブレイヴ指揮官用試験機

登場作品 劇場版 機動戦士ガンダム00 -A wakening of the Trailblazer-
型式番号 GNX-Y903VW
全高 20.2m
重量 65.2t
所属 地球連邦平和維持軍 ソルブレイヴス隊
搭乗者 グラハム・エーカー
武装 GNビームライフル「ドレイクハウリング」
GNキャノン×2
トライパニッシャー
GNビームサーベル×2
GNビームマシンガン
GNミサイル
チャクラムグレネード
30mm機関砲
GNディフェンスロッド
特殊装備 トランザムシステム(擬似)

【設定】

連邦軍のユニオンとAEUのスタッフが次期主力機候補として開発した試作モビルスーツ。
アロウズが開発したマスラオの発展型にあたる機体である。
ジンクスⅣがイノベイドの技術も投下されているのに対して本機は連邦独自の技術で開発されている。
人型のスタンドポジションから巡航形態のクルーズポジションへの可変機構を持つが、改良された新型OS(LEIF)などによりフラッグとは異なって戦闘中でも容易に変形が可能となっている。ちなみにこのOSの名前の由来はフラッグを制作し、ビリー・カタギリの師と言えるレイフ・エルフマン教授から取られている。
一般用試験機と異なり、疑似太陽炉を2基搭載しており、グラハムの運用を想定して左利きになっている。
なお、GNドライヴの搭載数は統一するかパイロットの練度に合わせて混合するかは運用試験の結果によって決定されるとのこと。
余談だが、本機及びスサノオに装備されているトライパニッシャーはグラハムがブシドーをこじらせていたことで生まれた装備なので、もしグラハムが歪んでいなかったらブレイヴは今とは少し違うMSになっていたかもしれない。

ブレイヴの名はマスラオ(益荒男=勇敢な者)を似た意味の言葉に置き換えたものが由来となっている。


【武装】

GNビームライフル「ドレイクハウリング」

オーバーフラッグの「トライデントストライカー」をビーム兵器として発展させた武装で飛行形態時の機首を兼ねる。
通常射撃モード、最大出力モード、連射モードの切り替えが可能。

GNキャノン

左右のサイドバインダーに1門ずつ内臓。

トライパニッシャー

スサノオから継承された装備。
胸部に接続したドレイクハウリングとGNキャノンを連動させて照射する方式となっている。

GNビームサーベル

左右のサイドバインダーに各1基ずつ装備。
マスラオのビームサーベルと異なり、直剣型となっている。

GNビームマシンガン

左右の前腕に内蔵された小型砲。

GNミサイル

両脚内部に装備。

チャクラムグレネード

両脚に内蔵された装備。
粒子撹乱により敵機のセンサーを無効化させる為に使用する特殊装備。

30mm機関砲

胸部に内蔵された固定兵装で唯一、GN粒子を使用しない武器でもある。

GNディフェンスロッド

サイドバインダーを回転させる事で敵機の攻撃を弾く防御兵装。
また、すれ違いざまに敵機を切り裂くブレードとしても使用可能。


【原作での活躍】

部下を率いてELSと接触した連邦軍先遣艦隊の援護に赴くが間に合わず、代わりにCBの窮地を救い、ELS相手に壮絶な高機動戦闘を繰り広げた。
戦闘機をルーツに持つAEUやユニオン系MSらしく交戦距離に入ったタイミングで増槽であるGN粒子コンデンサをパージ、編隊を組み、お互いがお互いを追いかけようとするELSを撃破する画面いっぱいの空間戦闘を展開。
特にグラハムが駆る指揮官機は巡航形態から人型へ変形し、スラスターからの最大推力による後退で追従していたELSが振り向く間もなく背後に回りこんで焼き尽くすという無茶をやらかしており、G軽減効果のあるGN粒子があってもバックブラスト後に息を乱していたほど。

最終決戦ではELSと対話を試みるダブルオークアンタの血路を切り開くべく、機体やパイロットが侵食されながらも擬似太陽炉をオーバーロードさせて超大型ELSに特攻し、大穴を空けた。


【搭乗者説明】

グラハム・エーカー

CV:中村悠一

ミスター・ブシドーと名乗っていた頃はこちら

地球連邦軍に所属し、階級は少佐となっている。新型MS部隊「ソルブレイヴス」の隊長を務めている。
本編開始のあたりではブレイヴのテストを行っていたのだが、初フライトでブレイブの限界まで無茶をさせるなど相変わらずカタギリの頭を抱えさせていた。
火星付近でELSと交戦している連邦軍及びソレスタルビーイングの救援に向かう。
しかし、到着時には連邦軍は全滅しており、その上ダブルオーライザーは取り込まれ、ラファエルガンダムも自爆し、ガンダムハルートはELSを引き寄せるおとりになっており、ガンダムサバーニャはビットを全損&刹那のいるコックピットブロックを持っている上ELSに追いつかれているという万事休すの状況だったソレスタルビーイングを救援した。
その後地球圏防衛のための最終決戦で部下のソルブレイヴス隊とともに鬼神のように戦う。
刹那が復帰した際は喜びをあらわにし、その後はELS中枢へと向かう刹那を部下達と共に援護し、そしてELSへの攻撃を躊躇する刹那に対し、かつて自分がされたように「生きて未来を切り開け!」と諭した。そして、上記の通り超大型ELSに特攻し、自らの命と引き換えに刹那とELSの対話を成功へと導いた。

…ところが、『機動戦士ガンダム00』生誕10周年のイベントにて特攻時にELSと同化していたところ、クアンタムバーストの際に高濃度圧縮粒子空間の中で刹那と再開し、対話した結果ELSを受け入れ、その上刹那からの推薦もあってソレスタルビーイングのガンダムマイスターとなり、ガンダムエクシアリペアIVに搭乗する。

ちなみに、00劇場版の際に水島監督から「あれで生きていたら気持ち悪い」と言われていたため、一部のファンからは「グラハムは気持ち悪い奴だから生きてる」と生存説があったとか。あと、水島監督は一度も「グラハムが死んだ」とは言ってなかったそうだが。
おまけに個というものを持たないELSにとってグラハムという非常に強い自我を持つ存在はあまりにも珍しいため意識データを保存していた…とのことなので、言い換えればELSにとってもグラハムはやはり気持ち悪…奇異な存在だったのだろう。


【原作名台詞】

  • ソルブレイヴス隊各機、スタントマニューバと同時に散開!弔い合戦だ!全機、フルブラスト!(劇場版機動戦士ガンダム00)
    • 火星付近での戦闘の際にトランザムが切れ、シールドビットも突破されたサバーニャ及びコックピットブロックにいる刹那を間一髪で救ってからの一言。

  • かつてガンダムを越えようと愚行を繰り返した男だ。だが、やはりその考えは間違っていた。
    私が越えなければならないのは…この少年だ。
    • 「ガンダムを超える」ことにこだわっていた今までの思想を捨てたことがわかる台詞。

  • これから赴く戦場では、諸君らの命を賭けて貰う事になる。だが、敢えて言おう…死ぬなよ!(同上)
    • 出撃前に部下たちを激励する。部下想いな性格は1stシーズンから変わらない。しかし…

  • 敢えて言ったはずだ…ッ!!(同上)
    • イェーガン・クロウの戦死の際に。

  • ロ「来たのか!?」
  • ハ「遅ぇんだよ!」
  • グ「待ちかねたぞ…少ォ年!!」
    • 刹那が復帰した際に。ちなみにこの際、ロックオンはクアンタのビームを目視して、アレルヤは脳量子波で理解したのだが、グラハムは愛で理解したとのこと。

  • 何を躊躇している!生きる為に戦えと言ったのは、君の筈だ!!
    たとえ矛盾を孕んでも存在し続ける、それが生きることだとぉ!(同上)
  • 行け、少年!生きて未来を切り開け!!(同上)

  • 少年!未来への水先案内人は…このグラハム・エーカーが引き受けた!(同上)
  • これは死ではない…人類が生きるための!(同上)
    • ジェリドの「カミーユ!貴様は…俺の!」やクロトの「僕は…僕はね!」と同じで続きを言わずに散っていったが、二人とは違い憎しみや絶望ではなく未来への希望を刹那に託した。

  • 生きて未来を切り開け!!ガンダム!!(コミカライズ版)
    • こちらがコミカライズ版の最後の台詞。

【ゲーム名台詞】

  • 私は君が好きだ!君が欲しい!この気持ち、まさしく愛だ!
    • ゲーム「SDガンダムGGENERAITON OVERWORLD」より。
      グラハム(劇場版)をゴッドガンダムに乗せ、爆熱ゴッドフィンガーを使わせると叫ぶ。ドモン・カッシュの告白が元ネタなのだが、グラハムが言うと変な意味にしか聞こえない。
      前の時代のグラハムも「グラハムフィンガー」「グラハムファング」「シャイニングブシドー」など技名を私物化したりしてはっちゃけていたが、ここに来て別の意味で振り切ってしまったようである。

  • このフラッグのシートに、少年がいたとは………フフッ!!
    • ゲーム「SDガンダム Gジェネレーション クロスレイズ」から。
      グラハム(劇場版)をユニオンフラッグ ソレスタルビーイング仕様(フラッグ改)に乗せると発言する。完全に変態のソレである。

  • グランザム!
    • こちらも「クロスレイズ」からで、TRANS-AMを使う時の台詞。
      グラハム+トランザムでグランザムなのであって、オールズモビルのモビルアーマーではない。

  • この一戦!Gジェネに感謝せねばなるまい!
    • 「クロスレイズ」から。
      あるステージに登場するガンプラ相手の戦闘台詞。とうとうメタ発言まで飛び出した。


【シリーズ内での活躍】

EXVS.MB

多くの要望によりコスト2500で参戦。多くのファンの予想とは違い、変形コマンドで変形できる可変機ではなく、スサノオ同様の入魂と、特殊格闘の急速変形を駆使して戦う変則万能機。
急速変形は劇中さながらの突進で、速度が非常に速く、そこから様々な攻撃に派生することが可能である。
入魂による火力・射撃性能の上昇も合わさって全機体でも屈指の闇討ち能力を誇る。一撃離脱を得意とする反面自衛力が低く、自分から荒らすことがそう得意ではないのが玉に瑕。
しかし急速変形はノーブーストでも使用できることから、入魂と組み合わせた変則機動で高いあがき力を発揮することも可能であり、奥深い使い込みができる。
格闘は非入魂時は威力は低いものの、特格もあって闇討ち性能が高い。ちなみにモーションはややブシドー時代を彷彿とさせるものや蹴りを使うものが多い。
覚醒技は変形し突撃し敵機を刺してからのミサイルと照射ビーム。因みに変形突撃の際は原作再現でELSに侵食されているが、耐久減少や自爆はない。覚醒技の中でも屈指の生当て性能があり、リターンも大きいのでかなり頼れる。
余談だが、ソルブレイヴス隊呼び出しの際にイェーガンの名前だけはきっちり呼ばれる。本編で呼ばれたからだろうか。

OPデモではパーフェクトストライクと戦う姿が描かれている。
道理を無理でこじ開ける男と、不可能を可能にする男の戦いといったところだろうか。
色々な意味で後から復活した者同士の戦いでもある。

【勝利・敗北ポーズについて】(EXVS.MB)

勝利時

通常:右手にGNビームサーベルを持ちつつ、左手に持つドレイクハウリングを突き出す。
特殊射撃時:飛行形態からMS形態に戻って、ドレイクハウリングを構える。
覚醒技で勝利:通常時のポーズをトランザム状態で行う。

敗北時

飛行形態になって錐揉み上昇しつつ爆散。イェーガンの一般機が爆散したシーンの再現と思われる。

ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。