ガンダムビルドファイターズトライ

読み がんだむびるどふぁいたーずとらい
英訳 Gundam Build Fighters Try
媒体 TV
話数 全25話
メディア展開 TVアニメ
登場勢力 チームトライファイターズ、北宋の壺、Gマスター、SRSC、フェイス、ソレスタルスフィア、ホワイトウルフ、グレート・K、SD-R、ビルドバスターズ、フォンブラウン、タイタン
本シリーズ登場人物 カミキ・セカイ、コウサカ・ユウマ、ホシノ・フミナ
本シリーズ登場機体 トライバーニングガンダムライトニングガンダムフルバーニアンスターウイニングガンダム
本シリーズ使用BGM セルリアン,トライファイターズ
Gクロスオーバー EXVS2から参戦のため無し
本シリーズ関連ステージ なし

【あらすじ】

プラフスキー粒子の再生成に成功したヤジマ商事が主催となり再開されたガンプラバトル。個人戦・チーム戦等の多様なルール、ダメージ設定が追加されたことにより金銭的な負担も減って、国内だけでも地方予選・全国大会が開けるような規模となり、部活として認められるようになるほど増えた競技人口。そんな中、第7回・第13回世界大会優勝者であるイオリ・セイ、そしてカリスマの名を受け継ぐ男、3代目メイジン・カワグチを輩出した聖鳳学院は、そんな世の動きをよそに1回戦負けを繰り返し、部員もフミナ1人となり、3人のチーム戦が基本の地区予選出場も危ぶまれる事態となっていた。
そんな聖鳳学院転校したに次元覇王流拳法の使い手・カミキ・セカイはフミナによって半ば強引に勧誘し、ガンプラバトルをやってみることに。
そこに模型部のミヤガがコウサカ・ユウマを引き連れ乱入。攻撃を受け燃え上がるセカイのドム。その中から現れたのは―――


【作品解説】

2014年10月~2015年3月放送のガンダムビルドファイターズの続編。ガンダムビルドファイターズから7年後の時代を描き、主人公はカミキ・セカイ、コウサカ・ユウマ、ホシノ・フミナの3人に、主役ガンプラはセカイが「ビルドバーニングガンダム」、ユウマが「ライトニングガンダム」、フミナが「パワード・ジムカーディガン(後にウイニングガンダムに乗り換え)」。
続編というだけあって、前作の登場人物はもちろん、その血縁者も多く出演しているのが特徴。主人公の一人ユウマも前作のヒロイン、コウサカ・チナの弟。
相変わらず「ガンプラ」である事を活かしたなかなかお目にかかれない機体の他、本作の特徴として、SDガンダムの活躍が増えた事が挙げられる。前作は騎士ガンダム、コマンドガンダムが話題になったが、今作でも主人公の1人であるフミナのウイニングガンダムだけでなく、武者號斗丸、荒鬼頑駄無、魔竜剣士ゼロガンダムが、画面を所狭しと暴れまわる様は、まさに、コミックボンボンを読んでいた20代~30代狙い撃ちのファンサービスとも言える。
主人公機のビルドバーニングガンダムをはじめ、フルスクラッチ(としか思えない)機体やGガンばりに○○ガンダムが増えているのも前作からの目立つ変化点。また、前作から変わった監督の案により前作から超大幅に細かいガンダムネタは減り、「視聴する子供が難しく感じるかもしれない」とビルド(ガンプラ制作シーン)が殆どなく、バトルシーンが多めなのも特徴。
本作放映時にはまだガンダムAGEのMSはTBSが放送権やらを持っていたのだが、ある話では特別に使用料を払ったりといろいろ許可をとったうえで登場した。その割に扱いは悪かったが
また、同時期に放送されていた「Gのレコンギスタ」のMSは他局であるMBSだったものの、最初から本作に出せるようになっていたようだが、登場することはなかった。ちなみに本作と「ビルダーズ」では作中で主人公が初心者狩りにあった。おまけにセカイの場合負けた後にぼろくそになじられるというひどいおまけ付きで。次のシリーズ「ダイバーズ」でようやく返り討ちに遭った。


【ガンダムVS.シリーズにおけるステージタイトルとの関連】

ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。