ジム・カスタム

登場作品 機動戦士ガンダム0083 STARDUST MEMORY
型式番号 RGM-79N
全高 18.0m
重量 57.6t
所属 地球連邦軍
搭乗者 サウス・バニング
アルファ・A・ベイト
ベルナルド・モンシア
武装 頭部60mmバルカン
ジム・マシンガン
ジム・ライフル
ビーム・サーベル
シールド

【設定】

ガンダムNT-1をベースに開発された汎用量産型モビルスーツ。
ジェネレーターやアポジモーターの強化された、一年戦争のジムの性能向上型。
高性能でバランスの良い機体のためか、コウ・ウラキには「特長のないのが特徴」と評されている。
なお「特徴がないのが特徴」とよく記載されるが、小説版は上記の表現となっている。
量産型として開発されたが、生産コストが高いため少数の生産に止まっている。
有体に言ってガンダムとの差はそこまではないとされる。

デラーズ紛争終結後はジム・クウェルとなり、機体色と設計を変更しながらティターンズで運用された。


【武装】

頭部60mmバルカン砲

頭部内臓式の機関砲で2門設置されている。

ジム・マシンガン

90mm口径のマシンガン。ブルパップ・マシンガンとも呼ばれている。

ジム・ライフル

90mm口径のマシンガン。実体弾でありながら、ゲルググ・マリーネやドム・トローペンなどを撃破するほどの威力を持つ。
ジム・マシンガンとジム・ライフルは共通規格となっている。

ビーム・サーベル

バックパック右側に装備される。

シールド

本機用のモデル。


【劇中での活躍】

サウス・バニング、アルファ・A・ベイト、ベルナルド・モンシアの3名が搭乗。
劇中ではジム・ライフルでドム・トローペンやゲルググMをたやすく撃破するシーンが目立ち、
「単なるやれれ役」であった初代ジムとは違った印象を受ける。
バニング機はシーマ・ガラハウとの戦闘で損傷。
帰艦中に損傷箇所が誘爆し、機体はそのまま宇宙を流れ爆散、バニングは死亡する。
ベイト機とモンシア機はデラーズ紛争を最後まで戦い抜く。

また、劇場版ZガンダムではジムキャノンIIとともにエゥーゴで運用されている。


【パイロット説明】

サウス・バニング

CV:菅原正志

主人公コウ・ウラキの上司。
浅黒い肌と年齢(39歳)の割には深いシワが外見の上での特徴。搭乗機はジム・カスタムおよびジム改。
ベルナルド・モンシア、チャップ・アデル、アルファ・A・ベイトとは一年戦争からの長い付き合いで、当時は彼らと共に「不死身の第4小隊」として名を馳せたエースパイロット。
しかし、年齢から来る肉体の衰えは自覚しており、しばしばロートル扱いされることについて言及している。
一年戦争後はオーストラリア・トリントン基地でテストパイロット達の教官をしていたが、デラーズ・フリート?によるガンダム試作2号機強奪劇の後、アルビオンのモビルスーツ部隊隊長に選任され、2号機奪還の為アルビオンに乗艦する。
当初はトリントン基地での戦闘での負傷が元でパイロットとして前線に立つ事は無かったが、後にコウの危機に傷を推して出撃し、それ以降MSパイロットとして復帰した。
年齢に違わぬ彫りの深い見た目とは裏腹に、かなりの女好き。別部隊のベテランから「スケベ野郎」と呼ばれていたり、あるいは美人を見ると任務中に関わらず振り向いたりと若干緩い部分もある。
妻(名前はシルビア)がいるが別居中であり、彼女のスナップを常に持ち歩いている。
デラーズ・フリートがガンダム試作2号機を用いてコンペイトウで行われる戴艦式を襲撃する事を警戒し、コウらと共に周辺宙域の警備任務に着き、この際にシーマの部隊と遭遇し、被弾しながらもこれを退ける事に成功する。
その際、偶然にも敵の作戦概要が書かれた文書を入手するが、その文書をいざ読み上げようとした瞬間、ショートした回路から出たスパークが被弾した際にわずかに漏れていた推進剤に引火し、機体全体に爆発的に火が回り、乗機共々爆散した。 そのあまりにも理不尽かつ、唐突な死に、コウをはじめショックを受けた者は多い。

ガンダムAで連載されている漫画版では、死に方が変わっており、ヴァル・ヴァロとの交戦で命を落とすこととなる。
しかし、その以前から医師から内蔵の数値が悪くMSから下りるように勧められる、最期の作戦前に妻とまた同居することが決まる、移動中にコウに「戦いが終わったら妻の料理を食べに来い」と誘うといった死亡フラグを立て、その通りになってしまった。


アルファ・A・ベイト

CV:戸谷公次/今村直樹(一部ゲーム作品)

モンシア、アデルと共にペガサス級強襲揚陸艦アルビオンに補充パイロットとして配属された地球連邦軍のパイロットで、3人組の中ではリーダー格。階級は中尉、後に戦時大尉に昇進する。搭乗機体はジム・カスタム。28歳。
一年戦争時は前述の二人と共に、バニング率いる『不死身の第四小隊』の一員として各地を転戦して活躍したベテランパイロットで、優れた操縦技量を持つが、油断して行動不能になったりするなど戦場ではしっかり務めるモンシア、アデルに比べると頼りない一面もあった。

傲慢で素行の悪いモンシアに比べて比較的まともな性格をしているが、協調性に欠ける一面があり、配属された当初は女に手を出そうとしてモーラ・バシットに返り討ちに遭うなどトラブルを起こすこともあった。その一方でコウ、キースら若年組との絡みは意外と少ない。

しかし、バニングの戦死後は態度を改め、後任のMS部隊隊長としてメンバーをよくまとめ、最後まで戦い抜き見事生還を果たした。デラーズ紛争後はモンシアらと共にティターンズに入隊している。


ベルナルド・モンシア

CV:茶風林

地球連邦軍中尉。28歳。
一年戦争では「不死身の第4小隊」の一員として、ベイト、アデルと共にバニングの部下として各地を転戦した。
主な搭乗機はジム・カスタム。
バニングの指揮下で経験を積んだ歴戦の優秀なMSパイロットだが、酒好きで女好きな上に素行不良の気が強い不良軍人。劇中では酒を飲んでMSを操縦するシーンもある。
デラーズ・フリートのアナベル・ガトーによるガンダム試作2号機強奪事件の直後、アルビオンに補充パイロットとして着任するも、酒を飲みながら女にナンパしたり、女性メカニックたちにセクハラをしてまわり、モーラ・バシットには「スケベ野郎」と言われ、士官学校出身のコウやキースを見下していびるなど、周囲とのイザコザが絶えなかった。
特にコウに対してはニナに一目惚れした事やコウがバニングに目をかけられている事もあって、彼女とガンダム試作1号機を巡るライバルとして目の敵にし、なにかにつけて彼を虐めるようになる(独断で2人と模擬戦、コアファイター着艦妨害など)。
またスペースノイドを宇宙人と蔑み、捕虜を虐待するなど地球至上主義者でもあり、全編通して悪い素行が目立つ、パイロットとしての技量を除けば、人間的に褒められる部分の少ない人物である。
しかし、一年戦争を共に生き延びた部隊の仲間、特に付き合いの長い上司であるバニングを深く尊敬しており、彼が戦死したときには男泣きをするほどのショックを受けていた。加えてコウがガンダム試作3号機を奪取する際には銃を携えて援護に駆けつけるなど、義理人情に厚い一面も持っている。
デラーズ紛争後は、仲間と共にティターンズに入隊した。

かなり昔のコミカライズ版では髪にトーンが張っていないため白髪の老け顔になっていたり、コウの成長を認めたり、敵の陽動作戦を見抜く、素直に後輩をたたえると優秀なベテランになっているのだが、最後のコマでガトー、シーマに並んで空に顔が浮かんでいるという扱いだった。


【ゲーム内での活躍】

ガンダムVSガンダム

ガンダム試作3号機のアシストとして登場。
敵機に向かって2機のジム・カスタムがマシンガンを発射する。
召喚から攻撃までが遅く、誘導もイマイチで使い勝手は悪い。
使用時「キース!」とコウが叫ぶが、キースはジム・カスタムには一度も搭乗していない。
そんなにベイトとモンシアが嫌いなのだろうか。いや、分からんでもないが。

ガンダムVSガンダムNEXT

前作に比べると召喚と同時に攻撃する為、多少はマシになった。

GVS

プレイアブル機として参戦。
今作ではパイロット乗り換えシステムがあるが、本機のパイロットはバニングのみ。
メイン射撃のジム・ライフルがマシンガン系武装としては中々の性能を持っており、
特射には優秀な突進技のジム・ライフル【移動撃ち】を備える。
初期環境ではこの特射の誘導性、およびダメージ効率が非常に良く、
短時間で大ダメージを奪えるストライカーのドアンザクとの組み合わせが猛威を振るった。
そのために後の修正で特射に弱体化が入り、ダメージと誘導性が低下した。
また、高相性であったストライカーのドアンザクも弱体化した。
しかし、特射の性能自体はまだまだ優秀な部類に入り、
ストライカーも∀やバンシィなどを代役に立てられるので低コストの中ではそこそこ戦える機体である。


【勝利、敗北ポーズ】

勝利ポーズ

通常:ジム・ライフルを構える
格闘時:サーベル払い

敗北ポーズ

脇腹爆発→体勢を崩して機体丸ごと爆発。劇中誘爆事故で帰らぬ人となったシーンの再現
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。