ガンダム試作2号機

登場作品 機動戦士ガンダム0083 STARDUST MEMORY
形式番号 RX-78GP02A
全高 18.5m
重量 54.5t
所属 地球連邦軍→デラーズ・フリート
主なパイロット アナベル・ガトー
主な装備 頭部バルカン砲×2、ビームサーベル×2、アトミックバズーカ、ラジエーターシールド
幻の兵装 ビームバズーカ、MLRS(マルチプル・ランチ・ロケット・システム)

【設定】

ガンダム開発計画で作られた試作機の1機。コードネームはガンダムサイサリス。花言葉は「偽り」。ただし、実際にはホオズキの属名Physalisはピサリス、フィサリス、ファイサリスなどと読まれ、サイサリスとは読まれない。

「最強の攻撃力」をコンセプトに、当初は数種類の弾頭を使い分け可能なバズーカで敵中枢を壊滅させる強襲機として設計されていたが、途中で核攻撃機体にコンセプトチェンジ。アトミックバズーカによる敵殲滅に特化した設計をとっており、そのため核爆発時の衝撃や熱に耐えうるため非常に強固な作りであるうえ、冷却装置つきの専用シールドも備えている。ただし劇中での核防御能力はまだ設計理論値段階の内容の完成度の低い物である。核弾頭を背中に格納しているためそこにブースターが搭載できなかった代わりに、肩部フレキシブルバインダー内に高出力スラスターを6基装備。重い機体でありながら強襲機としての運用に耐えうるだけの速度を確保しており、地上ではホバリングをも可能とする。
一方強奪された機体として登場したためか携行装備(ライフルとかマシンガンとか)は今ひとつ充実しておらず、プランとしては別の主力兵装も(後の設定で)作られたものの、劇中ではアトミックバズーカ以外白兵戦用(ビームサーベル)の装備しか登場していない。専用シールドも核攻撃時の熱や衝撃等から本体を護るという大事な役割があるため、通常攻撃を防御して破損した場合核攻撃が実行不可能となる(そこが仇となって一度撤退している)。
ちなみに本機が持つ核はもともと戦術核であるが、実際は戦略核と同等の破壊力を持っている。先述の通り耐核装備や機構は設計論値段階の物であった為か発射後の衝撃波などで自機にもかなりの損傷(右メインカメラ破損、左腕不能)を受けている。

ガンダムタイプではあるが、開発に元ジオニック社系の技術者が多い第2研究所が開発した事もあり、そのフォルムやコンセプトはむしろジオンのドムに通じるものがあり、顔も敵役といった感じの悪人面となっている。顔に関しては製作側が敵に奪われる事(ガトーの機体となる事)を前提にデザインしたものと思われる。

丸みのあるバインダーや厳ついフェイスにより、それまでのヒーロー然としたガンダムタイプとは一線を画す(簡単に言うとチョイ悪オヤジ的な)フォルムになっているが、白(ガンダムや1号機と違いクリーム色)の塗装や頭部のバルカン・ガンダムタイプ特有のV字型のブレードアンテナなど本体部分はそれなりに連邦系MSらしさも見受けられる、かも。

この機体で開発された技術の一部は後のリック・ディアスに引き継がれているがリック・ディアス自体はリックドム系列のドワス改やガザ系の技術メインで開発された機体の為「リックディアスが試作2号機の直系後継機でガンダムである」みたいな解釈は間違いである。
ガンダム開発計画の公式記録抹消に伴い関連技術も封印された事になっているため、本来本機のノウハウは次世代に引き継がれる事の無かったものなのだが…他にもガンダム試作3号機のOSが可変MSに影響しているなど、そのノウハウは積極的に活用されているように見える。

【原作での活躍】

「機動戦士ガンダム0083 STARDUST MEMORY」に登場する前期ライバル機。
未だ設計理論値レベルの完成度に過ぎない核防御能力の試験データを採る為の核弾頭試射によるテストのため核弾頭を保有したオーストラリアの連邦軍トリントン基地に新型ペガサス級強襲揚陸艦8番艦アルビオンと試作1号機と共に搬入された。核弾頭を装填した本機は、デラーズ・フリートのアナベル・ガトーに強奪されてしまう。
核攻撃を前提としたこの機体は「連邦軍の傲慢と横暴の権化」としてプロパガンダにも使われた。
コウ達バニング隊やアルビオン隊の追撃を振り切った本機は、後に「星の屑作戦」にて連邦の観覧式をアトミックバズーカで襲撃、連邦艦隊に多大なダメージを与える。
同作戦からの帰投中にガンダム試作1号機フルバーニアンと接触、格闘戦の末相討ちとなった。

活躍シーンはあまり多くないが、インパクトは抜群である。前期のライバルキャラクターとして主人公コウの駆るガンダム試作1号機の前に立ちはだかり、敵役ガンダムとしての名演を見せた。後の作品における「ガンダムVS.ガンダム」な流れを決定付けた存在といえる。

【パイロット説明】

アナベル・ガトー

一年戦争時、ドズル指揮下の宇宙攻撃軍に第302哨戒隊中隊長として所属していた(当時の階級は大尉)。
ソロモンからの撤退戦で、残存部隊の殿として専用リック・ドムで追撃してきた連邦部隊・艦隊を壊滅状態にし、その鬼神の如き活躍から「ソロモンの悪夢」の異名が付いた(この名前は戦後の連邦軍の現代戦史にも登場している)。
第1話アバンのア・バオア・クー攻防戦では自分用にカラーリング・カスタマイズしたゲルググ(一般機のMS-14A)で連邦軍の侵攻を食い止めていたが被弾、デラーズの乗艦に機体の修理のために一時着艦したが、丁度その時にギレンがキシリアに射殺され、ギレン死亡の情報を知ったデラーズが撤退を決意する。初めはそれに反対したガトーであったが、デラーズの説得を受け入れ、茨の園に一時撤退し少佐に昇進した後月面に移住、3年間雌伏のときを過ごした(月で暮らしている時にニナ・パープルトンと知り合いお付き合いしていた模様)。
また0081年にはとある作戦を実行する部隊(ちなみにデラーズ・フリートとは別組織)にデラーズが1個小隊分のMSを供与した際に激励のメッセージを送っている。

劇中ではガンダム試作2号機を強奪(本人は地元残存兵やスパイの協力で連邦軍の大尉に変装し潜入、見事に乗り込むまで誰も気付かなかった)、デラーズ紛争勃発の先端を開いた。2号機強奪作戦を共にした部下達(ボブゲイリー&アダムスキー)を犠牲にしながらも、アフリカの元ジオン公国軍鉱山基地に逃げ込みHLVで宇宙へと離脱する。
その後エギーユ・テラーズの宣戦布告に同席。

地球降下前に戦友のケリィ・レズナーにビデオメッセージを届けており、ケリィの再起を促していたが残念ながらケリィが戻ってくることはなかった。ちなみにケリィが来れなかった理由はシーマ(の部下)にあり、それが原因でケリィは試作1号機Fbと交戦して戦死、作中のガトーの言動からこの事は知らないと思われる。

しばらくしてから再登場し連邦の観艦式を強襲。核攻撃で連邦艦隊に壊滅的なダメージを与えるも同作戦から帰投中にコウの1号機Fbと遭遇。
核爆発を防御した際に機体の左腕が動作不良(硬直)を起こした状態ながらもコウを圧倒、しかしコウの洞察力の高さ・機転により相撃ちに持ち込まれる。

その後はアクシズから譲渡された(借りた)MA、ノイエ・ジールに搭乗。コロニー落としを成功に導くために、立ちはだかるソーラ・システムIIのコントロール艦を何とか破壊。コロニーを守りきり、その後その中に入り落下軌道の最終調整を行うが、コウに撃たれてしまう。一悶着あったが結果的に自分を助けてくれたかつての恋人ニナを巻き込むまいと気絶させ、部下のカリウスに託す。その後は3号機(コウ)と決着をつけるために待ち、交戦、激戦の果てに止めを刺そうとしたまさにその時にソーラ・システムIIが発射され(バスク・オムによる私怨)、機体は中破。同じく照射に巻き込まれ気絶したコウには止めを刺さずにその場から離脱する。
その後、滞在期限が過ぎ、後退を始めるアクシズ艦隊と合流しようと僅かに残った部下たちと共に連邦艦隊の突破を図る(戦力比として1:50以上もある)。次々撃破され脱落する部下たちの中、機体も自身も既に限界のはずにもかかわらずもはや気迫で動いているとしか言いようのないほどの力を見せるが、最終的には雄叫びを上げながらサラミス級巡洋艦に特攻し機体は爆散、ガトーも戦死した。

印象的な台詞、武士を思わせる佇まい、忠義に厚い性格等、名ライバルとして人気を確たるものとしている。
しかし連邦軍の正規軍服を苦労して入手したスパイに対して「階級が違う」という理由で文句を言うこともあり、また、公国軍時代のシーマを表面上でしか知らないため彼女を嫌っていたりもする(出会い頭のシーマの言動を見れば仲間として疑問は抱くし、事情を知っていたらそれはそれで何故知っているのか、ということになってしまうが)等、一兵士としては優秀だが、部下を持つ現場指揮官としては若干性格に難がある。
その誇りや忠義心故に「悪の連邦VS.正義のデラーズ」の構図を視聴者に印象付けた1人でもある。
射撃兵装がバルカンしかなく、さらに巨大なシールドを担ぎ、しかも左腕が故障した試作2号機で宇宙戦に完全特化した1号機を操る成長著しいコウと互角に渡り合ったりニュータイプでもないのに最終戦にてノイエ・ジール搭載のオールレンジ攻撃を使いこなしたりとパイロット能力も半端では無い。ノイエ・ジールは簡易サイコミュであったとはいえ、ガトーにしか操縦は出来なかった。
その能力の高さから、「最強のオールドタイプ」という話題になるとヤザンの次くらいによく名前が挙がる。

余談だがメタルギアソリッドの主人公ソリッド・スネークの声優に大塚明夫氏が選ばれたのは小島秀夫監督がこのガトーを見てから決まったのだという。
核を搭載した二足歩行兵器で核バズーカを撃った側が今度は幾度となく核搭載型二足歩行戦車(しかもこれを作った人の声優はガトーが核を撃ち込んだ人と同一だったりする…)の核発射を止める側になるとは…
真意は明夫さんが2世代目の声優(父親も声優)だからだったりする
更に余談だが、0083でアルビオン艦長であるエイバー・シナプスを演じたのは大塚明夫氏の父親である大塚周夫氏で、敵味方に別れた親子共演となっている。

【原作名言集】

  • この機体と核弾頭は頂いていく、ジオン再興のために!(第1話)
    • ガンダムを盗み出してのたまったセリフ。印象に残っている人も多いのでは?
  • 私を敵に回すには君はまだ、未熟!(第2話)
    • ヒヨッコのコウに腕の差を見せつけた後に、コウ(1号機)に通信越しに言い放った台詞。
  • 我々はスペース・ノイドの真の解放を掴み取るのだ!地球からの悪しき呪縛を我が正義の剣によってな!(同上)
    • 信念の強さとある意味地球(連邦軍)への憎悪が伺える
  • 捲土重来、またソロモンのように轡を並べよう。
    • ケリィに送ったビデオメッセージ内で言った台詞、捲土重来とは「一度やられた者が強くなって帰ってくる」ということ。ケリィの復帰を望んでいたがそれは叶わなかった。
  • 情けない!あのような禍々しい物言いを、連邦に許すとは…!(第9話)
  • これは、散っていった者への冒涜だ(同上)
    • 連邦軍の観艦式の演説を聞いた時の台詞。
  • 待ちに待った時がきたのだ、多くの英霊が無駄死にでなかったことの証の為に!(同上)
  • 再びジオンの理想を掲げるために!星の屑、成就のために!ソロモンよ、私は帰ってきた!(同上)
    • 言わずとしれた名台詞、1年戦争時代にはソロモン撤退時に「ソロモンよ、私は帰ってくるぞ」と言っていた(後付け的な作品でだが)。
  • なんと他愛の無い…鎧袖一触とはまさにこのことか(第10話)
    • 観艦式への核攻撃が終わった後の台詞、「鎧袖一触」とは文字通り少し触れただけで倒れてしまう、呆気ないような様のこと。
  • 怨恨のみで戦いを支える者に私は倒せん!私は義によって立っているからな!!(同上)
  • 歯車となって戦う者にはわかるまい!!(同上)
    • 自分を追い続けて来たコウに言った台詞。
  • 確か、ウラキとかいったな…二度と忘れん…!(同上)
    • 1号機と2号機が相撃ちになり崩壊していくなかでコウに機体越しではなく直接言った台詞。本当に最後まで覚えていた。
  • 素晴らしい…!まるでジオンの精神が形となったような(同上)
    • ノイエ・ジールを見て言った台詞、確かにそう見えなくもない。
  • いいか、1機でも多く突破しアクシズ艦隊にたどり着くのだ…我々の真実の戦いを後の世に伝えるために…(第13話)
    • 最後の台詞、突破出来たものは居なかったらしい。

【ゲーム名言集】

  • 連邦の白い悪魔め…!貴様に敗れ、志半ばで散って行った幾百の英霊達のために…死を以って償って貰う!!
    • Gジェネレーションシリーズ及びギレンの野望で前者は「宇宙要塞ア・バオア・クー」で後者は共に1st時代で交戦すると聞ける。非常にドスの効いた声でアムロはガトーに対してその気迫のせいかOT相手にも関わらず強いプレッシャーを感じている。なお、ガンダム(とアムロ・レイ)がジオンにおいて連邦の白い悪魔と呼ばれ、恐れられていたことが初めて判明した台詞である。


【ゲームで内の活躍】

ガンダムVSガンダム

パイロットはアナベル・ガトー、服装はジオンの軍服。
アトミックバズーカの脅威は健在だが、本質的には格闘戦が主眼の機体。設定どおり見た目に反し機動力は悪くなく、ステップ性能や上昇能力の高さ、ホバリング機能などで接近戦においての位置取りが得意。長所を活かしきればかなり恐ろしい存在だが、マトモな射撃武装がないため射撃戦になるとお手上げなのが玉に瑕。
特殊格闘の急上昇と横サブによる滞空能力と生存能力、かといって無視しようものならステップを軽く巻き込み判定も強い格闘と大ダメージを誇る核で闇討ちしてくるなど、ガンガン無印では7強に入るほどの強さを持っていた。

NEXT

前作でやりすぎた分為か、一部格闘が弱体化&システム的に厳しい待遇を受けることに。しかしながら、アシストのザメルが超強化されるなど自重しつつも高い性能を保持しているため、壊れすぎず弱すぎずのバランスの良い性能になった。
アトミックバズーカがシールドガード可能に弱体化したが、格闘は未だ優秀な性能のため闇討ち機体として十分戦っていける。
ちなみに、同シリーズのシステム上の特徴として、原作の1号機との最後の戦いで、サーベルの出力を上げて戦ったことの再現として、抜刀していると、一定時間ごとにサーベルが強化されていく(一度使うとまた元通り)、というものがあった。

EXVS.

射撃分を補うため武装として、武装アシストにザメルドム・トローペンが追加された。レバーの入力によってどちらかを呼び出す。
しかしメインは相変わらずのバルカン、ザメルが弱体化と2000格闘機の中ではもっとも射撃武装が貧弱。機動力も前作ほどではない。
最大の特徴である核はゲームの仕様上前作よりは多少厄介に、しかし全機体ガード可能なため扱いはより慎重に。
代わりにサーベルが手動強化になり、強化時・覚醒時には2000どころか全機体でもトップクラスの格闘火力を持つ。
格闘性能も総じて優秀であり、アシスト・核の存在で相手の心を揺さぶり、自らのサーベル一閃で勝利をもぎ取る機体。
核の存在によりプレッシャーはかなりものも、高コストと組んだ場合はこれを活かして相方のチャンスメイクを行なっていきたいところ。
今作から服装がデラーズフリートのパイロットスーツに変更された。

EXVS.FB

前作からコストが上がり2500の格闘機となった。
基本性能の強化、特に旋回性の上昇はありがたいところだが、相変わらず射撃の択が少ないのが悲しいところ。更にシステム上、射撃が貧弱な格闘機には向かい風が吹いているのも辛いところ。
この弱点の代わりに、サーベル強化時に各格闘にSAが付くようになった。これにより、単発ダウンの武装を持たない相手には無理やり格闘をねじ込む事が可能になっている。
ただし、あくまでSAが付くのはサーベル強化時で格闘も例えば前と横ではSAが付く時間が違う。

覚醒技はアトミックバズーカコンボ。
突進からサーベルを突き刺し→真上に打ち上げてアトミックバズーカ発射の流れ。
モーションは非常にカッコイイがコンボ時間が長く、短時間で一気にダメージを取れる覚醒の時間が削られるのは非常に勿体無い。
ただし吸い付きが非常に良く、突進にSAが付くので覚醒時間終了間際や敵を追い詰めたのにオバヒでどうしようもない時には生当てを狙うのも有り。

EXVS.MB

格闘CS時のSAがなくなったが代わりにハーモニー・オブ・ガンダムからビーム・バズーカが射撃チャージ武器に追加されたが、MLRSは無し(あったらそれはもう格闘型じゃない)。
それなりの大きさのビームを発射、一定時間経つか地面や壁に着弾で大きい爆風を起こす。
当初そのひっかけ性能があまりにも高かったためUPDで下方修正、爆風が小さくなりチャージ時間が長くなった。

GVS

システムの変更に伴い、サブ射撃がハーモニー・オブ・ガンダムのMLRSに変更された。

EXVS.2

格闘CSのサーベル強化がなくなり、細かな手間もなくなった。
代わりに格闘CSとしてバーサスからMLRSが続投した。
そのためバルカン・アシスト(2種)・ビームバズ・核・サーベル投げ・ミサイルと、下手な汎用機よりも豊富な射撃武器を有することに。

【勝利・敗北ポーズ】(ガンVSガン、NEXT)

勝利ポーズ

アトミックバズーカを構える。
この1種類のみの様子。

敗北ポーズ

ザメルも登場し、ザメルを置いてどこかへ飛んでいく。

原作序盤(2号機奪取直後)の劇中で、コウを含む連邦軍の追撃部隊の足止めをザメルに託して撤退する2号機のシーンの再現といった感じか?
飛び去ると思いきや実は画面からフェードアウトしたあたりで滞空している(リザルト画面で他のチームから確認すると停滞しているのが確認できる)。
NEXTではちゃんと画面で見えなくなるまで飛んでいく。二号機や、そんなに飛んで、どこへ行く?

【勝利・敗北ポーズ】(EXVS)

勝利ポーズ

  • アトミックバズーカを構える。

敗北ポーズ

  • ビームサーベルを消し呆然と立ち尽くす

【勝利・敗北ポーズ】(EXVS.FB以降)

勝利ポーズ

  • 通常時:ビームサーべルを抜刀。サーベル強化時はサーベルの見た目、カメラアングルが変わる。
  • アトミックバズーカで勝利:前作と同じ、アトミックバズーカを構える。
MB-ONではバズーカ装着時の「ブッピガン」がよく聞こえるようになった。

ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。