ベルガ・ギロス

登場作品 機動戦士ガンダムF91
型式番号 XM-05
全高 15.7t
重量 9.3t
所属 クロスボーン・バンガード
搭乗者 ザビーネ・シャル
クロスボーン・バンガード一般指揮官
武装 ビーム・サーベル
ショット・ランサー
ヘビー・マシンガン
ビーム・シールド

【設定】

クロスボーン・バンガードの指揮官用MS「ベルガシリーズ」の一つ。ベルガ・ダラスの発展型で更に本機の発展型としてベルガ・バルスという機体も存在する。
不要なアポジモーターを排除したことにより、機体の軽量化に成功している。
クロスボーン・バンガードのMSに共通する特徴として、武装がコロニー内戦闘を想定してものになっており、大半がBRなどを装備せず主武装としてヘビーマシンガンを内蔵したショット・ランサーを使用する。
背部に設置されたシェルフ・ノズルは通常のスラスターのように使えるが、ザビーネ・シャルは機転を利かせてシェルフ・ノズルそのものを射出する芸当も見せた。
また指揮官機である本機は背中からビーム・フラッグを発生させることが出来る。フラッグの形状はパイロットの家紋にちなんだものになっており、一目で誰が指揮を執っているのか分かるようになっている。

本来のカラーリングは薄い紫色だがザビーネ・シャルの「黒の部隊」専用機は黒く塗られている。

なお、EXVS.において格CSで出現する「バグ」は、クロスボーン・バンガード内の鉄仮面一派の「バグ計画」により開発された、チェーンソーとレーザーを搭載した円盤状の本体を、ミノフスキー粒子により浮遊させ小型バーニアで方向転換するというなかなかハイテクな無人の殺戮兵器である。生物の熱線を感知しその方向に向かい殺戮を行う。
ザビーネは鉄仮面の「バグ計画」による暴挙に反旗を翻しており、それはきちんと本作においても反映されているらしく、バグを使った際には自らの意思によったものではないであろうことが汲み取られるセリフを喋る。

【武装】

ショット・ランサー

クロスボーン・バンガードの母体であるブッホ・コンツェルンが開発したランス(騎兵槍)型の武装。
円錐型の槍に4基のヘビー・マシンガンを備えた基部を取り付けたような構成であり、またランス部分はマトリョーシカ方式で何重にも重ねられており、レールガンと同じ原理でランスを射出できる。
スペースコロニー内での戦闘を想定して作られており、ビーム・ライフル等の火器でモビルスーツを撃墜すると爆発のショックでコロニーを損傷してしまう恐れがある為、爆発を起こさないように運動エネルギー兵器である本武装が採用されている。
コロニーを制圧して新たな領土にするのが目的のクロスボーン・バンガードにとって、コロニーを損傷してしまうのは都合が悪いのである。

ちなみに他の世界でもGNランスドッズランサーグングニールといったランスと火器(ビームか実弾かの差異はある)を組み合わせた複合兵装が存在しているが、それらはショット・ランサーとは異なりランスの射出機能は無い。

【劇中での活躍】

劇中ではデナン・ゲー、デナン・ゾンと編隊を組んでフロンティアIV及びIに進攻。
ザビーネ機は寝返ったアンナマリー搭乗のダギ・イルスと交戦、小破している。
この損傷によりザビーネは後方援護をセシリーに命じられ、結果シーブックとセシリーは再会を果たす。

【パイロット説明】

ザビーネ・シャル

CV.梁田清之

24歳という若さながらクロスボーン・バンガード戦闘大隊指揮官の一人を務める青年。
MSの操縦技量の高さはかなりのもので、UC.120年代のパイロットの中でもトップクラスとの呼び声も高い。
若くから、クロスボーン・バンガードの創始者といえるマイッツァー・ロナらに才能を見出されており、有能な若者を教育をするという方針から元連邦軍在籍という経歴を持つ(連邦軍が優秀というわけではない)。その教義のためか、貴族主義社会の実現を心から理想としており、上品で落ち付きがありクールに見える反面、マイッツァーに無断で独断専行した鉄仮面に反旗を翻す等、情熱的な一面も併せ持っている。

中盤から登場し、ベラ・ロナの教育係として護衛につく。彼自身はNTというものを信じていなかったようだが、ベラと話している内に信じるようになる。その後反逆したアンナマリーを自らの手で撃破するも損傷を受け一時後退した。
最終決戦には反逆したベラの駆るビギナ・ギナを発見するもあまりシーブック・アノーたちに関わらず、むしろ味方であるジレ・クリューガーにバグの事を詰問していた。
当のジレはしらばっくれており、その態度を許せずにいたザビーネはジレを殺害した。その後はスペース・アークを発見するも避難船であったこともあり見逃すことを決める。
また、損傷したF91を発見するも、宇宙を漂流しているらしいセシリーを探しているのに気付いてこちらも見逃すことを決定。祖国に連邦艦隊撃破などの報告も兼ねてドレル・ロナの部隊と合流して凱旋することを決める。

なお、以後の活躍はこちらを参照のこと。

【原作名言集】

  • 感情を処理できない人類は、ゴミだと教えたはずだがな…
    • 造反したかつての部下、アンナマリーを葬った際に放った台詞。だがこれが後に…。


【ゲーム内での活躍】

ガンダムvs.ガンダムシリーズ

ビギナ・ギナのアシストとして登場。
ショット・ランサーを構えて敵機に突撃する。
その誘導の良さはゲーム中でもトップクラスの性能であり、ステップなしではほぼ振り切ることができない程。
ステップの弱体化したNEXTでは敵機にプレッシャーを与えるには十分すぎる程の性能となっている。

EXVS.

コスト1000で参戦。ロック距離が短く、低コスト故のブーストの少なさはあるが、豊富な射撃攻撃にバグのアシストを持ち、格闘の性能もそこそこ良く、中距離射撃戦がこなせる格闘機となっている。

EXVS.FB

特格のデナン・ゾン呼び出しとニュートラル入力でその場からのランサー発射が追加された(従来のデナン・ゾン突撃はレバー入れ特格に移動)ほか、N格闘への射撃派生(マシンガンとランサーをゼロ距離射撃する。アンナマリーのダギ・イルスを葬った場面のアレンジ)の追加、キャンセルルートの増加、バグのチャージ時間の短縮などの変更を受けた。
バーストアタックは『貴族主義の旗を掲げよ!』。相手を掴んで上昇し、召喚したデナン・ゾン3機に相手を突かせスタンさせた後、ビームフラッグで上に叩き飛ばす。

EXVS.MB

特に変わった点はないがコストが1500になったことでアメキャンができるようになった。
格闘につなぎやすいメイン、高誘導のサブと両特射、マスター、クアンタBSの前格をつぶすBD格と対格闘型特化
機体となっている。感情を処理して迎え撃ってやろう。

EXVS.MBON

特に変更なし

EXVS2

サブが誘導性低下、特射の広がりが大きくなり使い勝手低下、格闘CSに単発150の切り抜けに変わるなど変化した。
UPDでそれぞれ性能が上がり、射撃機が相手でもヒット&アウェイでダメージを積み重ねて行けるようになった。
旧BD格も前に移り、とっさの迎撃ができるようになってる。
性能は微妙だがBD格がショット・ランサーを両手でもって切り抜ける豪快なものになった。


【勝利・敗北ポーズ】(EXVS.)

勝利

背部のビーム・フラッグからシャル家の紋章を掲げ浮遊する。

敗北

機体の各部が破損し、ショット・ランサーを地面に突き刺して寄りかかり、かろうじて立っている状態からガクッと右に崩れ落ちる。

【勝利・敗北ポーズ】(EXVS.FB以降)

勝利

通常時:後ろを向いた状態から振り返り素立ち。
覚醒中:前作同様、背部のビーム・フラッグからシャル家の紋章を掲げ浮遊する。EXVS2から足の角度が変わり左足を前に出すポーズに変更

敗北

前作同様。
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。