ガンダムF91

登場作品 機動戦士ガンダムF91
型式番号 F91
全高 15.2m
重量 7.8t
所属 地球連邦軍
搭乗者 シーブック・アノー
武装 バルカン砲
メガ・マシン・キャノン
ビーム・ライフル
ビーム・サーベル
ビーム・ランチャー
V.S.B.R.
ビーム・シールド
予備ビーム・シールド
特殊装備 バイオ・コンピューター
M.E.P.E.
MCA(マルチプル・コントラクション・アーマー)
サイコ・フレーム

【設定】

海軍戦略研究所(サナリィ(S.N.R.I.:Strategic Naval Research Institute)のフォーミュラ計画で開発された試作MS。
正式な名称は「F91(フォーミュラ ナインティワン)」で*1、「ガンダムF91」は初代ガンダムに肖ってスペースアークのレアリー艦長代行に付けられた。

先代のF90によって得た小型化のデータを元に、当時の小型MSの限界性能の達成を目標として開発された。
F90Vタイプでの運用結果を基に改良されたビーム・シールドやV.S.B.R.などの武装とこれらを充分に運用できる小型・高出力のジェネレーターの採用により、高い機動力と攻撃力を併せ持つ機体となった。
F90の時点ではまだ試作品しかなかったバイオコンピュータや、電装系と装甲材を原子レベルで融合したマルチプル・コントラクション・アーマー(MCA)と呼ばれる新技術や、νガンダムユニコーンガンダムに採用されたサイコ・フレームも内蔵している。

また装備換装型MSであったF90の名残でハードポイントも何箇所か設置されており、F90のミッションパックも一部装備できる他ビーム・ランチャーなど連邦軍規格の一部の武装をマウントする事も可能。

高出力ジェネレーター採用によりビーム兵器を数多く装備し、特にV.S.B.R.は通常のビーム・シールドを貫通する威力を誇る。
リミッターを解除したフル稼働モードではフェイスガードを初めとした各廃熱機構が展開され、装甲表面のM.E.P.E効果によりバイオコンピューターが強制冷却される。これの副次的効果により、敵センサーに擬似的な分身を認識させることがある(いわゆる「質量を持った残像」と呼ばれるもの)。

バリエーション機として、V.S.B.R.が開発失敗した場合の代用装備型バックキャノン・タイプ*2、V.S.B.R.を4基に増設したツイン・ヴェスバータイプ、一部をオミットしたものの外観と装備性能はほぼ同じの量産型、ハリソン大尉用に青く塗装された量産型が存在する。

本機を始めとしたサナリィの「フォーミュラ計画」の成功により、それまで隆盛を誇ってきたアナハイム社はその影響力を減退させていくことになる。
機体自体はU.C.116年には完成しており「機動戦士ガンダムF91 フォーミュラー戦記0122」にてフロンティアIに運び込まれる前に戦闘を行っていて、その時点ではバイオ・コンピュータ未搭載の代わりに単純な学習型コンピュータを装備していてゲームシナリオラストの122年年末にバイオコンピュータが完成しF91に搭載されたという事になっている。

ちなみにフォーミュラ計画にはMSの大型化によるコスト増加やメンテナンス性低下を抑えるという意味も多分に含まれていたのだが、劇中でメカニック達は整備に相当苦心している様子であった。
これはサナリィ正規スタッフがマニュアル類の大半を持って月に逃げ帰ってしまっていた事や、ジェガンヘビーガンなどとは違う最先端技術の塊であった事などが理由に挙げられる。結局シーブックの母親でもあった開発者の一人であるモニカの助けが無ければ、満足な状態で動かす事すら不可能であった様だ。
またその高性能を最大限発揮できるのは、U.C.0123現在ではほぼ風化されていた高いNT能力を持つ者だけであった。


『機動戦士ガンダムF91』主役機。設定・姿共に、それまでの宇宙世紀系ガンダムとは一線を画する存在。
ダウンサイジング、バイクのエンジン・ラジエータ部分を参考にした胸部、(名前からも想像出来るように)フォーミュラーカーの意匠を取り入れた曲線的なフォルム、背部に直接設置されたヴェスバーなどの新要素を多く取り入れたデザインが特徴である。


【武装説明】

バルカン砲

頭部に2門内臓されている小型機関砲。

メガ・マシン・キャノン

胸部コックピットハッチ脇の左右に2門装備されている。
バルカン砲より大口径で威力も高いが、装弾数は少なめとなっている。

ビーム・ライフル

F91専用のビーム・ライフル。性能そのものは当時の一般的仕様の物。

ビーム・サーベル

左サイド・スカートに2本格納。連邦軍の標準型よりも高出力かつ長時間の使用に耐えられる。
両手に持った状態で高速回転させ、おびき寄せた「バグ」を撃墜しまくるシーンは有名で、本作の格闘でも再現されている。

ビーム・ランチャー

ビームをパルス状に圧縮して発射する砲撃武器で、F90Aタイプのメガ・ビーム・バズーカの後継機種の一つ。
ラフレシアのコクピットに突き付けた姿が印象的。
小説版では専用装備として最初から装備していること、他の機体の装備した描写が無い事やF91のデザインにマッチしていることから「F91専用装備」ともとれるが、劇中では最初から装備されていないこと、バグ迎撃後になぜか宇宙空間を漂っていたものを装備したことから「連邦軍標準規格の武装」とする説もある。
リアスカートアーマーにマウントでき、無印とNEXT勝利ポーズなどで確認できる。

V.S.B.R.

F91の背面に左右一対2基装備されジェネレーターと直結している新型銃器。
「Variable Speed Beam Rifle(可変速ビームライフル)」の略称で「ヴェスバー」と読む。
調節によりビームの弾速と収束率を貫通力重視の高速型、破壊力重視の低速型など状況に応じて任意で無段階連続帯域レベルで調節でき、貫通力重視の際は敵機を展開しているビーム・シールドごと撃ち抜き撃破できる(低速型は主に対艦攻撃に使用される模様)。バイオ・コンピュータのおかげでトリガーをビーム・ライフルと連動させて発砲したり背面に収納した状態で背後に向けての発砲もできる。
弱点は固定武装が為の射角の狭さである。しかし本体から切り離しても内蔵大容量メガコンデンサの恩恵(F90Vの頃は無かったF91の改良点)で2,3発程度なら発射可能。
当時MSが携行する火器としては最強クラスで、U.C.0130年代(製作から10年経過)に入ってもその威力は衰えず、量産型F91にもそのまま採用され破格の攻撃力を与えている。またV2ガンダムのアサルト装備にもハードポイント接続型が搭載されている。ただしこちらは本体から切り離して使用することはできない。

コロニー内戦闘の多かった劇中では、威力が高過ぎコロニーを傷付けるとしてあまり使用されなかった。
宙域戦闘であったラフレシア戦では遭遇時に左側ヴェスバーはビギナ・ギナに接触された際に脱落している。右側ヴェスバーは途中で拾ったデナン・ゲーのビーム・ライフルとランチャーと共にラフレシアの攻撃に使用されたが、さすがにラフレシアの高出力Iフィールドを貫く事は出来ず、決定打を与えられないまま途中でライフルと一緒にテンタクラーロッドに破壊されている。

ちなみに可変速ビームライフル*3とあるが、構造上メガ粒子砲に近いものの取り外して使えるのでBRの名称が付いている。

ビーム・シールド

連邦製MSとしては初めて標準装備として正規採用されたビーム・シールド。F90Vでの運用テスト結果(シールドビームの発生の不安定が改善内容として挙げられていた)を基に大容量メガコンデンサを仕込む改良が施されクロスボーン・バンガード製MSのそれと遜色無い性能になった。
右サイドスカート内に予備シールドが格納されており、劇中ではこれをシールド展開状態で投げ捨て囮にするなどしていた。

バイオ・コンピュータ

シーブックの母であるモニカ・アノー博士が開発した、生物細胞のデータや有機材料を使用した新世代型のコンピュータ。パイロットの技量を分析し過度の負担をかけないよう機体にリミッターを掛け、その上でパイロット・MS双方の限界能力を引き出す機能を持っている。F91以降のフォーミュラーシリーズ(量産型含む)の機体には標準で搭載されている模様。他に、機体の得た情報を直接パイロットの脳に伝えたり、パイロットが考えた事をある程度機体に反映させることができる。ただし動作負荷も含めた過熱に弱い為F91の様な冷却システムが充実したMSでなければ搭載出来ない。

M.E.P.E(金属剥離効果=Metal Peel-off effect)

バイオコンピュータによってMSの限界稼動が可能であると判断された時、リミッターを全解除、機体はフェイスオープンや各部位の廃熱機構を展開する他、装甲の表面を剥離させて余剰熱を直接放射するM.E.P.Eを発生させバイオコンピュータを強制冷却する。この時MEPEの副産物として、剥離した装甲の金属片が敵機のセンサーに誤認識を起こさせ、敵機からはあたかもF91が分身しているように見える(いわゆる「質量を持った残像」)。この効果は当初から意図されて搭載されたものではないようだ。またM.E.P.Eを発動させる程の限界稼動をさせる事が出来るのはNTのような凄腕なパイロットだけであった。


【劇中での活躍】

連邦軍本隊から取り残された練習艦「スペース・アーク」内に保管されており、同艦を拠点としていたフロンティアI住民のレジスタンスにより整備されていた。正規のメカマンがいなく起動に難儀したものの、マニュアルビデオの開発者であるモニカ独特の言い回しをシーブックの妹でモニカの娘であるリィズ・アノーによるあやとり用語の解読のおかげで真相が分かり、まともに動かせれるようになった。
相性が良かろうという理由でモニカ・アノーの息子、シーブック・アノーがパイロットとなり、クロスボーン・バンガードとの戦いで主力として活躍、シーブックの技量の向上もあいまって多大なる戦果を残す。最後は鉄仮面ことカロッゾ・ロナの搭乗するMAラフレシアと死闘を演じ、M.E.P.Eの力により撃破に成功した。

「F91」本編の前日譚にあたる「機動戦士ガンダムF91 フォーミュラー戦記0122」(SFCのゲームソフト)では主人公「ベルフ・スクレット」の後期の機体として登場し、オールズモビルやクロスボーン・バンガードの一部の部隊を壊滅させる戦果を挙げる*4
ただし、バイオ・コンピューターは未搭載のため、実質デチューン状態であり限界性能引き出しの副産物であるM.E.P.Eは発動しない。

正式な続編である「機動戦士クロスボーン・ガンダム」にも連邦軍に正式採用された量産型が登場。編隊を組んで飛ぶ姿をキンケドゥが懐かしがっていた。


【パイロット説明】

シーブック・アノー

CV:辻谷耕史

新サイド4(元サイド5)、フロンティアIVの総合学園工業科に通う普通の高校生だったが、クロスボーン・バンガードの襲撃を受け妹と友人たちとフロンティアⅠに逃げ込む。そこに居た連邦の練習艦、スペース・アークに拾われ成り行きでF91のパイロットをやらされることになる。
友人たちと違い最初から戦争に批判的でクロスボーンに強い敵対心を持つ。しかしMSパイロットの素質は高く、F91を早くも乗りこなしクロスボーンの機体を次々と撃破、セシリーとも再会し撃ち落す事無く説得に成功する。
ニュータイプ能力は全体的に見ても良好だが、NTをパイロット特性のある人間と誤解している。精神的には安定しておりバグによる大量虐殺時の際も、怒りつつ味方のビルギットに注意する場面があった(結局ビルギットは撃破されたが)。ラフレシアとの決戦ではセシリーのビギナ・ギナが倒されるもののF91のリミッターを解除、質量を持った残像でラフレシアを翻弄し、カロッゾを倒す。その後宇宙を漂流していたセシリーをNTの勘で見つけ出した。

名前の由来は「見本」を分けて英訳(see book)しての造語。
ガンダムの主人公としては珍しい性格の良さから、製作スタッフからも「いい子」などと評判がいい。
関連の有無は不明だが…プレイヤー間では海本(うみもと:"sea"book)、続いてクロスボーンに黒本という通称がある。
余談だが、やはりというべきかボンボン漫画版では相当性格や口調が違い、かなり不良っぽい。
さらに余談だが、ボンボン漫画版を執筆した井上大助は後にデラックスボンボンで『宇宙の騎士テッカマンブレード』の漫画版を担当するが、本編の重々しい展開をギャグ色も強い熱血ヒーローアクションとして描いたことも話題を呼んだ。

後に「キンケドゥ・ナウ」と名を変え、クロスボーン・ガンダムX1を駆って木星帝国に戦いを挑んでいく。

キンケドゥ時代については、クロスボーン・ガンダムX1改を参照。

【原作名言集】

  • F91ガンダムは、シーブック・アノーで行きます!(機動戦士ガンダムF91)
  • パイロットは死んだ?死んだのか……。
  • こいつは強力すぎる……!(同上)
    • ヴェスバーを初めて使用して、ビームシールドを展開する敵機を撃墜した時の感想。
  • あの光、僕には宇宙を乱す物の怪のように見えるよ(同上)
  • なんとぉー!(同上)
    • M.E.P.E.を使用して接近中に言った台詞、ウッソやジュドーも使っている台詞だが、使われたタイミング的にシーブックが一番有名なのだろうか?ゲームでの発言とアクセントが違ったりする。本編は「なんとぉーっ↘」みたいな感じ。
  • わはははは ききてーか よーし よーくおぼえておけよーッ!! ガンダムF91(フォーミュラ)どあーッ!!
    • 相手が「ウオオなんだこのモビルスーツはーっ!?」と発言した際の返答。この段階でアニメとは別人というのがわかるだろう。これより以下はボンボン版のセリフ。
  • わははは すげェ すげェぞ こいつは最強のガンダムどぁーっ!!
    • 上のセリフのあと。「どぁーっ」って…
  • しずかにしてろってのトゲゾーくんてば 射撃大会のはじまりなんだから…
    • ラストバトル前に、バグを踏み抑えながら。
  • ゲームオーバーだ ド外道ーーッ!!!
    • ラフレシアに止めを刺すまえの一言。


【ゲーム内での活躍】

ガンダムVS.ガンダム

コスト2000の機動力重視の万能機として登場。
機体の小ささと高い機動力、誘導切り効果があるM.E.P.E.も相まって高い回避性能を誇るが耐久値が同コストで最低のいわゆる「当たらなければどうということはない!」を地で行き、射撃・格闘ともに隙がなく高い火力を有する機体。M.E.P.E.や換装を使い分けることで距離を選ばずに闘うことが出来るため、ある程度習熟することで安定した活躍を見込める。
ちなみにモビルアシストと味方CPUとしてこの機体が登場したときの酷さには定評がある、M.E.P.E.を勝手に発動、そして自分から核などの強力な範囲兵器に突っ込んで行き気がついたら死んでいる、特に終盤はえげつない火力補正がかかっているので文字通り「蒸発」することが多々ある。どうやら、MEPEを発動したら回避運動がおざなりになる様子。
余談だが誘導切りを無視し、射撃タイミングが任意調節可能なキュベレイMk-II(プル機)の特殊格闘は天敵。

この作品からオールスターに常に参戦しているが、以後の作品も含めて毎度「強すぎず弱すぎず」のある意味一番おいしいポジションの評価を受けており、ガンダムヘビーアームズ改、ガンダムヴァサーゴ(CB含む)と含めて「良調整3強」と言われる時もあったがヘビーアームズ改(EW版)がEXVSFBでF91がEXVSMBでコスト内最上位争いに加わりヘビーアームズ改(TV版)はEXVSシリーズではコスト低下コンパチ枠の為かかなり控えめな性能となりこの呼ばれ方は過去のものとなった。

NEXT

コスト3000を除くと耐久力が減少していない数少ない機体。
基本的には前作と変わらないが、格闘能力全般(特に初段のダウン値増)の弱体化やヴェスバーの大幅弱体化が痛い。肝心のM.E.P.E.はNDによってラッシュ攻撃が出来るという利点は影を潜めてしまったものの、ブースト無しでのラッシュ、発動中の誘導カット効果は未だ大きく、タイミングを誤らなければ攻防で高い戦果を上げられる。また前作のいいとはいえないアシストとされたヘビーガンも強化された…それでも信頼度は低いままだが。味方CPUの頼りなさはほぼ相変わらずだがプレイヤーには殺意と諦めの念をもって受け入れられている。それでも、M.E.P.Eが開幕から使えなくなったのでだいぶましになった。どうでもいいがCPUはやたらヴェスバーモードを愛用する。

EXVS.

コスト2000で続投。
換装がなくなり、ヴェスバーがサブ、ビーム・ランチャーが射撃CSに変更。M.E.P.E.は常時誘導切りの効果あり(残像は演出になっている模様)、さらに発動中はサブのヴェスバーの弾数が増える、専用格闘追加と攻撃的になった。相変わらずの射撃火力を持つが、同コスト最低の耐久も相変わらず。ゆえに事故に非常に弱く、覚醒がややたまりにくいのが欠点。
また、高火力と引き換えに武装の取り回しが大きく、各種行動のブースト消費量が多め。そのため他の万能機と比べると、ブースト量がカツカツになりがちなのも地味な欠点である。
コスト2000万能機なので基本的には中距離射撃戦による相方の援護に回るが、接近戦もそこそここなせる。特に回り込みの大きい横格は差し込みやすく、サブで〆れば高ダメージと強制ダウンを両立できる。
勝利ポーズが棒立ちで片手をあげてサーベルを掲げるという他機体に比べてシンプルなため、よくネタにされる。

EXVS.FB

前作から弱体化点が多かったが、アップデートで前作性能+αに落ち着いた。
新要素としてM.E.P.E.中に限り機動力とNサブの威力が上がるようになり、レバー入れサブにヴェスバー【連射】を得た。
上記の追加点によりM.E.P.E.中の奪ダメージ力が大幅に向上し、もはや時限強化といえるほどになった。
覚醒技は「武装切替攻撃」。乱舞系の技だが動作中は誘導切りがあるのでカットされにくいのが強み。

EXVS.MB

アシストのビギナ・ギナの攻撃パターンの追加やキャンセルルートの増加、格闘性能の強化がなされた。
特に後格闘は優秀なコンボパーツになり、奪ダメージ力が更に上がった。
さらにM.E.P.Eの回転率が大幅に向上し、ドライブに対応しやすくなり、さらに評価が上がった。

EXVS.MBON

特に変更なし

GUNDM VERSUS

コスト400(前作までの2500)で参戦。
コストアップの恩恵として、横サブ、後格3段目、特格が常時使用可能なほか、後サブ追加など武装が充実した。

【勝利・敗北ポーズ】(ガンダムVSガンダム、NEXT)

勝利ポーズ

2種類でランダム
右手にビーム・ライフル、左手にビーム・サーベル、さらに右ヴェスバーを展開して決めポーズ。ちなみに腰にビーム・ランチャーをつけている。
右手にビーム・サーベルを逆手持ち、左腕のビーム・シールド発生器からサーベルを展開して決めポーズ。やや屈んでいる

敗北ポーズ

片膝をついてうな垂れる

【勝利・敗北ポーズ】(EXVS.以降)

勝利ポーズ

  • 通常時:抜刀しているほうの腕を掲げガッツポーズ
  • MEPE発動時:残像を残しながらふらふらと浮遊した後、カメラに向かってBRを構える
  • ビギナ・ギナ呼出し中(EXVS.FBにて追加):両方のヴェスバーを構えた状態で、ビギナ・ギナと共に並ぶ。

敗北ポーズ

  • 左手首先と片足が無くなった状態で宙に浮いている。
原作のラストシーンの再現

【勝利・敗北ポーズ】(GVS)

勝利ポーズ

  • 通常時:ビーム・サーベル二刀流で、浮遊しながら頭上で右サーベルを回転させた後に振り払う。
  • サブ射撃で勝利:浮遊しながら右側へヴェスバーを構える。
  • MEPE中:残像を出しつつ左右に移動した後に下がって右先方へBRを構える。

**敗北ポーズ
  • 左手首先と片足が無くなった状態で宙に浮いている。
原作のラストシーンの再現


【その他の活躍】

ガンダムビルドファイターズ

ジュリアン・マッケンジーが使用するガンプラとして本機の改造機「F91イマジン」が参戦。
メイジン・カワグチが駆るガンダムアメイジングエクシアと対戦、トランザムとM.E.P.E.の高速機動対決を見せた。
パッと見カラーリングが違うだけだが、M.E.P.Eを再現しており、使用者ジュリアンの腕も相まって非常に高い性能を誇る。
さらに、フェイスオープンと同時に口から目が眩む程の高出力ビームを発射できるという隠し技を持つ。
フェイスオープン時の光がビームに見えることから、「F91はラフレシアを口から出るビームで倒した」と思い込んだ人が多かった事が元ネタだろう。

ガンダムビルドダイバーズ

有志連合に参加したフォース「鉄仮面ズ」のリーダーが使用するガンプラとして登場。
ラフレシアと同じ真っ赤なカラーになっており、ショット・ランサーとバグを模したシールドを装備している。

SDガンダム

F91はSDガンダム界隈でも一際優遇された機体である。
騎士ガンダムの"円卓の騎士"編で初登場した後は"聖機兵物語"前半で主役級の扱いを受ける(灼騎士F91→灼熱騎士F91 負傷後はなぜかアナハイム製のシルエットガンダムをモチーフにした幻影騎士RXF91となって再登場)。
武者世界でも"地上最強編"の天宮(アーク)編と続編"伝説の大将軍編"の2エピソード分の主役を張った後に大将軍に出世、彼の血脈(しかも息子がV2とゴッド)が国を納めることになる(頑駄無衛府弓銃壱→烈光頑駄無→新生大将軍 BB戦士100体記念にはF91と豊臣秀吉をモチーフにした全身金ぴかの千成大将軍も作られた)。
コマンド戦記でもF91にパワーアップしたキャプテンガンダム(キャプテンF91)が主役になり、映画まで作られる。
仮面ライダーやウルトラマンとの共演を果たしたコンパチヒーローシリーズでもほぼ毎回顔を出し、主役扱いもチラホラ、など初代ガンダム以上に顔が広い(プレイアブルだけでもバトルドッジボール、バトルサッカー、ラストファイターツイン、ザ・グレイトバトルIIIなど)。
そのせいか当時はガンダムシリーズは知らなくともF91だけはキャラクターとして知っているという子供も続出。
作品が公開された1991年、主題歌「ETERNAL WIND〜ほほえみは光る風の中〜」で森口博子が紅白歌合戦に出場する(ガンダム主題歌が紅白に出たのはこの曲と、2004年「ココロオドル(SDガンダムフォース)」、2015年「オルフェンズの涙(機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ)」のみ)など、ガンダムの知名度を爆発的に引き上げた名機である。
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。