機動戦士ガンダム 逆襲のシャア

読み きどうせんしがんだむ ぎゃくしゅうのしゃあ
英訳 Mobile Suit Gundam Char's Counter Attack
媒体 劇場映画
話数 1部
メディア展開 VHS、DVD、BD、コミックス、小説
登場勢力 地球連邦軍(ロンド・ベル隊)、新生ネオ・ジオン
本シリーズ登場人物 (本編)アムロ・レイ、シャア・アズナブル、チェーン・アギ、クェス・パラヤ、ギュネイ・ガス、ケーラ・スゥ
(ベルトーチカ・チルドレン)アムロ・レイ、シャア・アズナブル
本シリーズ登場機体 (本編)νガンダムサザビーリ・ガズィヤクト・ドーガα・アジールジェガンギラ・ドーガレズン専用ギラ・ドーガ
(ベルトーチカ・チルドレン)Hi-νガンダムナイチンゲールサイコ・ドーガ
本シリーズ使用BGM BEYOND THE TIME~メビウスの宇宙を越えて~(ガンガン、NEXT)
SALLY(EXVS.)
SWAN <白鳥>(EXVS.)
Gクロスオーバー アクシズ
本シリーズ関連ステージ アクシズ(NEXT)
ロンデニオン(EXVS.)

【あらすじ】

宇宙世紀0093。かつてのジオン国創始者、ジオン・ズム・ダイクンの嫡男、キャスバル・レム・ダイクンことシャア・アズナブルは変わることのない地球人類に対する失望を強めていた。そして、ついに地球人類とその腐敗の原因である地球連邦政府を粛清するために新生ネオ・ジオンを設立、アクシズを地球へ落下させる「地球寒冷化作戦」を掲げ立ち上がった。アムロ・レイ、ブライト・ノア、かつてのエゥーゴとカラバ出身の兵士が所属する第13独立部隊「ロンド・ベル」隊はこれを阻止するため独自の行動でシャアに立ち向かうことになる。

白き流星アムロと赤い彗星シャア。永遠のライバルである2人の最終決戦が、今始まる…。

その頃、ブライトの息子ハサウェイ・ノアは、アデナウアー・パラヤの娘クェス・パラヤと出会い、彼女に恋を寄せる。だが、ハサウェイもかつてのアムロと同じような悲劇が始まってしまうのであった…。

【作品解説】

ガンダムシリーズ第4弾であり、『機動戦士ガンダムZZ』及び『機動戦士Zガンダム(劇場版)』の続編。『機動戦士ガンダム』の14年後の時を描き、その主人公アムロとそのライバルのシャアの最後の戦いが描かれる、ガンダムシリーズのアニメーション映画としてはTV作品の再編集でない初の完全新規作品である。

シャアはこの作品において、ギレンやハマーンといった旧世代の悪役のようないわゆる「人類粛清」を行う。
やもすれば、この作品を見て、Z以前の「かっこいい勧善的なシャア」との違いを感じてしまう若年層は多いかもしれない。
しかしながら、少なくともシャアの本心は過激な地球粛清のみにあるわけでなく、「逆襲のシャア」は、一元的に語ることのできないその人間味の深さを、感慨に考えさせられる作品となっている。

作画は、ジブリ映画とも遜色のないハイレベルな手書き(当時では当然)で全編綴られており、この作品に対してはエヴァンゲリオンの庵野監督も「一つの日本アニメの金字塔」と高く評価している。
ガンダムファンにとって避けて通れない作品であることは、間違いない。

劇中終盤の敵味方の垣根を越えた引力圏からのアクシズ押し出し、サイコフレームの輝きはガンダムシリーズ屈指の名場面としても語られることも。ちなみに、ファンからは「逆シャア」、「CCA」の略称で呼ばれたり表記される事が多い。
最後の展開、特にアムロとシャアの生死の行方は議論を醸した。「太陽に行った(つまり死んだ)」、「ちゃんと救出された」など様々な憶測が飛び交った。後の声優と製作の座談会において「二人(アムロとシャア)は死んだんですかね?」と声優が質問した際「そう受け取ってもらって良い」と明言はしないまでもほぼ肯定していた。尚、公式宇宙世紀年表では連邦軍によるアムロの捜索は2年で打ち切られ、「行方不明(戦死扱い)」とされた。

小説版「ベルトーチカ・チルドレン」は富野監督が制作初期の逆襲のシャアの構想を元にしている。ある意味では「本来の逆襲のシャア」と言える。大まかな流れは同じだがヒロインが「機動戦士Ζガンダム」に登場したベルトーチカ・イルマであり、アムロは彼女と結婚しており、子供も生まれる所まで来ている。登場MS、一部キャラの名前も異なっている。

【本シリーズ関連使用BGM】

BEYOND THE TIME ~メビウスの宇宙を越えて~

  • 「機動戦士ガンダム逆襲のシャア」の主題歌でアーティストはTM NETWORK。
  • ガンガンでは「逆襲のシャアステージ」、NEXTでは「アクシズ」で主に使用されている他、アムロやシャアの乗るνガンダムやサザビーが増援として出てきた時にこの曲がかかることもある。
  • NEXTが稼動される前にTM NETWORKのメンバーのひとりが逮捕された為、この曲が使われなくなるのではと思われたが、特に問題なく使用された。筐体によって収録されているものとされていないものがあるらしく、収録されていないものでは本来この曲が流れる出撃デモは無音、ステージは「激戦の果て」で代用されている。

SALLY <出撃>

  • 劇中曲。主題曲である「MAIN TITLE」のアレンジだが、割と曲調が似ており、ゲームなどでも使われる機会が多いため聞き慣れていないと混同しやすい。

SWAN <白鳥>


【本シリーズGクロスオーバー】

アクシズ

  • ガンガンにおける「機動戦士ガンダム 逆襲のシャア」枠のGCO。当たり判定が大きい。地上にいればそうは当たらないが、迂闊にジャンプ等ができなくなる。余談だが、全体の3分の2ぐらいの距離を進んだ辺りから先頭部分が緑色の光に包まれ始める。サイコフレーム共振の再現であり、芸が細かい。


【ガンダムVS.ガンダムにおけるステージタイトルとの関連】

  • 逆襲のシャア(ノーマルコースDルートSTAGE4)…作品タイトルから
  • 粛清(ハードコースBルートSTAGE2)…劇中のシャアの台詞から
  • ガンダムは伊達じゃない(ハードコースBルートSTAGE10EX)…劇中のアムロの台詞から


【本シリーズ関連ステージ】

アクシズ

  • 一年戦争前からジオン本国から木星までの中間拠点として機能していた資源衛星。一年戦争後、ジオン残党の大半が戦局を離脱し宇宙要塞に改修。その後、残党組織はアクシズ(のちにネオ・ジオン)と名乗り要塞を拠点として、ティターンズ、エゥーゴ、地球連邦軍と対立をした。第一次ネオ・ジオン紛争後、連邦の管理下だったが「逆襲のシャア」では「地球寒冷化作戦」の為、新生ネオ・ジオンの裏取引により接触され、地球に落とされそうになるが、アムロ達に阻止される。
  • NEXTにおけるステージの1つ。前作の「逆襲のシャアステージ」の流用であるが、νガンダムのサイコフレーム共振状態となっているため、全体的に緑のオーロラがかっている。アクシズの核パルスエンジンの上をアクシズが2個も通過することがあるのは気にしてはいけない。

ロンデニオン


ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。