機動戦士ガンダム

読み きどうせんしがんだむ
英訳 Mobile Suit Gundam
媒体 TVアニメ
話数 全43話
メディア展開 VHS、LD、DVD、コミックス、小説、ゲーム
登場勢力 地球連邦軍、ジオン公国
本シリーズ登場人物 アムロ・レイ、カイ・シデン、ハヤト・コバヤシ
シャア・アズナブル、ガイア、アカハナ、ララァ・スン
セイラ・マス、スレッガー・ロウ、リュウ・ホセイ、ガルマ・ザビ
マッシュ、オルテガ、ボラスキニフ、デミトリー
マ・クベ、キシリア・ザビ、ドズル・ザビ、ククルス・ドアン、ランバ・ラル
本シリーズ登場機体 ガンダムガンキャノンガンタンクコア・ファイター
シャア専用ザクIIドムアッガイジオング
エルメスシャア専用ゲルググGファイターGスカイイージー
ガンペリードップゾックゲルググマゼラアタック
ミデアザクIIジムボールザクレロ
ギャンアッザムビグ・ザムシャア専用ズゴック
61式戦車ズゴック?リック・ドムグフザクI
本シリーズ使用BGM 翔べ!ガンダム(ガンガン、NEXT、EXVS.FB)
颯爽たるシャア(EXVS.)
窮地に立つガンダム(EXVS.)
Gクロスオーバー コロニー落とし
本シリーズ関連ステージ サイド7(ガンガン・NEXT・EXVS.)
ジャブロー(NEXT)
ア・バオア・クー宙域(EXVS.FB)

【あらすじ】

……人類が、増えすぎた人口を宇宙に移民させるようになって、すでに半世紀がたっていた。地球の周りの人口の都市、「スペースコロニー」は、人類の第2の故郷となり、人々はそこで子を産み、育て、そして死んでいった……。


宇宙世紀0079 1月3日
地球から最も遠いコロニー「サイド3」は「ジオン公国」を名乗り、地球連邦政府に独立戦争を挑んできた。後に「一年戦争」と呼ばれる独立戦争の火蓋が切って落とされた。
ジオン公国軍が投入した「モビルスーツ」と呼ばれる人型機動兵器の多大な戦果により物量差を質で補い、更に早期決着を狙い地球連邦軍本部がある「ジャブロー」にコロニー落としを敢行、コロニーを地表に落とすことには成功したが、連邦軍の決死の対抗によりジャブローを外れオーストラリア大陸に落下した。
この戦いにより連邦とジオンは総人口の半分を死に至らしめる結果となり、人々は自らの行いに恐怖した。

戦争が膠着状態に入って8ヶ月 宇宙世紀0079 9月23日
地球連邦軍は逆転をかけたV作戦を開始、ジオンに対抗するために秘密裏に独自のモビルスーツとジャブローで運用のための新型宇宙戦艦「ペガサス級宇宙母艦」を開発し、最終調整の為、コロニー「サイド7」へと出航をした。
それを察知したジオン軍の赤い彗星「シャア・アズナブル」率いる部隊がサイド7を襲撃、戦火の中を逃げる途中でアムロ・レイはV作戦における重要機密・MSの操縦マニュアルを手に入れ、入港していたホワイトベースへ輸送するためにMSトレーラーに積まれていたガンダムと運命的な出会いを果たし、MS「ザク」を退ける。
しかし、その戦闘中、コロニーの壁に大きな穴があき、とても住める状態とは言えなくなってしう。そのおかげでサイド7の住人は難民となり、新型軍用艦「ホワイトベース」へと身を寄せることとなる。しかし乗組員のほとんどが見習士官や非正規軍人の少年少女という過酷な状況の中シャアの追撃を受けながらも、ホワイトベースは連邦軍宇宙要塞「ルナツー」へと向かうのであったのであった……。

君は、生き延びることができるか?


【作品解説】

いわずと知れた最初のガンダム。通称「ファーストガンダム」である。

当時、ロボットといえば子供のものであった。
分かりやすく言えば、今で言う戦隊ヒーロー物(スーパーロボット)であり、宇宙人やら地底人やらの悪の組織が攻めてきて正義のヒーローロボットがそれを倒すというわかりやすい勧善懲悪が話の筋であるものが主流である。それが当時のロボットアニメに対する認識だった。その中で生まれたのが『機動戦士ガンダム』であった。
世界観は今までになく本格的な戦争物語であり、その中でアムロ・レイという少年に焦点を当てた成長物語である。
モチーフをアメリカ独立戦争や第二次世界大戦に求めていることもあってバックグラウンドも含めれば戦争物語としてもかなり重厚。
「ロボットありき、ロボットが主役」という従来の概念から「人が主役、主役級ロボットも道具に過ぎない」という立場を作り出し、“リアルロボット”というジャンルの過渡期を作り出すこととなった。

やはりその中でも特徴的なのが主人公アムロの性格であるだろう。どこにでもいたありきたりな少年(若干卑屈だが)が突然戦争に巻き込まれ、兵器に乗り込んで戦うことを命じられる。これに対し抵抗し、現実に傷つき、自分と葛藤し、仲間や好敵手との出会いと別れ・助け合い・戦うことを経て精神的に成長してゆく姿が描かれている。戦争を嫌がる主人公というのはもちろん勧善懲悪の物語ではあり得ないし、ロボットありきの従来作では「ロボットに乗ることを嫌がる主人公」はもちろんありえない話だった。
これらの殻を大きく打ち破ったことはこの作品が神格化される理由となっているのは疑いようがないだろう。

「子供が見るには物語が複雑で、大人はそもそも“ロボットアニメ”は見ない」という時勢から、放送時の視聴率は伸びず打ち切りとなってしまったが、プラモデル(ガンプラ)の大ヒットや雑誌などの熱いプッシュのお陰で話題は広がり、再放送、再々放送時にその価値は花開くこととなった。
主にハイティーン層から支持を集め、後に『第二次アニメ革命』と言われるそれは、“アニメは子供だけのものではない”ことをアピール(アニメ新世紀宣言)。以降、様々な表現がアニメの中で行われてゆくようになった。
ちなみに、大人気になる前のガンダムを細々と支持して支えてくれていたのは所謂アニメに精通した「アニメオタク」や兵器に精通した「ミリタリーオタク」な男性ではなく、美系のシャアなどキャラクターに惹かれた少女層であったそうである。この辺りは現代とも共通している所だろうか。

その古さゆえ、美しさや動きという面では、もちろん現代のそれに劣る点は否めない。
しかし、繰り広げられる話の内容は非常に深く、各々の人間が持つ「現実的な感情」や「心のゆらぎ」が描かれている稀有なアニメ作品と言えよう。
あからさまなギャグを除けば、アニメならではデフォルメ描写が(当時の他のアニメや、Z以降の冨野自身の作品と比べても)非常に少ないのが特徴であり、アニメや漫画というよりも映画的な「人間が生きている」描写が多く、会話の現実感が強い。
名作であることは疑いがなく、ぜひ一度、自身の目で鑑賞してもらいたい。

ガンダムAでは本作のキャラクターデザイナーを務めた安彦良和氏による独自のアレンジを加えて再構成された「機動戦士ガンダム THE ORIGIN」が連載されていた。基本的なストーリーはアニメと同一だが、シャアとセイラの過去などアニメでも描かれていなかったエピソードが追加されている。また、各種設定やエピソードも現在の視点で考えて不自然さがないように変更、再構成されており、まさに「完全版 機動戦士ガンダム」と言える内容となっている。
ちなみにガンダムA自体が「本作を連載するために創刊された雑誌」であり、本作は文字通りガンダムAの顔であった。最終話掲載号にてアニメ化が発表となり、その第1弾となる『機動戦士ガンダム THE ORIGIN I 青い瞳のキャスバル』が2015年2月に劇場先行公開とネットでの配信が行われる。

余談だがホワイトベースを筆頭とした航空力学を完全に無視した宇宙戦艦を大気圏内で飛ばすための飛行システムである「ミノフスキークラフト」に代表される技術は当時のファン(わかりやすく言うと同人サークル)による後付け設定が多い。
それを纏めたものを「ミノフスキー物理学」として公式化したものが現在の一年戦争における技術設定となっている。

「ガンダムVS.ガンダム」シリーズでは、原作登場機体がそこまで多いわけでもないのに(ガンダムタイプは1機のみ)、無印時点で他作品が2機又は1機なのにもかかわらず4機枠が用意され、NEXTでは6機枠+BOSS、さらにPLUSでジオング追加で7機と数多く登場。出撃OPデモも連邦とジオンの2種類、NEXTでのステージも2種類という、ある種の当然というべきか、かなり優遇されている。

【本シリーズ関連Gクロスオーバー】

コロニー落とし


【ガンダムVS.ガンダムにおけるステージタイトルとの関連】

  • ガンダム大地に立つ(ノーマルコースCルートSTAGE2)…第1話サブタイトル「ガンダム大地に立つ!!」
  • 迫撃!トリプル・ドム(ノーマルコースDルートSTAGE6)…第24話サブタイトル
  • シスターコンプレックス?(ハードコースBルートSTAGE8)…シャアには妹セイラがいる


【本シリーズ関連ステージ】

サイド7

  • 『機動戦士ガンダム』のスタート地点。アムロ・レイやカイ・シデン、ハヤト・コバヤシ他はこのコロニーで生活していた。連邦軍が極秘でMSを開発をしていたが、情報をつかんだジオンに奇襲をされる。
  • NEXTとEXVSにおけるステージの1つ。見通しがよく平坦なステージで障害物はすべて破壊可能。『平等』として各ゲームセンターにもよるが対人対戦で選ばれる事が多いらしい。しかし、「システム的に射撃機が有利なのに、障害物が無くなることで、不利な格闘機が非常に戦いにくくなり、とても平等とは思えない(つまり益々優劣に差が出る)」といった意見や「そもそもステージなんてある意味どこでも平等だ」という批判も出ている。これに飽きるなどして嫌悪感を持つプレイヤーから「再度7」と皮肉を込めたスラングで呼ばれる。
    • もともと『戦場の絆』において使われていたスラングで、同ゲームにおいてサイド7は初期はカード成時のみのチュートリアル(ただし説明の類は一切無しでいきなりCPUだらけの戦場に放り込まれる)ステージだった。何らかの理由でカードを紛失し、1からやり直す羽目になった人が漏らした愚痴が広まった。

ジャブロー

  • 南米の熱帯雨林地帯に位置する地球連邦軍の本部。一年戦争時、ジオン軍はここの攻略を2度するが失敗に終わる。グリプス紛争時には本部はキリマンジャロに移転されており、エゥーゴを誘う為の囮に使用されティターンズの核爆発で消滅した。
  • 連邦VS.ジオンのステージの1つで広い水中と分断された陸地が存在する地上と、高めの天井と建物等の障害物が多数存在する地下が別々のステージとして登場。連邦軍側のCPU戦では水陸両用MSが出てくるので水中で戦うと非常に苦しい展開になる。ちなみに劇場版の再現でBGMは哀・戦士が使われている。
  • NEXTにおけるステージの1つ。ステージ内にガウの残骸や背景に対空攻撃などがある事から一年戦争時のものだと思われる。


ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。