【種別】
フレイムヘイズ

【初出】
XX巻(呼称のみ。名称と詳細は公式ガイドブック完結編『灼眼のシャナノ全テ 完』)

【解説】
『焦沙の敷き手』(しょうさのしきて)の称号を持つ、“遍照の暈”ウィツィロポチトリのフレイムヘイズ。の色は金糸雀色。神器は丸に穴の開いた石のメダル型の“テオトル”。
大地の四神』の先師であるフレイムヘイズで、最古のフレイムヘイズの一人。弟子である『大地の四神』からは『宙の心臓』(そらのしんぞう)、『儀装の駆り手カムシンからは『大地の心臓の神官』と呼称されていた。
変換能力は灰。焼き尽くして消し炭にする。契約している“”の通称が太陽神を元にしていることや『天空を制す黄金』といった異名から、空中から炎をさながら太陽のように操り戦ったと思われる。

数千年前に『儀装の駆り手』カムシンや『棺の織手ティスたちと共に、『大縛鎖』創造の儀式阻止の戦いに参戦。創造神祭礼の蛇”が秘法『久遠の陥穽』によって両界の狭間へ放逐された際に、両界の狭間を直に見聞きしたことで、両界の狭間に嵐を巻き起こしている世界の歪みが発生する真の原因を悟り、後に弟子である『大地の四神』に秘中の秘として伝えた。

西洋からアメリカ大陸へやって来た白人たちが入植を始めてから17世紀後半までの間に、弟子である『大地の四神』がアメリカ大陸に住む人々の変わり様に悩み、教えを乞いに中米の水脈が流れる地下洞窟である『大地の心臓』を訪れた時には、精神の摩耗と衰微により骨と皮だけのミイラ同然の状態になっており、最後の力を振り絞ってウィツィロポチトリと共に『四神』を諭したすぐ後に、精神の摩滅によって死亡した。

【コメント】
アニメ第3期には未登場。
☆ティスやナムよりはマシな死に方だったかな。
☆[巌楹院]や[とむらいの鐘]の“棺の織手アシズや『九垓天秤モレクチェルノボーグフワワニヌルタソカルや[宝石の一味]のコヨーテフックスや[仮装舞踏会]の盟主創造神祭礼の蛇伏羲や『三柱臣』や巡回士オルゴンハボリムウアルとも絡んでいたら面白そうだったのにな。

タグ:

+ タグ編集
  • タグ:

このサイトはreCAPTCHAによって保護されており、Googleの プライバシーポリシー利用規約 が適用されます。

最終更新:2024年06月23日 01:22