なんだ、その視点と考え方は。君らの方が、私よりよほど神に近いではないかッ



秋月 凌駕緋文字礼のゆっくりとだが着実に人は昔よりも前に進めてきているのだという
強者が先導しなければ人は堕落すると考えている自分などよりもよほど人類の可能性を信じ、愛している
強者でありながら、あくまで信じて、見守り、託すことを選んだ二人に対して笑いながら告げたオルフィレウスの言葉

何故真理へと至り、自分と伍するだけの強者となりながらも「弱者は強者の作る世界に従う」という当たり前の世界に異を唱えるのかというオルフィレウスの問いに対して
凌駕と礼は答えていく。弱さを好きになれないから、許せないからとただ排除する道を選ぶなんて子どもの駄々と変わらない。
そして受け継がれるものは決して負の側面ばかりではない、親から子に託される思いのように正しい思いだってきっと受け継がれる。
醜さ条理にそれはやがて擦り切れていってしまうかもしれない、
だがそれでも親友や愛する人といった傍に居てくれる人がいれば人はまたいくらでも歩みだせる
そんな積み重ねこそが人の歴史であり、その歴史は確実に少しずつだが進歩してきている。何故ならばかつては国や民族が違えば殺しあうことなど当たり前だった。
だがそれでも建前だろうとどれだけ本気で信じている人間が少なかろうと“世界平和”などという言葉まで出て来たのだから。
自分のような存在だけが世界を作ってきたわけではないのだと、お前が嫌う弱さ醜さ今より良く変わろうとしている途中なのだと。
そんな二人の人類の弱さを許した上で信じる様子にオルフィレウスも笑いながら告げる


『なんだ、その視点と考え方は。君らの方が、私よりよほど神に近いではないかッ』


人類の歴史の中に無数にある砂粒の中の一粒で構わないと主張する目の前の二人の方が
夢や理想のために他者などどうなっても構わないと思っている自分などよりもよほど世で信仰される神のような視点ではないかと。


『既に言ったぞ、私は無限の旅路を目指す、躓くことなど許されんッ!』


そんな想いを伝えられても自分は決して揺るがないのだと雄々しく告げるのであった。




  • 異能バトルのラストでよく見る構図よね。性別以外 -- 名無しさん (2017-03-23 22:45:54)
  • 人間が本当に愚かだったらとっくに人間なんて滅んでるしな。世界を動かすのは人間の悪意だけど同じくらい人間の善意で世界は守られてる -- 名無しさん (2017-03-23 23:01:22)
  • 家族や集落、県境で日常的に殺し合いとか普通普通って時代から格段に進歩してても、人間は進歩しないって現代人がよく言うのはゼファーのごとく卑屈で自虐的なのか、糞眼鏡のごとく世界に要求するハードルが高いのか・・・ -- 名無しさん (2017-03-25 00:06:58)
  • ↑不満を抱かないで生きるのは難しいし、知識として知ってても過去がどれだけ酷いか体験は出来ないから進歩が分かりにくいんじゃね -- 名無しさん (2017-03-25 00:29:35)
  • よく変わろうとしている悪ではない人類までを切り捨てるつもりはない総統閣下もきっかけがあればこういう視点を得られたのだろうか。無理か。 -- 名無しさん (2017-03-25 02:18:57)
  • 「良いことも悪いこともあるけどトータルで見れば人類はプラスに進んでるからそれでいいじゃん」って言ったところであくまでマイナス絶対殺すマンの閣下には関係ないしなぁ。閣下自身の行動がマイナスじゃないかと指摘しても「自覚している、俺は塵だ。だが止めん!」だし -- 名無しさん (2017-06-14 10:33:38)
  • 完璧マニアという性根がアレな人に力を持たせた結果、みたいなところがある総統閣下 -- 名無しさん (2017-06-14 10:53:28)
  • その辺はアッシュとヘリオスでやっとるからな。>歩む事を止めようとしないトンチキに止まる事を教えるにはどうしたら良いか -- 名無しさん (2017-06-14 11:57:13)
名前:
コメント: