継承と、創造と/Legacy



「………やれやれ、まったく平和が恋しいよ」

頭を痛める材料ばかりが、気づけばそこらに転がっている。
多少人より頑丈ではあるものの、自分だって単なる恋する女なのだ。
超人でも英雄でもないのだぞと、チトセは一人ごちながら深くため息を漏らした。



冥王神星の激突、聖戦の崩壊から約十ヵ月後の帝都。
の工房を継ぎ穏やかな生活を送っているミリィのもとへ、チトセからある一つの依頼が舞い込むことに……
魔星の遺産から創造された星辰奏者(エスペラント)用の新技術を巡り、再び帝都の裏で動乱と策謀が動き出す。
ヴェンデッタルートの後日談となる、未来へ続く新たな物語がここに。


『シルヴァリオ ヴェンデッタ -Verse of Orpheus-』にて追加された新規シナリオの一つ。
メインキャラは本編のヒロインであるミリアルテ・ブランシェチトセ・朧・アマツの二人。
ヴェンデッタルート後の彼女たちの様子や、新技術にまつわるエピソードが描かれる。
続編につながる要素も随所で描かれている。主に糞眼鏡のアレさなど



  • チトセ×ミリィ...キテル... -- 名無しさん (2017-11-13 01:39:25)
名前:
コメント:
最終更新:2020年05月31日 19:21