激震の白い大地


第56話「オペレーション・レコンキスタ」⇦ 第57話「激震の白い大地」 ⇨第58話「クライシス・ポイント

作戦目的 出現条件
勝利条件 1. ゼラニオ(ゼゼーナン)の撃墜。 マップ開始時
勝利条件(2) 1. バラン=シュナイルの撃墜。 ゼラニオ(ゼゼーナン)の撃墜
敗北条件 1. ヒリュウ改の撃墜。 マップ開始時
SRポイント獲得条件 3ターン以内に、敵を30機以上撃墜する。 マップ開始時
備考 月面マップ

味方ユニット

機体 メインパイロット 出現条件 備考
ヒリュウ改 レフィーナ 初期配置
オーグバリュー ゼブ 初期配置 合流不可
ビュードリファー セティ 初期配置 合流不可
ゼイドラム ロフ 初期配置 合流不可
出撃部隊選択×15 初期配置

敵ユニット

機体 メインパイロット 出現数 出現条件 Lv HP 最大射程(P) PP / 資金 アイテム 備考
N H N H
ゼラニオ ゼゼーナン 1 1 初期配置 61 102500 104000 7(2) 16/13000 Z・O・アーマー
ゼラニオ バイオロイド兵 1 1 初期配置 59 44000 45500 7(2) 16/13000 A-アダプター
ゼラニオ バイオロイド兵 3 3 初期配置 59 44000 45500 7(2) 16/13000
ライグ=ゲイオス バイオロイド兵 2 2 初期配置 59 28700 29750 8(3) 10/12000
ゲイオス=グルード バイオロイド兵 6 6 初期配置 59 11700 12750 7(3) 8/6900
ライグ=ゲイオス バイオロイド兵(青) 4 4 初期配置 59 28700 29750 7(3) 10/12000 援護攻撃・防御L2
PP防御行動
グラシドゥ=リュ バイオロイド兵 10 8 初期配置 59 6400 7450 7(2) 4/2900
レストレイル バイオロイド兵 8 10 初期配置 59 6600 7650 6(3) 4/3100
レストグランシュ バイオロイド兵 12 12 初期配置 59 8500 9550 6(2) 6/3800
カレイツェド バイオロイド兵 4 8 初期配置 59 9500 10400 6(3) 6/4500
バラン=シュナイル ゼゼーナン 1 1 敵増援 61 280000 281500 12(4) 32/26000 高性能電子頭脳 HP回復(大)、ロボットブロック、ピンポイント爆撃
ライグ=ゲイオス バイオロイド兵 1 1 敵増援 59 28700 29750 8(3) 10/12000 高性能照準機
ライグ=ゲイオス バイオロイド兵 3 7 敵増援 59 28700 29750 8(3) 10/12000
ゲイオス=グルード バイオロイド兵 4 0 敵増援 59 11700 -- 7(3) 8/6900 Normal限定

攻略アドバイス

  • シナリオタイトルはF完結編のDCルート第79話から。そちらでは火星で戦ったので「激震の赤い大地」だった。
    • シナリオ開始時のゼゼーナンのセリフ「貴様らは何千、何万という種をわずかな期間で絶滅に追いやっているのだぞ」
      「星間連合種保存法に照らし合わせれば、無期刑に値する」の下りは、第4次/Sでは極刑(=事実上の死刑)となっていた。
      世相を反映してか、表現が微妙にマイルドになっている。

  • この月面マップは地形が空陸判定なので宇宙仕様のまま出撃しないように。特にガンドロやヴァルシオーネ、魔装機組。

  • 直前に加入したモニカはSP回復と低コストの大激励を持つ。部隊編成時にマイかギリアムとツインにして、開幕で大激励を使うと楽。
  • SRポイント取得は特に難しくないが、早めの進軍を意識しよう。
    • スポット参戦の3機を前面に押し出し削り役に、その後味方で倒していくのを意識すれば自然と取れるはず。
    • ENはムーンクレイドル上でも回復可能。バラン=シュナイル出現前に回復するのを見越してガンガン使っていこう。

  • ゼゼーナンを取り囲むライグ=ゲイオスはPPに防御する上、ゼゼーナンの指揮効果もあって落としづらい。
    • 1ターンで倒しきれないと地形効果によってHPが回復する。攻撃を集中して1機ずつ落としていくことを推奨。

  • ゼゼーナンのゼラニオを落とすと同位置にバラン=シュナイル登場。同時に出現する増援の中には高性能照準器持ちの機体もいるので無視しないように。
    放っておくと、ピンポイント爆撃(EP開始時、ランダムで4機のHPが半減)を受けた後に狙われて危険。
  • バラン=シュナイルを最初から包囲してしまうと、ピンポイント爆撃の後にMAP兵器(自機中心に6マス)を受けることになる。
    ムーンクレイドル上にグランゾンなどのおとりを配置し、4発のMAP兵器を使い切らせてから攻撃するのが安全。
    • この時点なら大半のメンバーが熱血・魂・愛といった精神コマンドを使えるはず。HP回復(大)を持ち、尚且つクレイドルの回復効果も上乗せされるので、1ターンで決着をつけてしまうのも良い。
      • 最初に直撃+アーマーブレイカーか念動爆砕剣で装甲値をダウンさせる。ミオのほかにサフィーネやゼブも脱力を使えるのでガード解除も容易。
        ゼゼーナンもバラン=シュナイルで出現時は僅か気力105なので脱力効果抜群。大技→脱力で低気力維持も余裕。

  • トロフィー「奇跡の生還」を取得するには最も適したマップ。バラン=シュナイル登場後に増援を処理し、自軍機をヒリュウ改に搭載する。
    後はヒリュウをバラン=シュナイルの射程外に移動させ、ピンポイント爆撃を受け続ければOK。

  • 余談ながら、ピンポイント爆撃は自己修理による経験値稼ぎにも最適。
    • 修理装置×2とガッデス、ノルス、エクサランスで最大五名。ピンポイント爆撃の四名分は確実に揃えらえるので、最大効率で回復を行うことが可能である。
    • ツインは解散し、相方と他の小隊は全員搭載状態にすること。

  • Ex-Hardでも精神ポイントの消耗を抑えながらのSRポイントの取得は可能。推奨Lvは58以上。
    • 編成画面でアイビスのハイペリオン(メイン)とマサキのサイバスター(サブ)のツインを3枠目に配置。
      • アルテリオンにカートリッジと高性能スラスター、ベガリオンにテスラ・ドライブSまたは高性能照準器、サイバスターには高性能電子頭脳と鋼の魂を装備。
        弾数に不安があればカートリッジ2個でもよいが、クレーター上の敵への命中率が著しく下がってしまう(特にスレイは50%を下回ることも)。
        ベガリオンに防塵装置で地上に下ろしても良い。
      • アビリティはアイビスに射程と移動力、マサキに命中と回避をセット。これで集中をかければ被弾率はほぼ一桁台に収まり、安全に反撃可。
    • シュウのグランゾンを4枠目に配置して、移動のアビリティをセット。残る一枠と強化パーツはお好みで。
      • グランゾンの移動力は7は欲しいところ。ツインの相手ユニットにブースター系を装備しよう。ウィーゾルが無難。
    • ヒット&アウェイを持つレオナをアシュセイヴァーに乗せ、移動力のアビリティをつけたタスクのガンドロと組ませる。
      入手していればフリー・エレクトロンキャノンの装備がおすすめ。ジェネレーター系と命中率強化系のパーツを積んでガンガン使っていこう。
      アーマーブレイカーをつけるかどうかはライとの兼ね合い次第。
    • 1ターン目:モニカとギリアムで大激励を使用(気力は120まで)。
      アイビスは保険で不屈をかけ、スレイとマサキは集中を使用して敵陣に切り込む。加速や連撃はもったいないので不要。
      スレイとマサキは進める方向次第で精神コマンド不要。よっぽどド真ん中に配置しない限り交戦1~2回なので。防塵装置装備でクレーターにおけばまず被弾しない。
      • 他の味方も足並みを揃えるため加速は使用しない。マサキの後を追うのはグランゾンの役目。
        指揮官スキルを持つセティとロフは右端目指して直進。敵に躊躇なく反撃できるように、この2人は常に隣接を心掛けよう。
        2人に背走する指揮官はレフィーナ。ゼブの動かし方に迷いができたら、メキボスの側などに配置しておく。
      • 敵フェイズ:アイビスとマサキはガス欠にならないよう武器を選択しながら反撃。ガス欠や弾切れの恐れがないセティとロフは積極的に反撃させる。
    • 2ターン目:ハイペリオンとサイバスターは再び「集中」を使用して敵陣の奥へ進む。進む前にベガリオンの分離戦法も忘れずに。
      後に残った敵機は、味方を巻き込まないように注意してグランゾンのMAP兵器で潰す。他の味方はグランゾンの撃ち漏らしを始末。熱血はもったいないので使わない。
      • 次の敵フェイズでセティとロフ以外のユニットが狙われても困らないように、指揮官補正や信頼補正のある味方と隣接してシフトを組んでおくこと。
      • 敵フェイズ:アイビスとマサキはガス欠に注意しつつ反撃。セティ、ロフや他の味方機もHPと命中率の余裕をみつつ反撃を選択。
    • 3ターン目:マサキとアイビスは3度目の集中を使用して解散。奥に進まず、SRポイント条件の撃墜30機に到達するようサポートに回る。
      このターンの敵フェイズにSR達成を回しても構わないが、ライグも含めた敵(5段階改造)の攻撃に3度耐えうる味方は少ない。
      不安なら、ひらめき等の防御系精神コマンドを使って備えておこう。
      • 上手く事が運べば、マサキとスレイの精神ポイント消費を各45(合計90)のみでここまで到達する。2人の消費した分ははプレシアとツグミの期待でリカバー可能。
    • 後はもうターン制限もないのでおびき寄せて袋叩きにしていく。ムーンクレイドルのライグ4機は突っ込んでクレイドルに乗って地形効果を得ればそうは落とされないはず。
      不安ならかく乱を使ったりグランゾン辺りに反撃で削ってもらってから落として数を減らそう。
    • ゼゼーナンのゼラニオは撃墜寸前まで削ってターンをまたぎ、反撃で7000代まで削っておく。
      次ターン脱力3回でガードを解除すればヒリュウ改の熱血艦首超重力衝撃砲一発(レフィーナ気力150、ゼゼーナン気力120でダメージ9000以上入るのでまず墜ちるはず。不安なら+援護)で墜とせるので残り全戦力をバラン=シュナイルに回せる。
      アーマーブレイカーを直撃で当てたあと熱血魂覚醒マキシマムブレイクで1ターンキル可能。強化パーツ持ったライグ落とす余裕もあるはず。

戦闘前会話

  • ゼゼーナン(ゼラニオ):ゼブ、ロフ、セティ、メキボス、シュウ、マサキ、イルム、リュウセイ、
  • ゼゼーナン(バラン=シュナイル):ゼブ、ロフ、セティ、メキボス、シュウ、マサキ、イルム、リュウセイ、アイビス、コウタ、ミオ



最終更新:2021年02月16日 23:04