MJ wiki

用語集/英字

最終更新:

mjkami

- view
だれでも歓迎! 編集

英字



Aime

セガが「戦国大戦」(2017年2月末でサービスアウトしています)から採用しているICカード共通認証システム。読み方は「アイミー」。公式サイトはこちら→ https://my-aime.net/
  • KACでいうところのe-Amusement PASS,BNAMでのBANAPASSPORTに相当するものになります。また、BANAPASSPORTとAimeは2011年11月より相互乗り入れ(=事実上の統合)を行っています。
  • MJシリーズはMJ5よりAime対応です。Aimeを上述の公式サイトで登録すると、「カードを一括で切り替える」「Aimeを紛失した時にロックを掛ける(この機能はMJ.NETにはありません)」ことができます。すなわち、MJ.NETに加入せずともカードの載せ替えができるということです。カードを切り替えたときはAimeポータルでの切り替えも忘れずに。
  • もちろん、Aimeを公式サイトに登録せずに、MJ.NETのみの登録でもかまいません。その場合はMJ4Evoと同等の扱いになります。なお、プレイデータの一部を別のAimeに移動できるのは、MJシリーズのデータのみです
  • 2018年10月のAmusement IC規格サービスインにより、カードが一新されました。また、ロゴも若干変わっています。

ALL.Net

セガが提供するアーケードゲームをインターネットでつなぐことにより、通信対戦や、全国ランキング、プレイデータの保存を可能にするネットワークサービス。MJ以外のゲーム(SIC、BNAM、カプコン製のオンラインゲーム)にも使われている。
ALL.Netでメンテナンスや通信障害情報を知ることが出来る。

ALL.Net P-ras

ALL.Netを利用したレベニューシェア形態。
メーカーであるSICは筐体(ものによっては基板も)を販売し、ソフトウェアは貸与してその利用状況に応じて収入をオペレータとSEGAで配分する構造をとるシステム。
MJシリーズではMJ5EVOLUTIONからALL.Net P-rasを採用しています。
ちなみに、コナミでの同様のシステムはe-amusement Participation、BNAMでは最近友愛プランという名称を使うようです(ただしBNAMはレベニューシェアモデルは少ないよ)。


Amusement IC

アーケードゲーム4社(KAC,SIC,BNAM,そして2019年2月よりスクウェア・エニックス)のICカードを共通で使用できる規格の愛称。
2018年10月25日にCHUNITHMのバージョンアップに合わせてサービスインしました。
Amusement ICはKAC主導と思われます。
注意
旧Aime、旧BANAPASSPORT、e-AMUSEMENT PASSいずれもAmusement IC規格ではありません
Amusement ICになるKACのICカードは、e-amusement passです。
AimeもBANAPASSPORTも意匠が変わりました。

☆Amusement ICに移行してもよい人
音ゲーをよくやっている人。ほとんどの音ゲーは、Amusement IC対応です。
KACのゲームが中心の人。現行バージョンのKACのゲームは、すべてAmusement IC対応です。
MJ wikiの担当管理人のように物好きな人。

☆Amusement ICに移行しないほうがよい人
●ドラゴンボールZENKAIバトルをAimeやBANAPASSPORTでやっている人…Amusement ICの対応はありません。
●スクウェア・エニックスのゲームを多くやっている人。
スクウェア・エニックスのゲーム機はサービスに差異があるため(ネシカクロスライブ2内のコンテンツのように、赤Nesicaで使えて他のAmusement ICで使えないという状況があります。管理人的にはスクエニは勝手に引っ掻き回している感があります)。それを考えると赤NESICAは最強?

●Amusement ICにて管理されているデータは、各社ごとの管理下になるので、1つのAmusement ICを各社のポータルで管理してください。


ATOシステム

旧ドリームインフィニティ(その会社はすでにない)がタカラアミューズメント時代に開発した、アーケードゲームの後払いシステム。
入店時にICタグを受け取り、コイン投入口付近にある読み取り装置にICタグを接触させることでクレジットを投入でき、退店時にICタグの返却と料金の支払いを行う。
専用ICタグを貸し出す点と、後払い(事前入金不要)なことが電子マネー払いとの大きな違い。
Amusement Toll Operationの頭文字と「後」をかけたネーミングです。

現在は最後まで採用していたゲームゾーン福井店が2016年11月末で廃止となり、過去のシステムになりました。後払いの後継はシンカターミナル?

ATOca

ATOシステムの機器を流用し、プリペイドシステムに変更したシステムのことを言います。
現在はATOcaを採用している店舗はないので過去のシステム。

BB改造筐体

2019年にサービスアウトしたボーダーブレイクの筐体を簡易改造した筐体。
3月下旬ごろより出ているようです。
wiki担はマルチタッチ機能をドサクサ紛れに期待していましたが、エクスペリエンスはSFC改造筐体と同じです。
したがって、BB改造筐体はSFC改造筐体と同一とみなします(ただし、識別は可能)。

BNAM

ナムコあらためバンダイナムコアミューズメントの略です。結果的にはナムコの王政復古(コンソール部門は従前どおりBNEI)。
Bandai Namco AMusement」。

BS

MJ wikiでは公共交通の目標となるバス停留所はBSと略しています。なお、
○ Bus Station
× Bus Stop

BT

基本タイム、すなわちBase Timeの略。MJACではBTは常に90です(MJ5より固定です)。

CN

AIMEに登録されているカードネームのこと。例えば晒しスレでCN:×●(オリネ)とあった場合はカードネームが×●である事を指す。
しかし、MJではCNの変更がオリネでない限り無制限に(公共良俗に反しない限り)可能なので、オリネでないと意味は無い。

COJ改造筐体

MJシリーズでは、旧筐体の老朽化に鑑み、サービスアウトしたコードオブジョーカー(COJ)からの簡易改造キットを販売していました。
そのキットを用いたMJシリーズの筐体を、MJ wikiではそう呼ぶこととしています。
操作感は新筐体と同等です。マルチタッチ可能です。新筐体で使える特殊操作も可能です。
このエクスペリエンスがたったの5400円でオペレータのもとに!!改造しないオペレータは…。

新筐体との相違点
ビルボードとパーティションが違います。
ビルボードはSFC改造筐体に準じますが、イルミネーションの挙動が違います。
トップイルミネーションはビルボードのタイトル部でかぶせています(かぶせないとまともにイルミネーションの光がうつりこむため)
サイドイルミネーションボードはSFC筐体と同じものに取り換えます。
パーティションはSFC改造筐体と同じものになります。
手元照明はありません(改造キットにも実装されていません)。

重要:「改造筐体」という言い方は避けてください。SFC/BB改造筐体と混同するため。

DIVAカード

「初音ミク Project DIVA Arcade」の模様が描いてあるAimeカードの事。
DIVAカードは旧Aimeとして使用できます。
→「MJ Member’s Card」も参照。

dy

「【テンプレも】MJ4初心者歓迎雑談スレ11【読んでね】」の147に書かれたレスの一部分。
おそらく「by」の書き間違いであるが、揚げ足を取るねらーの手によって一躍MJ関連用語にまで上り詰める。

147 ゲームセンター名無し 2009/01/12(月) 06:52:05 ID:CfcdMqmTO
親、順目、ドラ、点棒状態によって様々だから、一概には言えないよー… 
それに、手の中何持ってるか分らないしね… 

ってかこの質問は叩かれるんじゃない?w 


dy龍クラス 

e-amusement pass

KACのゲーム用ICカード。
Amusement IC規格では商標が変更されたので注意(×e-AMUSEMENT PASS)。

EMBED

世界で最も使われているといわれる、豪州LAI社製のプリペイドシステム。
Round1はアメリカ進出に活路を見出しているが、アメリカのアミューズメントパークではすべてEMBEDです。
日本国内ではアールエスが取り扱っていますが、国内での採用店舗は現在1店舗のみです。元締めが店舗を閉めているので。
現在はEMBEDを採用している店舗は1店舗のみです。
その唯一の店舗、テクモピア向ヶ丘遊園店がMJを撤去したので、MJでは過去の遺物です。

以下は過去の話。

EMBEDは磁気カードによるプリペイドシステムで、ポイントを購入し、そのポイントを各ゲーム機器にて行使する形になります。
そのため、以下のようなことが考えられるので、1cr=100円とは限定できません。
MJ wikiではEMBEDを採用している店舗ではポイントで表現します(例:「1crは93Pです」)。
  • 購入するポイントにプレミアを付けて販売する場合
  • 1crを100円以外にしたい場合
なお、「スワイプする」という言葉が出てきた場合、それはカードリーダー(EMBEDシステムではスワイパーといいます)にカードを通す行為です。

[注意]
EMBEDにチャージしたポイントは電子マネーとは異なり有期限です(通常チャージ日より180日)。
EMBEDはたとえ同一オペレータであっても、その店舗でしか使うことが出来ません。

ePASYS

旭精工が開発したロケーション運営支援システム。
昔あったナムコの「ナムコイン」やラウンドワンで試験採用していたICコインはePASYSの一部であったマルチ料金決済ICコインシステム(現在は販売終了)を採用したものです。
両替機が旭精工製に限られる、動作が遅いという難点があるため、ICコインは廃れたと考えられています(ICメダルは引き続き販売しています)。
現在はICコインシステムに代わり、ICカードシステムが販売されるようになっています。
MJ wiki検索で「ePASYS対応」をキーワードにするとePASYS対応店舗が並ぶように調整しています。
ICカードかICコインのどちらを採用しているかは本文で確認してください(ただし現在はほとんどICカード)。

GP

ゲームポイントの略。ゲームポイントはゲームの中で使われる仮想通貨です。
MJACでは従来と異なり、クレジットでGPを購入してプレイする形になります(セガではKACのPASELI、BNEIのバナコイン(バナコインはBNAMではなくBNEIの扱いです)に相当する仮想通貨はAime Pay)。
なお、MJACでのGP消費は純粋にプレイフィーおよび追加コンテンツ購入のみで、思考中にGPは減少しません
料金を細かく設定できるようになった、そしてセガだけになりますが「ワンプライスにできる」メリットはありますが、PASELIと異なり持ち越しが出来ないので、長時間プレイが出来ないとデメリットのみが目立つシステムとなっています。

kssg

「クソセガ」の略。セガを批判する時に使われる語句。
  • 他ゲームでは"SSQ"とも(「それがセガクォリティ」の略)。

LM

「ライブモニター」の略。→ライブ機

MEX

ユニカが採用しているGAME-POSに乗っける形の多機能両替機。
両替機の機能に電子マネー機能があるので、それを流用したシステム。
カードを特に購入する必要はない(FeliCa対応携帯、Aimeなどがあればそれがつかえる)が、ローカルでしか通用しません。
基本的には旭精工のePASYSに対抗するものぐらいになります。
→シンカクラウド

MJスポット

MJ WikiではMJACがプレイできる店舗を今後、NianticのPokemon GOになぞらえ、MJスポットと表記することとします。

MJマジック

通常の麻雀ではなかなか見られないドラマチックな展開に対して言われる言葉。
実際、麻雀というゲーム自体が運要素に左右される部分が比較的多いため、ドラマチックな展開は多分に起こりうるのだが、
赤ドラ・ダブロン・トリプルロンが採用されているMJでは派手な展開になりやすく、
また「所詮ゲームだから」という心構えで暴牌・大明槓・全ツッパ・裸単騎などの行為に及ぶプレイヤーがいることもあり、
通常の麻雀ではありえない「何か」があるという目線で見られるため、このような言葉が生まれた。

MJ Member's Card

MJで使われるICカードの正式名称。が、このままでは長すぎるので、単に「MJカード」「カード」などと略されていることが多い。
MJ4 EvolutionよりFeliCaチップ内蔵の携帯電話(いわゆる「おサイフケータイ」)もICカードと同等に使用できるようになった。この場合でも(形態にかかわらず)特に区別せずに「MJカード」などと呼ぶことが多い。
  • MJ1からMJ4Ver.Cまではカード自体にデータを持たせていたが、MJ4evoからはデータがサーバー所有になり(KACのe-passと同じ形式)、容易にデータ書き換えが出来るようになった。
  • ICカードを使用せずにプレイすることもできるが、段位・戦績などのデータ保存がされず、一部モードしか参戦できないため、ICカードを使用することが望ましい。
    • またICカード未使用者(ゲスト)は、一般卓でしか楽しめません。それなりにマシな対戦相手を望むのであれば、ICカードを使用して自分の段位を上げるべき。
  • MJ4 Evolutionで使用されているICカードはProject DIVA Arcadeと互換性があり、双方のゲームデータを1枚のICカードで保存することが可能。
MJ5ではAime対応となります。MJ Member's Cardは旧Aimeとして扱います(2018年10月のMJAC 1.5より、MJACはAmusement IC対応になりました)。

OP

→オペレータ。
アミューズメント業界での「OP価格」というのはオープン価格ではなくオペレータ価格(オペレータがメーカー、あるいはディストリビューターを介して機器を購入する価格)。
ちなみに、レベニューシェアモデルになると、コンバージョンキットは無償になります。
例:MJ4 EVOLUTION→MJ5 既存サテライト使用OPのためのサテライトコンバージョンキット:OP価格218,000円(税別、1サテごと) レベニューシェアモデルへの移行準備のため、改造費は低廉になっています。

R

1:MJ5wikiでは国道xx号線をRxxと略しています。
2:同様に、都道府県道を小文字のrxxで略する場合があります。
3:レーティング。MJ5から採用された要素です。
一説には「確変指数」ではないのかという指摘はありますが、決して意味がないわけではないです。
1600以上:プレイヤーだけが確認できます。
1800以上:以下の事象が発生します。
全プレイヤーにRがさらされます(卓プレート、個人情報タブともに)。
打ち筋が強制開示になります。
MJ.NET認定雀士の資格の一つを得ることができます。

SFC改造筐体

MJシリーズでは、旧筐体の老朽化に鑑み、サービスアウトしたシャイニングフォースクロス(SFC)からの簡易改造キットを販売していました。
そのキットを用いたMJシリーズの筐体を、MJ wikiではそう呼ぶこととしています。
操作感は「牌ボタンの壊れた旧筐体」と同等です。ただし鳴き指定ボタンは新筐体に準じて左側になります。

旧筐体との相違点
複数牌をまとめて理牌できません。
鳴きはボタン併用です。キャンセルボタンとオートボタンはソフトウェアスイッチです。
イヤホンが使えます。

新筐体との相違点
ビルボードとパーティションが違います(ビルボードはSFCのものを流用、パーティションは厚みが半分、旧筐体と同等)になり、ビルボードとイルミネーションにはさむ格好になる)
マルチタッチではありません。したがって複数牌をまとめて理牌できません。
イルミネーションは旧筐体(MJ4筐体)に準じます。手元照明はありません(改造キットにも実装されていません)。

重要:「改造筐体」という言い方は避けてください。COJ改造筐体と混同するため。

SQEX

1:Square EnixのNASDAQコード。
2:タイトーの旧社名の一つ。
MJ wikiではスクウェア・エニックスをSQEXとは省略しません。2と間違えるため。

TB

Teruo Bonus(テルオボーナス)」の略。MJ3 EVO時代、雀荘メンバー対決においてSクラス雀荘 紅孔雀所属の佐藤輝雄プロの成績が芳しくなく、対決相手に指名する事で結構な額のGOLDを入手できたことから、それをボーナスと称して。
  • MJ.NETにおけるプロコラム(2018年2月28日まで)で佐藤プロ自身が取り上げていた(2009/4/20のプロコラムにて:現在は参照不可)